2021最新 丸岡いずみ 北海道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 丸岡いずみ 北海道

1976(昭和51)年7月2日生まれ、45歳。マレーシア出身。玉川大文学部卒。22歳のときにFMラジオのパーソナリティーとしてデビュー。年間500本の映画を観賞。最新作からB級映画まで幅広い見識を持つ。昨夏には舞台の原案も担当したが、出演者や観客に新型コロナの集団感染が発生。自らも丸岡と共に感染した。

映画評論家の有村昆さんとフリーアナウンサーの丸岡いずみさん夫妻が7月29日、所属事務所の「ホリプロ」を通じて協議離婚に至ったことを発表しました。2人は同日に離婚届を提出しており、「お互いの生き方を見つ…

もう少し大きくなったら丸岡いずみのブログに登場する機会も増えるのではないしょうか?

10週の間に2度流産してしまったとの事ですが、丸岡いずみも若くはなかったので早期流産してしまったのでしょう。。

2008年3月25日に早稲田大学大学院を修了し、2010年3月29日に「news every」のキャスターに就任したものの、翌年に体調不良を訴え長期休養に入ることになり、その後しばらくお茶の間から姿を消すこととなります。

妻の丸岡いずみと同じホリプロ所属です。

丸岡いずみが今回代理母出産を選択した理由は、2度流産していることがきっかけだったそうです。

1999年に北海道文化放送を退社後は、セント・フォース所属のフリーキャスターとなり、CS放送やNNN24のフィールドキャスターとして活動されていました。

2人は「お互いの生き方を見つめ直すために別々の道を歩むこととなりました」と連名でコメント。丸岡さんは日本テレビ系の番組「情報ライブ ミヤネ屋」などに出演していた。

2001年4月に日本テレビ報道局に中途入社し、報道記者として社会部遊軍記者となり、その後は、報道局社会部記者・警視庁記者クラブ捜査1課・3課担当として活動されていました。

離婚は〝火遊び報道〟のけじめとして有村の方から申し入れ、丸岡が受け入れたという。

過去に2003年に髙田延彦・向井亜紀夫妻が代理母出産で第1子を授かり、子供の戸籍を巡って法務省相手に裁判を起こしたことが話題になりました。

そして2012年8月28日に、おぼっちゃまコメンテーターの有村昆さんとの結婚が発表され、日本テレビを退社後はホリプロへ事務所を移籍され、現在に至るまでフリーアナウンサーと芸能活動をされていました。

「丸岡さんは有村さんのことを本当に好きで、信じて頼り切っていました。そんな彼の不埒な行いを知って相当ショックだったと思います。しかも、自分の夫が恥ずかしくて情けない男だということが世間に知られてしまいました。まじめを絵にかいたような女性です。夫の浮気なんて彼女の辞書にはないと思います。潔癖である上にプライドも高いことはよく知られています。彼女の性格からしたら夫のことを絶対許さないと思います」

フリーキャスターの丸岡いずみさん(49)と、映画コメンテーターの有村昆さん(45)が29日、離婚したと所属事務所を通じ発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*