2021最新 ウルフアロン 新小岩

2021最新 ウルフアロン 新小岩

ウルフの地元・東京都葛飾区新小岩にある商店街は、多くの店に「めざせ金メダル」と書かれた柔道着姿のウルフのポスターが貼られ、エールが送られた。ウルフが高校時代から通っているという唐揚げ専門店「Tiki Tiki(チキチキ)」は「メダル獲ったらアロン1年無料」を約束。30個入りの「アロン!!特盛からあげ」セットは、ほぼ半額で売り出した。店主の鈴木彰子さん(43)は「活躍している姿に元気をもらっているし、これぐらいしなきゃ」と笑った。

日本と米国、二つのルーツを持つ柔道男子100キロ級のウルフ・アロン選手(25)(了徳寺大職員)が優勝した。国籍選択で悩んだこともあったが、「日本代表として高みを目指す」と決意。日本武道館に日の丸を掲げた。

ウルフ・アロン選手を語るのに忘れてはいけないのが付き人の堀川さんの存在です。
柔道での付き人とは、練習パートナーの意味合いが強いのですが、この堀川さんは、「ヨイショの鬼」とまで言われ、アロン選手のモチベーションを上げる為に色々な手を使って背中を押しています。
堀川さんはロアン選手の大学の後輩になるのですが、実力も全国大会に出場するほどの実力の持ち主です。

そんな幸せな家庭だったウルフ家なんですが、2020年10月に別居中であることが報じられていました。

米国人の父と日本人の母の間に生まれ、東京の下町、葛飾区新小岩で育った。英語は話せない。小さい時はカタカナの名前をからかわれたこともあったが、本人は意に介しなかった。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*