2021最新 大橋悠依嵐

2021最新 大橋悠依嵐

競泳女子200メートル個人メドレーで大橋悠依(25=イトマン東進)が1位に入り、400メートル個人メドレーに続く今大会2つ目の金メダルを獲得した。

競泳の日本女子で2個の金メダルを手にしたのは初めて。日本勢で金メダルを複数つかんだのは、男子平泳ぎで2004年アテネ、08年北京と2大会連続2冠に輝いた北島康介以来で、日本の女子選手が同一大会で金メダル2個を獲得するのは夏季五輪で初めてという快挙達成となった。涙を流して喜んだ400メートルとは一転、笑顔で優勝を喜んだ。
【大橋 悠依(おおはし・ゆい)】
☆生まれとサイズ 1995年(平7)10月18日生まれ、滋賀県出身の25歳。3姉妹の末っ子。1メートル74、57キロ。陸上の桐生祥秀と同郷で同い年で、中学時代から顔見知り。
☆競技歴 2人の姉の影響で6歳から水泳を始める。中学3年時にジュニア五輪の200メートル個人メドレーで優勝。草津東高から東洋大に進学し、平井コーチに師事する。17年世界選手権200メートル個人メドレーで銀。19年世界選手権は400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した。
☆嵐 大ファンで、特に大野智が好き。19年8月には「嵐にしやがれ」にゲスト出演し、念願の共演を果たした。
☆験担ぎ 地元・彦根市のマスコット「ひこにゃん」をこよなく愛する。大切な日は験担ぎとしてひこにゃんの靴下をはき、この日もレース直前まではいていた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*