2021最新 田中圭 インスタ

2021最新 田中圭 インスタ

主な作品:『風に濡れた女』(16/塩田明彦監督)、『旅猫リポート』(18/三木康一郎監督)、『恋するけだもの』(20/白石晃士監督)。河合勇人監督作品では、『俺物語!!』(15)、『兄に愛されすぎて困ってます』(17)、『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』(20)など。

なお、パーティーに参加したメンバーで田中以外の新型コロナ感染者は出ていないため、感染経路は別にあるとのこと。しかし、田中は現在ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)に出演しているほか、8月からは主演舞台も控えているため、ネット上では「なんでこんな時期に誕生日会をやるの?」「常に何かしら出演してるのに、危機管理がなってなさすぎ」「自宅だとしても、コロナ禍で20人も集めてパーティーなんかしないだろ」など、あきれた声や批判的なコメントが飛び交っている。

主な作品:NHKの連続テレビ小説「マッサン」(14-15)の音楽を担当後、NHK大河ドラマ「西郷どん」(18)を担当。原田眞人監督作品の『わが母の記』(12)、『日本のいちばん長い日』(15)、『関ヶ原』(17)、『検察側の罪人』(18)や『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(18/前田哲監督)、『ホテルローヤル』(20/武正晴監督)など。

映画『哀愁しんでれら』の完成報告会が行われ、土屋太鳳、田中圭、COCO、石橋凌、渡部亮平監督が登壇、禁断の(?)“撮影裏”エピソードを語った。

田中とは正反対に、眞島はこれまで大きなスキャンダルが報じられたことはなく、クールな役を演じることも多かったため、ネット上には「眞島さん好きだから、本当にがっかり」「何よりも眞島さん主催なのがショック。俳優としての意識が低くて残念」など、落胆するファンの声も見受けられる。

1969年愛知県生まれ。日本大学藝術学部を卒業後、相米慎二監督、黒木和雄監督、崔洋一監督、本広克行監督、堤幸彦監督らのもとで助監督として数多くの作品に参加。2008年『花影』で長編映画監督としてデビューする。【主な監督作品】『映画 鈴木先生』(13)、『俺物語!!』(15)、『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17)、『兄に愛されすぎて困ってます』(17)、『ニセコイ』(18)、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(19)、『初恋ロスタイム』(19)、『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』(20)、公開待機作に、『都会のトム&ソーヤ』(21年7月30日公開予定)、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』(21年8月20日公開予定)がある。

天才ピアニスト役ということで、彼にしかわからない欲望や悩みがあり、映画のなかではその悩みを解消していくことが描かれています。実は早瀬の要素の中に自分と近いものが発見できたのですが、それは“浮遊している”所です。少し変わったキャラクターですが、早瀬から生きる手がかりを得ることができました。永野さんとは同い年で初めての共演でしたが、彼女が先をいってくれればいってくれるほど、必死に追いかけながら芝居をするのが刺激的でした。同い年の方との共演は少ないので、とても恵まれた現場でした。ピアノも今回初めて挑戦しまして、クランクイン前から約4か月間ピアノの先生に習い、おかげでピアノはとても好きになりましたが、圧倒的に難しかったです。仕上がりがどのようになっているのか僕自身も楽しみです。

なぜ日本の総理は当たり前のように男性なのか?それをフィクションで覆してみたかった。凛子は私の理想そのもので、彼女を支える夫・日和は何があっても妻を信じ、陰ながら守り抜く。本作は政界を舞台にした、信じ合い支え合う夫婦愛の物語である。日和役の田中圭さんはお茶目でまっすぐな役柄にぴったり。凛子役の中谷美紀さんは書きながらイメージしていたのでとても嬉しい。このカップルが日本を変える、封切りの日が待ち遠しい。

田中圭、“泥酔”“賭け麻雀”報道からの“20人超誕生日会”では「驚きがない」!? 主催者・眞島秀和には「幻滅」と落胆の声相次ぐのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 芸能ウラ情報・男性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!

田中といえば昨年9月、NHKのニュースサイト「NHK NEWS WEB」が泥酔状態でタクシー代を払えず、警察に一時保護されていたと報道。これ以前にも、一部週刊誌で“酒癖の悪さ”を指摘されたり、“賭け麻雀”に興じていたなどと報じられていたため、「イメージ通りすぎて驚きがない」「この人って、昔から素行が悪い印象ある」といったネットユーザーの反応も少なくない。

田中は同20日、新型コロナウイルスの感染を公表。その約1週間前に、田中の自宅でパーティーが開かれたようだ。

主な作品:三島有紀子監督作品の『繕い裁つ人』(15)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(18)、『Red』(20)や『ホテルローヤル』(20/武正晴監督)、『サイレント・トーキョー』(20/波多野貴文監督)など。

7月28日配信のニュースサイト「文春オンライン」にて、俳優の田中圭が“深夜誕生日パーティー”をしていたと報じられ、ネット上でさまざまな意見が寄せられている。

主な作品:『冷たい熱帯魚』(11/園子温監督)、『黄金を抱いて翔べ』(12/井筒和幸監督)、『Seventh Code』(14/黒沢清監督)、『OVER DRIVE』(18/羽住英一郎監督)、『ニセコイ』(18/河合勇人監督)、『Red』(20/三島有紀子監督)など。

ようやく世の中に活気が戻って来た今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?コロナの影響が続くなか、まだまだ大変な思いをしていらっしゃる方も多いと思います。そんな中、少しでも多くの方に元気を届けられたらという思いで映画『総理の夫』をお届けします。本作品は、シリアスな政治社会ドラマというよりは妻がたまたま日本の総理になってしまった男が、様々なトラブルに巻き込まれるラブコメディであり、夫婦が絆を取り戻すヒューマンドラマです。主人公演じる田中圭さんは初めてご一緒するのですが、全く気負うことなく自然体で演じてくださり、まるであてがきされたのではないかと思うくらいです。日本初のファーストジェントルマンという役柄にこの上ない魅力を与えてくれました。対する、日本初の女性総理を演じてくれた中谷美紀さんとは20年振りの再会。相変わらずお美しいのは言うまでもなく、スタッフはじめ各方面にきめ細かな気配りをしてくださるなど、日本初の女性総理は、かくやと思わせる素敵な方でした。そして原田マハさんの原作からは、さまざまなイメージが掻き立てられ、湧き出るアイデアを抑えるのが大変でした。映画『総理の夫』が日本に、いや世界に、元気とともに笑顔と活力を与える作品になれば、監督としてこんなに嬉しい事はありません。みなさん、映画『総理の夫』をどうぞよろしくお願いいたします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*