2021最新 五十嵐カノア g-shock

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 五十嵐カノア g-shock

プロサーファーであり、2015年のWSLチャンピオンに輝いたアドリアーノ・デ・ゾウザ選手もそのひとりで、サーフィン中はG-SHOCKを身に着けているといいます。ほかにもCTにも参戦経験のあるオーストラリア出身のサーファーのヤディン・ニコル選手などがスポンサードをされているプロサーファーのひとりですね。

<アニメ・漫画専門ECサイトであるAnimo(アニモ)にて、【NIGHT HEAD 2041】各種商品が新発売>7月27日より予約販売開始!

今回のモデルでは、“五十嵐カノア”選手が活躍する舞台である海をイメージさせるデザインを採用しており、スケルトンのボディにミラー仕上げのフェイスを合わせ、シンプルななかにもクールな雰囲気を感じさせるカラーリングが魅力的だ。
フェイス中央上部、遊還、裏ブタには“KANOA”のサインを配し、さらにバックライト点灯時にも同サインが浮かび上がる。
専用のパッケージも用意されており特別感を演出している。サーフィンをするにうってつけのこのモデルは、サーフィンをする方にはぜひ手に入れておきたい特別なモデルだ。

《五十嵐カノア》
1997年10月1日生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。カリフォルニア州ハンティントンビーチで父親のサーフィン姿を毎日眺めて育つ。3歳の時、見ているだけでは満足できなくなり自らも始める。すぐに才能を開花させサーフィン界の注目を集めるようになった。
2009年、11歳の時、NSSA(National Scholastic Surfing Association)主催の大会で、1シーズン中の最多勝となる30勝という驚異的な記録を打ち立てる。2012年、USA Championship U-18で史上最年少の14歳で優勝。2016年、史上最年少、アジア人で初めてWSL(World Surf League)チャンピオンシップツアー2016に参戦し、2017年には、地元ハンティントンビーチで開催されたWSL Vans US Open of Surfingで優勝する等、着実にその実力を発揮している。

そんな五十嵐カノアは、現在ポルトガルで開催中のCT第10戦”MEO Rip Curl Pro”でクォーターファイナル進出中。

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」から、プロサーファー五十嵐カノア選手のシグネチャーモデル「GLX-5600KI」を6月7日(金)に発売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*