2021最新 橋本大輝インタビュー

2021最新 橋本大輝インタビュー

息子である橋本大輝さんの競技終了後、次のように語っています。

橋本の得点は直近の金メダルの得点と0.24差。着地の精度など、わずかなことでひっくり返る差だ。
谷川航、北園も銀メダルの得点以上。萱のスコアはやや劣って見えるが、彼の異名は「失敗しない男」。抜群の安定感を誇り、4人の中で唯一、選考会3回で1度も86点を下回っていない。このチームは心配されるどころか、金メダルが狙える最強のチームだ。

「内村2世」と呼ばれてきた北園丈琉は、高校最後の去年の全日本で準優勝。4月の全日本は予選1位で、最年少優勝がかかっていた。しかし、北園が大会最後の演技として行っていた決勝の鉄棒で事件が起きる。
北園は離れ技で落下して顔を歪め、大会は終了。若きホープは両肘の靭帯損傷と右肘剥離骨折の大けがを負い、子どもの頃からの夢だった東京五輪を諦めた。
ここで内村が動いた。ケガから約3日後、北園に電話をかけ「大丈夫か?気持ちを切らさなければ絶対に戻ってこられるから」と励ました。この10分ほどの電話で北園は自信を持ち、前を向いたという。腕立ても倒立もできなかったが、一歩ずつ前に進んだ。
NHK杯はできる限りの演技で望みを繋ぎ、種目別選手権では肘への負担が大きいつり輪を除く5種目に出場。「ベストパフォーマンスが出せた」と誰もが驚く演技をし、復活どころか全日本で出した記録を塗り替えた。
5日の得点に全日本のつり輪の得点を足すと、88.365。橋本やナゴルニーと金メダルを争えるスコアだ。北園の回復を見て内村は「言葉じゃ表せない何かをもって産まれてきた選手」と表現した。内村は「2世って使っていいの、うちの子どもだけですからね。プレッシャーをかけないで。」とも言うが、この奇跡を見て期待せずにはいられない。
《ライタープロフィール》
福田由香
NHK岡山キャスター、テレビ愛知アナウンサーを経て「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)で現場リポーターとして活動した経歴を持つ異色のライター。卓球初段。全日本社会人選手権、全国インカレ出場。学生時代は全国国公立大学卓球大会で数々の賞状を手にした。
【関連記事】
・体操界の新星・橋本大輝は内村航平の後継者?東京五輪ダブル金も期待
・内村航平、瀬戸大也、福岡堅樹ら東京五輪のコロナ延期で運命が変わったアスリート
・体操女子の東京五輪代表メンバーは村上茉愛中心にバランス抜群!

内村が「あの2人が日本の中心になってやっていかないといけない」と目をかけているのは、19歳の全日本覇者・橋本大輝と、ユース五輪5冠の18歳、北園丈琉だ。
橋本は全日本予選のあん馬で2回落下し、代表選考を7位でスタート。大きく出遅れたが、内村から「切り替えれば大丈夫」と励まされ、逆転で全日本優勝。勢いそのままに選考レースを1位で終えた。
橋本が特に強いのは鉄棒で、6日の種目別では内村を破り優勝。技の難しさを示すDスコアは、内村が今シーズン行ってきた6.5を上回る6.6で、カッシーナ~コールマンと高難度の技を繋げるなど攻めた演技をした。
跳馬でも世界最高難度のヨネクラを跳ぶことができる。しかも、ヨネクラを跳ぶつもりでロイター板を蹴った後も、感覚が悪ければひねりを減らし、着地をまとめやすいロペスに変えることができる。日本体操協会の水鳥強化本部長は「ありえない、理解を超える感覚」と絶賛している。
読書でメンタルを鍛えるアスリートは多いが、橋本が読んだのは「ヤバい集中力」だ。なるほど、高難度の構成に挑む分、着地の乱れや落下も見られる橋本の体操には「ヤバい集中力」が必要だろう。
個人総合の目標は90点。常識を覆す令和の怪物が東京オリンピックで世界を驚愕させ、内村が2大会連続で獲得してきた個人総合金メダルを引き継ぐところを想像すると今からわくわくする。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*