2021最新 橋本大輝 sns

2021最新 橋本大輝 sns

2日前の団体総合決勝でも好演技を見せて日本の銀メダルに大きく貢献し迎えたこの日、橋本には優勝の期待が寄せられていた。その期待を背負いながら、鉄棒では大きなプレッシャーが生じそうなものだが、橋本の言葉にそれはうかがえなかった。

優勝したのは橋本大輝。19歳355日での金メダル獲得は、この種目では1992年バルセロナ五輪で金メダリストとなったビタリー・シェルボ(旧ソ連合同チーム)の20歳200日を塗り替え、史上最年少。日本体操として通算100個目という記念すべきメダルとなった。

ここからが見せ場だった。平行棒で15.300点を出し、すべては最終種目の鉄棒にかかった。橋本は得意とするこの種目で14.933点をマーク。見事、逆転して演技を締めくくった。

東京オリンピックは29日、卓球の女子シングルスがあり、伊藤美誠(20)が銅メダルを勝ち取った。この種目の日本人選手のメダル獲得は初めて。体操の女子個人総合は、アメリカ勢が5連覇を果たした。

東京オリンピックは28日、競泳の女子200メートル個人メドレーで大橋悠依が2個目の金メダルを獲得した。男子200メートルバタフライの本多灯も銀メダルを獲得。男子4×200メートルフリーリレーではイギリスが金メダルを勝ち取った。

報告書によると、2020年はイギリスの観測史上3番目に暑い年だった。また、史上5番目に雨量が、史上8番目に日射量が多かったという。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*