2021最新 大橋悠依友達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 大橋悠依友達

年末に練習施設が閉鎖されたことで、たまたま合同練習になった。しかし最初は身の置き所がなかった。仲間の輪から離れて、ひと言もしゃべらず練習した。離脱中も毎日連絡をくれた先輩の清水咲子に「大橋、そんな隅っこにいるなよ! こっち、おいで」と強引によばれた。救われた。

◆世界選手権 17年に200メートルで銀メダル、19年に400メートルで銅メダル獲得。

◇東京五輪第6日 競泳女子200メートル個人メドレー決勝(2021年7月28日 東京アクアティクスセンター )
【写真】やった!満面の笑みでピースサインする大橋悠依
競泳女子200メートル個人メドレーで大橋悠依(25=イトマン東進)が1位に入り、400メートル個人メドレーに続く今大会2つ目の金メダルを獲得した。
競泳の日本女子で2個の金メダルを手にしたのは初めて。日本勢で金メダルを複数つかんだのは、男子平泳ぎで2004年アテネ、08年北京と2大会連続2冠に輝いた北島康介以来で、日本の女子選手が同一大会で金メダル2個を獲得するのは夏季五輪で初めてという快挙達成となった。
ライバルの米国勢や女王ホッスーを抑え、2分8秒52で、見事に1位。涙を流した400メートルとは一転、笑顔で優勝を喜び、「本当に夢みたいで、まだ実感がない」と話した。
大橋の快挙に、ネットも大興奮。ツイッターでは「大橋選手」がトレンド1位に。「やば、大橋悠依選手金メダル!二冠!ラスト50メートル凄かった」「鳥肌立った!」「競り勝った!!!!!2冠 ヤバすぎる!!!!!」「2冠凄い 感動した」「まだ大会半分だけでど前半の東京オリンピックの顔は間違いなく大橋悠依選手」「叫びました」「努力で掴んだメダルだよね~」といった反響が続々と寄せられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*