2021最新 橋本大輝 生まれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 橋本大輝 生まれ

翌日の決勝では6種目中4種目で15点以上を叩き出す圧倒的な演技を見せ、逆転優勝を果たす。橋本は「ポジティブに考えて行動できたというのが一番の要因。自分が失敗したポイントとちゃんと向き合えました」と振り返る。

続くNHK杯でも周囲を驚かせる。4種目の得意の跳馬では「ヨネクラ」を跳ぶつもりも、跳馬に手を突き放した状況で高さを判断し失敗の可能性を考え、着手の瞬間に半ひねり少ない「ロペス」に切り替えた。水鳥強化部長をして「理解を超える感覚」と驚く離れ業。ただ橋本自身は想定の範囲内だったという。

その時の橋本選手の親のコメントです。

2017年8月、神奈川県内の産婦人科で陣痛促進剤を使用し出産した美沙さんは、その後、出血多量の末、亡くなった。

好物は実家でとれた野菜の入った、祖母手作りのカレーだという橋本。支え続けた家族に、メダル獲得という最高の恩返しをした。

橋本は「二刀流選手」でもある。トップアスリートとして練習にはげむ一方、実家で農作業をしているのだ。

6歳の時に体操を始めた橋本選手。2人の兄が通う「佐原ジュニア」に入り、中学3年生まで続けた。中学時代は「全日本ジュニア選手権」に出場するも怪我に泣くことも多く、最高19位どまりだったという。

橋本大輝選手が兄の誕生日のお祝いをするなど、兄弟の仲も良さそうです。

美沙さんの遺族は、陣痛促進剤が適切に投与されなかったうえ、止血など適切な処置が行われなかったとして、4月3日、病院側に対し、約1億4200万円の損害賠償を求める訴えを起こした。

「授業中は静かです」と橋本選手ははにかむが、練習や大会では大きな声で仲間に声掛けをしたり観客を煽ったりと、チームのムードメーカーでもある。「尊敬するのは内村航平さん(30)。大きな試合での安定感は目指すところ」とも話し、橋本選手自身も試合での動作の度に深呼吸するルーティーンで競技に入り、気持ちを落ち着かせるという。

屋比久翔平(やびく・しょうへい) 1995年1月、名護市生まれ。世界選手権代表だった父・保さんの影響を受け、幼い頃からレスリング道場で遊んだ。嘉数小3年の時「てだこ道場」で本格的に競技を始め、浦添工高3年で全国4冠を達成。日体大3年の2015年、全日本選手権で初優勝し、20年末に5度目の優勝を飾った。

卒業後は橋本選手が憧れるリオ五輪代表の田中佑典さん(30)の母校、順天堂大学に進学する。「田中さんのような美しい体操を目指したい。東京2020オリンピックやその次のオリンピックも目指したい。個人で世界一を目指します!」と胸を張る。

生まれたばかりの我が子を、やさしい笑顔で見つめてる母・川島美沙(29)さんの写真。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*