2021最新 橋本大輝幼稚園

2021最新 橋本大輝幼稚園

続くNHK杯でも周囲を驚かせる。4種目の得意の跳馬では「ヨネクラ」を跳ぶつもりも、跳馬に手を突き放した状況で高さを判断し失敗の可能性を考え、着手の瞬間に半ひねり少ない「ロペス」に切り替えた。水鳥強化部長をして「理解を超える感覚」と驚く離れ業。ただ橋本自身は想定の範囲内だったという。

橋本選手の学生時代についてクローズアップしていこうと思います。

橋本とともに団体で金メダルを目指すのはドイツ世界選手権で同じ悔しさを味わった萱、谷川、そして18歳の北園丈琉の4人で全員がオリンピック初出場だ。内村航平、白井健三と国民がよく知る選手の名はない。だが、橋本はこの4人であれば金メダルを取ることができると強い自信を見せる。

オリンピックを通して橋本が伝えたいもの。それは日本の美しい体操だ。

本番を想定し、練習に取り組み続けた結果だった。橋本はNHK杯でも優勝し、東京2020大会の出場を決めた。

東京オリンピック(五輪)は28日、体操男子個人総合で初出場の橋本大輝(19)が金メダルを獲得した。前々回のロンドン五輪、前回のリオデジャネイロ五輪で優勝した内村航平(32)に続き、日本勢としては3連覇となる。

団体、個人でもメダルが期待される橋本だが、まず団体予選を1位で通過することを第一の目標に掲げる。

以上から、橋本選手は自分の目指す体操を考え、順天堂大学を選んだようです。

2021年に行われた全日本選手権とNHK杯両方で優勝を果たし、東京五輪日本代表に内定したのは、なんと現役大学2年生でまだ19歳の橋本大輝選手です。

予選を首位で通過していた橋本は序盤のゆか、あん馬で好スタートを切った。中盤のつり輪、跳馬でミスが出たものの、残り2種目で立て直して、最終種目となった得意の鉄棒で高得点を出して逆転した。

橋本選手がどのようにして佐原ジュニア体操クラブまで通っていたのかについても調べてみました。

弱冠19歳にして日本を代表する体操選手として、五輪に内定した橋本大輝選手は、幼い頃から全国区の選手だったのでしょうか?

日本勢が男子個人総合を制するのは5人目で、10代での優勝は初めて。橋本は団体の銀メダルに加え、今大会二つ目のメダルを手にした。

翌日の決勝では6種目中4種目で15点以上を叩き出す圧倒的な演技を見せ、逆転優勝を果たす。橋本は「ポジティブに考えて行動できたというのが一番の要因。自分が失敗したポイントとちゃんと向き合えました」と振り返る。

 東京2020大会の代表選考会も兼ねた4月の全日本選手権では、あん馬で2回落下するミスもあり、まさかの予選7位スタートとなった。しかし、この大会で橋本は精神的な成長を見せる。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*