2021最新 大橋悠依 200 メートル

2021最新 大橋悠依 200 メートル

競泳・日本選手権兼東京五輪代表選考会第3日(5日、東京アクアティクスセンター)、女子200メートル個人メドレー予選は日本記録保持者の大橋悠依(25=イトマン東進)が2分13秒30で午後からの準決勝に進出した。

【7月28日 AFP】(更新)東京五輪は28日、競泳女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(Yui Ohashi)が金メダルを獲得した。

予選3組で登場した大橋は1着でフィニッシュ。タイムは全体2位だった。

200メートル個人メドレーの派遣標準記録は2分10秒49。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

大橋は最後の自由形を力強く泳ぎ切り、2分8秒52を記録。25日に行われた女子400メートル個人メドレー決勝でも金メダルを獲得しており、個人メドレー2冠を達成した。

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

女子400メートル個人メドレー金メダルの大橋悠依(25=イトマン東進)が、女子200メートル個人メドレーも制し、日本女子初の競泳2冠を達成した。

前半の100メートルを2番手で折り返した。最後の自由形で競り合いを制した。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*