2021最新 ウルフアロン 柔道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 ウルフアロン 柔道

2020年東京オリンピック。日本のお家芸である競技“柔道”で多くのメダル獲得に期待が高まる中、今年11月に開催された「グランドスラム2018」で一人の男が復活を遂げた。その柔道家の名前は「ウルフ・アロン」。
アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれた彼は、高校時代よりその将来性を高く買われ、学生柔道界では名門中の名門「東海大学」で活躍。昨年は主将として常勝軍団を牽引し、全日本学生柔道優勝大会で見事連覇を達成。
さらに、一昨年と昨年の全日本選抜体重別選手権で優勝し、昨年9月、ハンガリーで行われた世界選手権で金メダルを獲得。その世界に名を轟かし、2020年東京オリンピックでは金メダルを期待される選手の一人となったが、今年1月、練習中に左ひざの半月板を負傷、手術を余儀なくされる…
一見、柔道エリート街道を突き進んでいるかのように見える彼に「地獄を見た」と言われるほど大きな挫折があったことは広く知られていない。
この番組では彼の柔道人生における栄光と挫折を通して、今最も金メダルに近い男「柔道家 ウルフ・アロン」の強さと2020年に向けた彼の夢と野望を描きます。

東京オリンピック柔道男子100キロ級で、初出場のウルフアロン選手が金メダルを獲得しました。日本のこの階級での金メダルは、2000年のシドニー大会以来5大会ぶりです。

2019年、ツアープロとして第一線から退くことを発表した女子プロゴルファー諸見里しのぶ。
ツアー通算9勝、JLPGAメジャー3冠を達成、スイングの美しさは女子プロNo1ともいわれていた彼女は2020…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*