2021最新 五十嵐カノア 生まれ

2021最新 五十嵐カノア 生まれ

五十嵐カノアさんはアメリカに住んでいますが、自宅では日本語で話していますし、日本にいる親戚のところにも、年1~2回は帰っています。

五十嵐選手は「みんなの応援で力をもらって銀メダルをとれたことはうれしい」と話していました。
一方、決勝で敗れたことについて「技が決められるような波に乗っていなかった。準備ができていても波に乗らなければ点数が出ない。自分自身にチャンスを与えられなかったことが悔しい」と振り返りました。
そのうえで「結果は目標に近いけど目標としていたものではない。決勝まできたので金メダルがとりたかった」と、ことばをつまらせながら話していました。
五十嵐選手は競技が終わってからおよそ2時間後に会場にある記者会見室で会見に臨み、「サーフィンがオリンピックの競技として初めて行われた歴史的な3日間だ。そこでメダルを獲得したことは一生忘れない」と話しました。
そして、「日本では野球やサッカーが人気スポーツだけど、いつかサーフィンを一番人気があるスポーツにしたい。そのための歩みを進められた」と話していました。

応援してくれる祖父母や、日本にいる友達、そして両親に喜んでもらいたい!そう思った五十嵐カノアさん。

そしてカルフォルニア2移住して、五十嵐勉さんはそのまま日本でやっていたスポーツトレーナーの仕事を生かし会社を設立します。

実際の2016年の昔の情報ではありません。

2018年には、WSL(World Surf League)とISA(国際サーフィン連盟)の登録国籍を日本に変更。

男子準決勝が行われ、五十嵐カノア(木下グループ)は17・0点を出し、午後3時46分開始予定の決勝に進出した。新種目はスケートボード・ストリート男女、卓球混合ダブルスで金メダルを獲得。五十嵐もメダルラッシュに続きたい。

五十嵐の父勉さん、母美佐子さんは「世界に通用するような人間に、サーフィンで育てたい」という思いから米カリフォルニアに移住し、カノアが生まれた。ハワイの言葉で「自由」を意味する名前は、サーフィンの聖地で「他地域のヤツに波を乗らせないぞ、というような時に、地元の名前がついていたら混じれるかな、と思って」(勉さん)という願いが込められた。

競技会場を誘致し、サーフィンを生かしたまちづくりに取り組んできた千葉県一宮町の地元のサーファーなどからは、五十嵐選手と都筑選手のメダル獲得に喜びの声が聞かれました。
このうち、銀メダルを獲得した五十嵐カノア選手と交流のある、地元のサーフィン業組合の組合長、鵜沢清永さんは「初めてサーフィンがスポーツとして認められたこのオリンピックで日本の選手が活躍したことは、全国的にも、地元の一宮町にも大きな影響があると思います。カノアは波に乗れれば勝てる選手だが、決勝の時間帯は満ち潮で、乗りにくい波が多く運に恵まれなかったと思う。悔しい気持ちもあると思うがお疲れ様、ありがとうと伝えたい」と話していました。
会場の近くでライブ配信で決勝を見ていた17歳の女性は「五十嵐選手が最後まで諦めずに何度も波に乗る姿を見て涙が出そうになりました。女子の都築選手がメダルを獲得したのもすごいと思います。これまでは見るだけでしたが自分もサーフィンを始めたいと思いました」と興奮した様子で話していました。

日本人の両親を持ち、本場の米カリフォルニア州で生まれ育った。カノアはハワイ語で「自由」の意。19年5月に日本選手として初のCT優勝。

そのことから五十嵐カノア選手も出演していたのではないかと推測されたようです。

2017年、都内で会見を開き、日本代表として東京オリンピックを目指すことを発表しました。

ツトムさんが2009年から続けているブログに、以前はミサさんも投稿していましたが、2021年現在はあまり投稿がありません。

東京オリンピックに向けて集中力を高めてきた五十嵐カノアさん。

若いころから写真やポップアートに精通しており、五十嵐カノアさんのボードにも、グラフィックを描いていました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*