2021最新 橋本大輝 出身

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 橋本大輝 出身

東京2020大会での金メダルを目指し、ゆかではG難度の「リ・ジョンソン」、跳馬では世界最高難度の大技「ヨネクラ」も習得した。1年の延期が橋本を世界トップへ近づけた。

橋本とともに団体で金メダルを目指すのはドイツ世界選手権で同じ悔しさを味わった萱、谷川、そして18歳の北園丈琉の4人で全員がオリンピック初出場だ。内村航平、白井健三と国民がよく知る選手の名はない。だが、橋本はこの4人であれば金メダルを取ることができると強い自信を見せる。

橋本大輝選手のお父さんは、千葉県の県立高校で教員を務めています。

最大の武器にも練習量と答えるほど練習の鬼の橋本大輝(体操)です。

そして、全日本選手権でも好成績を収め、2019年の世界体操競技選手権の代表に選ばれました。

東京五輪は26日夜、体操の男子団体決勝が有明体操競技場(東京都江東区)で行われた。2大会連続金メダルに挑んだ団体メンバー4人のうち、県出身の橋本大輝(19)=順天堂大=と萱(かや)和磨(24)、谷川 …

団体、個人でもメダルが期待される橋本だが、まず団体予選を1位で通過することを第一の目標に掲げる。

「2019年の世界選手権では、日本代表選手全員が、金メダルを取れると臨んでいました。そこで金メダルを取れない悔しさ、そして最後に自分がミスをしてしまった悔しさ。今のままでは負けてしまう。基礎的な技術や精神的な強さと自分には足りないものを考えさせられる大会でした」

橋本大輝(体操)家族構成は両親の他に兄が2人います。

橋本大輝の跳馬の魅力はなんと言っても世界最高難易度の「ヨネクラ」です。

男子体操界のイケメンアスリート『橋本大輝選手』。

帰国後はどうすれば大きな舞台でパフォーマンスを出せるのか、どうすれば優勝できるのかを常に考えた。進学した順天堂大学は社会人チームと合同で練習をしており、ドイツ世界選手権のメンバーである萱和磨、谷川航などとともに練習する。指導者もオリンピック経験者という世界トップクラスの練習環境の中、日本一と言われる圧倒的な練習量で橋本はさらに力を伸ばしていった。

橋本大輝選手は6歳の時に佐原ジュニアという体操クラブに入り、体操を始めました。

翌日の決勝では6種目中4種目で15点以上を叩き出す圧倒的な演技を見せ、逆転優勝を果たす。橋本は「ポジティブに考えて行動できたというのが一番の要因。自分が失敗したポイントとちゃんと向き合えました」と振り返る。

本番を想定し、練習に取り組み続けた結果だった。橋本はNHK杯でも優勝し、東京2020大会の出場を決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*