2021最新 大橋悠依時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 大橋悠依時間

「(平井)先生もチームメートも声をかけ続けてくれた。みんなのおかげで取れたメダルだと思う」と大橋。平井監督は「本当によく頑張ってくれたし、俺も報われた」と胸をなでおろした。

【次ページ】 「最初の200を速く入ろうとしても、エネルギーを使うだけ」

2021年 7月 9日発売BBM0372108B5判別冊付録共特別定価  1,080円(税込)Contents[別冊付録]東京五輪観戦ガイド東京五輪PREVIEW◆メダル候補のライバル徹底分析!佐藤翔馬 松元克央瀬戸大也 大橋悠依 入江陵介…

大橋悠依(25)が競泳女子400メートル個人メドレー決勝に出場し、4分32秒08で金メダルを獲得した。

2021年7月25日に、五輪初出場の大橋悠依(おおはし・ゆい)が競泳女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した。そしてオリンピック5日目の7月28日、彼女は競泳女子200メートル個人メドレーで2分8秒52のタイムを出し、自身2つ目の金メダルという快挙を成し遂げた。

1大会で2冠は夏の大会では日本女子初となる。競泳では2008年北京大会の北島康介以来の偉業だ。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

東京2020オリンピック第3日の25日、競泳女子400メートル個人メドレー決勝で日本女子のエース、大橋悠依(25)=イトマン東進=が優勝し、今大会の競泳陣で初、日本選手団では2個目の金メダルを獲得した。この種目ではシドニー2000オリンピック「銀」の田島寧子以来の表彰台。

【競泳】「何も後悔はないって言えるように」大橋悠依が2冠!

さらに、東京アクアティクスセンターで行われた競泳男子200メートルバタフライ決勝で本多灯(ほんだ・ともる)が銀メダルを獲得。これにより、日本チームのメダル数は20になった(7月28日13時時点)。内訳は金11個、銀4個、銅5個となっている。

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*