2021最新 五十嵐カノア live

2021最新 五十嵐カノア live

「オフシーズンが長引いたことで、やりたかった練習もたくさんできて、準備は万端です。そんな自分のサーフィンをファンの皆さんに見てもらえたらと思います。2020年が本当は凄く忙しい一年になるはずだったんですが、2021年にフォーカスを切り替えていきます。今年は金メダルを取ることとWSLで世界チャンピオンになることを目標に頑張ります。応援よろしくお願いします。」とカノアは語った。

東京オリンピックへは、男女ともに20名づつ、国別では最大男女ともに2名までが出場権を得られますが、日本人の出場枠(最大男女ともに2名)を得られるのは、2021年5月のエルサルバドル大会結果次第となっており、サーフィンのオリンピック最終選考から、まだまだ目が離せません。

東京オリンピックは27日、ソフトボール決勝があり、日本が2-0でアメリカに勝って金メダルを獲得した。2008年北京五輪に続けて、2大会連続で強豪アメリカを破って優勝した。

個人戦でも、チーム団体戦でも金メダルを獲得したフランスのジョアン・ドゥルや、ISAワールドサーフィンゲームスの歴史上初の3回目の金メダルを獲得したオーストラリアのサリー・フィッツギボンズのライディング映像。そして敗者復活の瀬戸際から勝ち上がり東京五輪出場権を獲得した大原洋人、リパチャージ12でのエクセレントライド9.00pt。また個人戦銀メダルを獲得した五十嵐カノアが魅せたファイナルでの鋭いレイバック。

東京オリンピックは27日、競泳男子200メートル自由形の決勝があり、イギリスのトム・ディーン(21)が金メダル、ダンカン・スコット(24)が銀メダルをそろって獲得した。

東京オリンピックは27日、新競技サーフィンの決勝があり、男子はイタロ・フェレイラ(ブラジル)が、女子はカリッサ・ムーア(アメリカ)が初代の金メダリストになった。男子の五十嵐カノアは銀メダル、女子の都筑有夢路も銅メダルを勝ち取った。

2年ほど前でしょうか、たくさんの報道陣に囲まれ、2020年東京オリンピックサーフィン競技会場にCTツアーの合間にやってきたカノア五十嵐選手。波は小さくパワーの無い腰腹くらい。日本ではよくある小波コンディションだ。力のない波だったが圧巻のサーフィンを披露。以前カノアは「サーフィンに一番大事なのはスピード」って」話してたけど、本当にその通りだねっていうかのように、スピードが出せるセクションではビュンビュンと加速して行きエアーを何本もメイクした。

日産とルノーの元会長カルロス・ゴーン被告がBBCの独占取材に応じ、2019年末の逃亡劇について詳細を語った。

五十嵐カノアは、今年も早くからノース入りをし、2021年シーズン開幕を前に今シーズンの抱負を語った。

特に中盤に登場する大原洋人のサンセットのインサイドボウルでのチューブライドに加え、最終パートの五十嵐カノアたちによるフリーセッションは必見!!

東京五輪第5日の27日、新競技のサーフィンで男子の五十嵐カノア(23)が決勝に進んだ。女子の都筑有夢路(20)は準決勝に進出。
競泳は、女子200メートル個人メドレーで400メートルとの2冠を目 …

2021年のWSL:ワールドサーフリーグCT:チャンピオンシップツアーがいよいよ開幕する。世界最高峰のサーファー達がオアフ島のノースショアに集結!

2018年からコンテストジャージに日の丸を入れた五十嵐は、快進撃を続ける。2019年のCT第3戦「Corona Bali Protected」ではアジア人初となる優勝を遂げた。

結果はラウンド2敗退となったが、五十嵐カノアやMarc Lacomare、Micheal Dunphy、そして本イベントで足に怪我を負ってしまったGriffin ColapintoといったQSサーファーたちと一緒にクルーズする姿が収録されている!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*