2021最新 ウルフアロン 技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 ウルフアロン 技

(C)2021,Nikkan Sports News.
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツNEWSに帰属します。

「これも学習マンガだ!」は、日本財団主催で2015年度からスタートしました。新しい世界を発見できるマンガや学びにつながるマンガを選出・発表し、作品を国内外の読者に届ける事業です。マンガの持つ「楽しさ」「分かりやすさ」「共感力」に着目し、社会をより良いものにしていくことを目的とし、マンガを通じて「楽しみながら学ぶこと(=edutainment)」を継続的に推進しています。

ウルフは2017年世界選手権、2019年全日本選手権を制しており、五輪金メダル獲得で史上8人目の「柔道3冠」を達成した。2019年12月に右膝半月板損傷し、直前まで調整に苦しんだが、それをはねのけて優勝した。

立川まんがぱーく、北九州市漫画ミュージアム、合志マンガミュージアムにて、「2021年夏、スポーツを100倍楽しむマンガ100選」選書作品100作品の一部を7月中旬より開催いたします。

日本が21年間頂点に届かなかった男子100キロ級でもウルフ・アロンが結果を出した。

男子100キロ級においては、日本男子代表の井上康生監督の2000年シドニー五輪以来の金メダル。「僕自身が取り戻してやろうという気持ちで戦った」という胸の内を明かした。決勝での延長戦ついても「自分の持ち味はああいう泥臭い柔道。自分を信じて闘った」と語った。ウルフの米国人の父と日本人の母の間に生まれた。出身は東京都葛飾区。

男子100キロ級は全日本選手権、世界選手権に続く“柔道3冠”に挑むウルフ・アロン(了徳寺大学職)が2回戦から登場。4月のアジア・オセアニア選手権で下したフラモフ(ウズベキスタン)とはけんか四つだったが、体を寄せると豪快な浮き技で豪快に投げ飛ばして一本勝ち。準々決勝進出を決めた。

SNSキャンペーンの詳細については、7月21日以降、「2021年夏 スポーツを100倍楽しむマンガ100選」公式ページに掲載予定です。

遅咲きの”寝技の女王”濵田尚里が圧巻のオール1本優勝で頂点に立った。柔道をベースとしながら関節技・寝技に特出したロシアの格闘技サンボを学び、寝技に強みを持つ濱田は、初戦となったベアタ・パチュト(ポーランド)に、隅落から横四方固の合わせで1本勝ち。準々決勝のアレクサンドラ・バビンツェワ(ロシア・オリンピック委員会)戦では、お互い指導を2回ずつ受けた状況で、巴投げから送襟絞で1本勝ちを決める。寝技対策に対して、担ぎ技や足技から寝技を狙う作戦が功を奏した。

柔道の男子100キロ級で、五輪初出場のウルフ・アロン(了徳寺大学職)が決勝で延長の末に、趙グハム(韓…

女子78キロ級の浜田尚里(自衛隊体育学校)も初戦の2回戦でポーランドのパットと対戦。隅落としで技ありを奪うと、そのまま寝技に。横四方固めに抑えて、合わせ技で一本勝ちした。

準決勝は2021年世界選手権王者のアナ・マリア・ワーグナー(ドイツ)という強豪相手だったが、1分23秒、腕挫十字固で1本を奪い、決勝へ。決勝は直近で負けている、2019年世界選手権王者マドレーヌ・マロンガ(フランス)を迎えた。だが、マロンガの先制の足技で倒れ込みながらも、すかさず寝技に移行。崩上四方固に持ち込み、そのまま1本勝ち。

今日も日本柔道が強さを見せた。女子78キロ級の濵田尚里がオール1本勝ちで制し、男子100キロ級のウルフ・アロンが5大会ぶりの同級金メダルを勝ち取った。重量級は近年、国際化が進み、日本勢が金メダルに届かない中、地元開催の東京オリンピックでその歴史を塗り替えてみせた。

また、本選書の発表に合わせ、SNS上で好きなスポーツマンガキャラクターの投稿を募るキャンペーン「2021年夏!あなたの推しキャラ選手権~スポーツ編~」(7月23日~)や、アスリートによるトークイベント(9月予定)など、選書を記念した企画も開催いたします。

五輪初出場のウルフは初戦のムハマトカリム・フラモフ(ウズベキスタン)を浮技で1本で下すと、準々決勝ではペテル・パルチク(イスラエル)に大内刈で優勢勝ち。準決勝で世界ランク1位第1シードの強豪バルラム・リパルテリアニ(ジョージア)にも大内刈で技ありを奪い勝利した。決勝は2018年世界選手権王者のチョ・グハムとなったが、延長戦の末、大内刈で1本勝ち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*