2021最新 ウルフアロンライブ

2021最新 ウルフアロンライブ

東京オリンピック柔道男子100キロ級、初出場のウルフ アロン選手が準決勝に進みました。

東京オリンピックは29日、卓球の女子シングルスがあり、伊藤美誠(20)が銅メダルを勝ち取った。この種目の日本人選手のメダル獲得は初めて。体操の女子個人総合は、アメリカ勢が5連覇を果たした。

柔道の男子100キロ級は、初出場のウルフ・アロンが決勝で2018年世界選手権優勝の趙グハム(韓国)に延長の末に一本勝ちし、金メダルを獲得した。今大会の日本男子5個目の金メダルで、現行より一つ多い8 …

今年は大坂なおみや「ゴジラジャパン」の愛称で知られる柔道チームを含む582人の選手が参加する予定で、2021年8月8日(日)までは33種目339のセッション開催される。オンラインでの視聴やオリンピック・アゴラでの展示など関連イベントも見逃せない。

賛否両論を巻き起こしつつも開会式を終え、現在東京2020オリンピックの各種競技が開催中だ。日本勢初の金メダルを含むメダルの獲得も、大会初日から続いている。

まずは、チョ選手が一本背負いを狙うと。
ウルフ選手は大内刈りと、互いに得意技を仕掛けたが決着はつかず。

オリンピック初出場のウルフ選手は、初戦の2回戦でウズベキスタンの選手と対戦し、試合開始早々から積極的に攻めてペースをつかみ、1分半ごろ、浮き技で1本勝ちしました。続く準々決勝では、イスラエルのペテル・パルチク選手と対戦しました。ウルフ選手は、得意の内股や大内刈りを積極的に仕掛け、開始3分半ごろ、大内刈りで技ありを奪って、優勢勝ちしました。準決勝では、ジョージアのバーラム・リパルテリアニ選手と対戦します。日本の男子は、今大会これまでに4階級で金メダルを獲得していて、ウルフ選手に期待がかかります。

勝負の行方はゴールデンスコア方式の延長戦へ。
スタミナに定評があり、延長戦を得意とするウルフ選手が攻めた。
そして、試合開始から9分が経過。
豪快な大内刈りでつかみ取った、柔道日本男子5つ目の金。

ウルフ・アロン選手「目標にしていた大会だったので、目標達成できてよかったです。安心しました。日本の花形の階級として、井上先生が優勝してから1回も優勝がないということで、僕自身が金メダルを取り戻したい気持ちがありましたし、僕としても、この階級でやっていくことに意味があると思ったので、ダブルでうれしいというか、井上先生が監督やるのもことしまでだと思うので、最後に恩返しができたと思っています」

東京オリンピック柔道男子100キロ級、ウルフアロン選手が決勝に進み銀メダル以上が確定しました。

報告書によると、2020年はイギリスの観測史上3番目に暑い年だった。また、史上5番目に雨量が、史上8番目に日射量が多かったという。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*