2021最新 五十嵐カノア 自宅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 五十嵐カノア 自宅

2019年、バリ島でCT初優勝を決めた年に始まった「Red Bull」の新たなプロジェクト「Beyond The Lines」

そこで、海をフィールドにするプロサーファー・五十嵐カノアさんは、資生堂とともに美しい海を取り戻すプロジェクトをスタートした。

ではどうして五十嵐カノア選手は異次元の高収入を実現できているのでしょうか?

コロナ禍で2020年は更新されなかったが、2021年4月にシーズン2が開始。

海はいつでも快適な場所であってほしいと思い、普段からビーチでゴミを拾うのは自宅に落ちているゴミを拾うのと同じ感覚。小さな意識、小さな積み重ねが、海の環境をより良くする力になると信じている。

サーファーの両親のもと、移住先のカリフォルニアで生まれた五十嵐カノア。海を産湯のようにして幼少期を過ごし、3歳でサーフィンを始めてからは海が家となりオフィスとなった。

幼少期から素晴らしい成績を残し、生まれ育ったカリフォルニアを歩けば、いたるところに五十嵐選手のポスターがあったりと人気者なんです。

2018年には、賞金を除いた年収だけで約1億8000万円。

五十嵐選手は生まれながらにしてサーファーになることが決まっていた選手だったんですね。

五十嵐選手は多数の日本企業をスポンサーに持つことになりました!

しかし、日本のプロサーファーの平均年収は200万円にしかならないそう。

初回は2019年の【CT第6戦Jベイ】に密着。2回目はUSオープン&サーフランチのフリーサーフィンと自宅公開 の動画だった。

ところで、二億というとてつもない年収を得ながら、更に「収入を増やそうと思えば増やせる」といったニュアンスのことを語られている五十嵐選手。

これは五十嵐カノアにカリフォルニアのフォトグラファー、ターナー・カーニーが密着取材したVlogシリーズ。

海外のスポンサーは五十嵐選手を「雇用する」ようなスタンスなのに対し、日本の企業は単発の契約が多いことに「ちょっと独特」と感じられている五十嵐選手。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*