2021最新 五十嵐カノア 360

2021最新 五十嵐カノア 360

この後の決勝ではブラジルのイタロ・フェレイラ(Italo Ferreira)と対戦する。2019年の世界王者に輝いたフェレイラは、準決勝でオーストラリアのオーウェン・ライト(Owen Wright)を下して勝ち上がった。

五十嵐は「空中では自分自身をコーチしている感覚だった。鼓動と呼吸を感じ、ただ着地に備えるだけだった。サーファーというより体操選手みたいだった」とコメント。「着地が決まった瞬間、自分のキャリアの中で最大の瞬間だと理解した」と続けた。

【7月27日 AFP】(更新)東京五輪は27日、サーフィン男子準決勝が行われ、五十嵐カノア(Kanoa Igarashi)がブラジルの世界ランキング1位、ガブリエル・メディナ(Gabriel Medina)を破り、決勝進出を果たした。

<アニメ・漫画専門ECサイトであるAnimo(アニモ)にて、【NIGHT HEAD 2041】各種商品が新発売>7月27日より予約販売開始!

金メダル候補のメディナが持ち前の大技を決める中で、追いつくのは困難に思われた五十嵐だったが、残り6分強で360度回転するエアー技に成功。これで9.33点の高得点をたたきだし、メディナを逆転して決勝の切符をつかんだ。

八神純子、通算20作目となるオリジナル・アルバム『TERRA – here we will stay』が9月29日発売決定!

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*