2021最新 丸岡いずみ結婚

2021最新 丸岡いずみ結婚

その後、丸岡は2度の流産、不妊治療を経て、代理母出産で18年1月に男児を授かった。代理母はロシア在住の女性で、男児もロシアで生まれた。誕生後に日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演した有村は号泣。「出産後に代理母の方と会いました。ほんっとに、ハグして…丸岡もわんわん泣いて…」と、泣きながら代理母と会った時の感激を語っていた。

丸岡いずみアナウンサーの経歴は、徳島県美馬郡脇町(現:美馬市)出身、徳島県立脇町高等学校を経て、関西学院大学文学部日本文学科(文学士)卒業後の1994年4月に、フジテレビ系列である北海道文化放送(UHB)にアナウンサーとして入社しています。

同月10日には、夫の有村がPCR検査を受け、12日に陽性が確認され、現在入院中であると発表されていた。20日にSNSで退院報告。感染経路は、有村がプロデュースした東京・新宿シアターモリエールで上演された舞台「THE★JINRO イケメン人狼アイドルは誰だ!」(2020年6月30日~2020年7月5日)と報じられており、15日に公式HP上で出演者17人、スタッフ8人、観客34人の計59人が検査の結果、陽性と確認されたと発表した。

しかし、2011年8月末から体調不良のため出演を見合わせるようになり、翌9月30日付けで『news every.』を降板。治療に専念する為、休養することを発表しています。

映画コメンテーター・有村昆(45)とフリーキャスターの丸岡いずみ(49)が29日、都内区役所に離婚届を提出し協議離婚が成立したことを事務所を通じて発表した。2人は12年に結婚。代理母出産や、有村のホテル密会騒動などを経ての離婚となった。

また、有村によると結婚に至った経緯については「僕にできることは何でもさせていただきたいと心に誓った。愛の力で奇跡を起こすじゃないですけど」とコメントし、それに対し丸岡アナは「彼の家に行った時にうつの本がたくさん置いてあった。病気のことを勉強してくれてたんだな。その時に愛を感じました」と語り、「苦しい時に隣にいてもらいたい人と結婚したかった。彼がまさにそうだった。これからどんなことがあっても一緒に歩んでいける。今日の式を挙げて確信しました」と涙ながらに語っています。また、披露宴の司会は、共演していた宮根誠司が務めています。

2010年3月29日からは『news every.』でニュースキャスターを務めています。

“不倫未遂”スキャンダルによって、5月から芸能活動を自粛していた映画コメンテーターの“アリコン”こと有村昆さん(本名=藤村昆 45歳)と、妻でフリーアナウンサー・丸岡いずみさん(49)が29日、離婚した事を電撃発表しました。

また、2005年4月10日から担当した『真相報道 バンキシャ!』では、アシスタントプロデューサーを務め、ニュースコーナーにも自ら出演していました。

2018年1月23日には、自身のブログで「この度、私たち夫婦の凍結受精卵を用いた海外での代理母出産で2018年1月3日(現地時間)に3400グラムの元気な男の子が生まれました」と子供をもうけた事を報告しています。

2013年1月19日には、都内で挙式・披露宴を行い、自身の長期休養の理由については、東北太平洋沖地震(東日本大震災)の取材などによる「震災うつ病」によるものだった事を告白しています。

その後、番組降板からおよそ1年後の2012年8月28日に、映画コメンテーターの有村昆と交際4ヶ月でのスピード婚を発表。翌9月30日付で日本テレビを退社しています。

そして、同月31日からは『情報ライブ ミヤネ屋』で「丸岡いずみキャスターの最新ニュース」を担当し、司会の宮根誠司との掛け合いや「奇跡の38歳」と称された事が話題となり、一躍人気キャスターとなります。

丸岡いずみアナは、これまでに北海道文化放送アナウンサー、セント・フォース所属のフリーアナウンサー、日本テレビ報道記者兼キャスターを経て、現在は主にタレントとして活動しています。

同日には、『情報ライブミヤネ屋』に夫婦でロシア・モスクワからの生中継で出演。代理母はロシア在住であり、男児はロシア生まれと明かしています。また、同日発売の『婦人公論』において、結婚当初の2012年に2度の流産を経験したことを告白。その後も不妊治療を続けましたがどうしても授かることは出来ず、最終的に代理出産を選択したことを告白しています。また、2016年冬にロシアの代理母へ依頼し、凍結保存した受精卵を提供していたと、これまでの経緯を明かしています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*