2021最新 橋本大輝名言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 橋本大輝名言

オリンピックを通して橋本が伝えたいもの。それは日本の美しい体操だ。

 橋本は2019年10月に開催されたドイツの世界選手権で、白井健三以来2人目となる高校生での代表入りの快挙を果たす。しかし団体決勝ではミスは重なり、日本はロシア、中国に次ぐ3位。演技を終えた際、悔しさのあまり目に涙を浮かべた。

本番を想定し、練習に取り組み続けた結果だった。橋本はNHK杯でも優勝し、東京2020大会の出場を決めた。

○…日本は予選を終え、24人が進む個人総合では橋本(1位)、北園(7位)が決勝へ。上位8人の種目別では鉄棒で橋本(1位)と北園(6位)、あん馬で亀山(3位)と萱和磨(7位)が決勝進出となった。

「2019年の世界選手権では、日本代表選手全員が、金メダルを取れると臨んでいました。そこで金メダルを取れない悔しさ、そして最後に自分がミスをしてしまった悔しさ。今のままでは負けてしまう。基礎的な技術や精神的な強さと自分には足りないものを考えさせられる大会でした」

続くNHK杯でも周囲を驚かせる。4種目の得意の跳馬では「ヨネクラ」を跳ぶつもりも、跳馬に手を突き放した状況で高さを判断し失敗の可能性を考え、着手の瞬間に半ひねり少ない「ロペス」に切り替えた。水鳥強化部長をして「理解を超える感覚」と驚く離れ業。ただ橋本自身は想定の範囲内だったという。

五輪前から、カンフル剤は橋本だった。24歳の萱、25歳の谷川が卒業後も拠点にする順大に、橋本が入学してきたのが20年4月。「無限君」と称される体力で、誰よりも練習する姿は刺激しかなかった。萱は「難しい技もすぐにできる」。代表を争うライバルであり、仲間である後輩。比較しておのれの武器を探した。18歳の北園も、学生時代から競ってきた1歳上の「世界基準」を目標に据えられた。

団体、個人でもメダルが期待される橋本だが、まず団体予選を1位で通過することを第一の目標に掲げる。

リオデジャネイロ五輪からの2連覇に挑む体操団体総合で、日本が1位通過を決めた。19年世界選手権では後塵(こうじん)を拝したロシア、中国を抑え、262・251点を積みあげた。中心にいたのは、個人総合でも6種目合計88・531点で1位通過した新エース、橋本大輝(19=順大)。8月7日生まれ、熱い太陽の中で大きく輝いてほしいと願い名付けられた新星が、母国五輪で輝きを放った。

東京オリンピック、体操の男子個人総合で19歳の橋本大輝選手が金メダルを獲得しました。この種目で、日本は3大会連続の金メダルです。

帰国後はどうすれば大きな舞台でパフォーマンスを出せるのか、どうすれば優勝できるのかを常に考えた。進学した順天堂大学は社会人チームと合同で練習をしており、ドイツ世界選手権のメンバーである萱和磨、谷川航などとともに練習する。指導者もオリンピック経験者という世界トップクラスの練習環境の中、日本一と言われる圧倒的な練習量で橋本はさらに力を伸ばしていった。

体操男子個人総合で最年少優勝を遂げた橋本大輝との一問一答は次の通り。

体操の男子個人総合の決勝は、予選を通過した24人の選手が出場して、6種目の合計得点で争われました。予選1位で19歳の橋本選手は、最初の種目のゆかで、G難度の大技、「リ・ジョンソン」を決め、予選より高い14.833の得点をマークしました。橋本選手は、2種目めのあん馬と5種目めの平行棒では、15点台の得点をマークしました。橋本選手は1種目を残して、1位の中国の肖若騰選手と0.467差の3位で、最後の種目、鉄棒に臨みました。鉄棒では、先に演技した肖選手が14.066にとどまったのに対し、橋本選手はG難度の「カッシーナ」など手放し技を次々と成功させたほか、最後の着地も決めて14.933の得点をマークして肖選手などを逆転しました。橋本選手は6種目の合計で88.465の得点で初めてのオリンピックで金メダルを獲得しました。この種目では、内村航平選手が前回まで2連覇していて、日本は3大会連続の金メダルです。また、日本体操協会によりますと、オリンピックの男子個人総合で橋本選手は最年少での金メダルとなりました。同じ個人総合に出場した18歳の北園丈琉選手は5位でした。

翌日の決勝では6種目中4種目で15点以上を叩き出す圧倒的な演技を見せ、逆転優勝を果たす。橋本は「ポジティブに考えて行動できたというのが一番の要因。自分が失敗したポイントとちゃんと向き合えました」と振り返る。

(C)2021,Nikkan Sports News.
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツNEWSに帰属します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*