2021最新 大橋悠依 プロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 大橋悠依 プロフィール

大橋選手は2分8秒52でフィニッシュし、女子400メートル個人メドレーに続いて、今大会2つ目の金メダルを獲得した。

大橋はレース直後のテレビインタビューで、「すごい接戦になると思っていて、金メダルはどうかなと思っていた。最後、体が止まっていたが、何とかふんばれた。女子二冠は初めてなので、すごくうれしい」と喜びを表現。

第2レーンの大橋は、最初のバタフライを5位として得意の背泳ぎに入った。ここで一気に順位を上げ、余依婷(中国)に0.07秒差の2位で100メートルを折り返し、平泳ぎに入った。

東京五輪・競泳女子200メートル個人メドレーで、日本代表の大橋悠依選手が金メダルを獲得した。

この日は女子200メートル自由形の決勝もあり、アリアーン・ティトムス(オーストラリア)が金メダルを獲得。女子1500メートル自由形決勝では、アメリカのキャスリーン・レデッキー、エリカ・サリヴァンがそれぞれ金と銀を取った。

東京オリンピックは28日、競泳の女子200メートル個人メドレーの決勝が東京アクアティクスセンターであり、大橋悠依(25)が2個目の金メダルを獲得した。男子200メートルバタフライの本多灯(19)も銀メダルを獲得。男子4×200メートルフリーリレーではイギリスが金メダルを勝ち取った。

大橋は力強く水を捉え続け、最後のターンはアレックス・ウォルシュ(アメリカ)に0.07秒差の2位。自由形の勝負となり、最後は息継ぎをせずに泳ぎ切った大橋がウォルシュより0.13秒早くフィニッシュし、優勝を決めた。

大橋は女子400メートル個人メドレーに続く金メダルとなった。日本の競泳女子で2冠達成は初めて。

400mに続き
200mも制覇!
金メダル獲得!
おめでとう!

男子4×200メートルフリーリレー決勝では、イギリスが金メダルを獲得した。

男子200メートルバタフライ決勝では、予選8位で通過した本多が最後に伸びを見せ、日本の競泳男子で最初のメダルを手にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*