2021最新 田中圭 出身

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 田中圭 出身

1962 年東京都生まれ。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。伊藤忠商事株式会社、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年フリーのキュレーター、カルチャーライターとなる。2005年『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し、2006年作家デビュー。2012年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞を受賞。2017年『リーチ先生』で第36回新田次郎文学賞を受賞。ほかの著作に『本日は、お日柄もよく』『キネマの神様』『たゆたえども沈まず』など多数。また、2019年には世界遺産・清水寺で開催された展覧会「CONTACT」の総合ディレクターを務め、美術館を訪ねる番組「原田マハのCONTACT ART」(WOWOW)にレギュラー出演するなど、日本・世界各地のアートと美術館の支援を続けている。

1979年3月9日生まれ、宮城県出身【主な出演作品】『47RONIN』(13/カール・リンシュ監督)、『真田十勇士』(16/堤幸彦監督)、『愛なき森で叫べ』(19/園子温監督)、「全裸監督」(19/Netflix)、「愛なき森で叫べ:Deep Cut」(20/Netflix)など。

主な作品:『冷たい熱帯魚』(11/園子温監督)、『黄金を抱いて翔べ』(12/井筒和幸監督)、『Seventh Code』(14/黒沢清監督)、『OVER DRIVE』(18/羽住英一郎監督)、『ニセコイ』(18/河合勇人監督)、『Red』(20/三島有紀子監督)など。

田中圭がファンに心配されている「悪い癖」とは?

1955年4月24日生まれ、神奈川県出身【主な出演作品】『孤狼の血』(18/白石和彌監督)、『一度死んでみた』(20/浜崎慎治監督)、『生きちゃった』(20/石井裕也監督)、『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』(21/池田暁監督)など。公開待機作に『茜色に焼かれる』(21年5月21日公開予定/石井裕也監督)、『シン・ウルトラマン』(近日公開予定/樋口真嗣監督)がある。

1972年3月4日生まれ、大阪府出身【主な出演作品】『七つの会議』(19/福澤克雄監督)、『小説の神様 君としか描けない物語』(20/久保茂昭監督)、「半沢直樹」シリーズ(13、20/TBS)、大河ドラマ「真田丸」(16/NHK)、「麒麟がくる」(20-21/NHK)、「レンアイ漫画家」(21/CX)など。

神奈川県出身【主な出演作品】『おくりびと』(08/滝田洋二郎監督)、『ディア・ドクター』(09/西川美和監督)、『あなたへ』(12/降旗康男監督)、『ホテルローヤル』(20/武正晴監督)、『痛くない死に方』(21/高橋伴明監督)など。

1996年12月26日生まれ、福島県出身【主な出演作品】『フォルトゥナの瞳』(19/三木孝浩監督)、『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜』(20/篠原哲雄監督)、『砕け散るところを⾒せてあげる』(21/SABU監督)、「社内マリッジハニー」(20/MBS)、「Re:名も無き世界のエンドロール 〜Half a year later〜」(21/dTV)など。

1969年愛知県生まれ。日本大学藝術学部を卒業後、相米慎二監督、黒木和雄監督、崔洋一監督、本広克行監督、堤幸彦監督らのもとで助監督として数多くの作品に参加。2008年『花影』で長編映画監督としてデビューする。【主な監督作品】『映画 鈴木先生』(13)、『俺物語!!』(15)、『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17)、『兄に愛されすぎて困ってます』(17)、『ニセコイ』(18)、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(19)、『初恋ロスタイム』(19)、『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』(20)、公開待機作に、『都会のトム&ソーヤ』(21年7月30日公開予定)、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』(21年8月20日公開予定)がある。

主な作品:『風に濡れた女』(16/塩田明彦監督)、『旅猫リポート』(18/三木康一郎監督)、『恋するけだもの』(20/白石晃士監督)。河合勇人監督作品では、『俺物語!!』(15)、『兄に愛されすぎて困ってます』(17)、『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』(20)など。

1964年1月24日生まれ、大阪府出身【主な出演作品】『ロックンロール・ストリップ』(20/木下半太監督)、『事故物件 恐い間取り』(20/中田秀夫監督)、『レディ・トゥ・レディ』(20/藤澤浩和監督)、『無頼』(20/井筒和幸監督)、『大コメ騒動』(21/本木克英監督)、『裸の天使 赤い部屋』(21/窪田将治監督)など。

なぜ日本の総理は当たり前のように男性なのか?それをフィクションで覆してみたかった。凛子は私の理想そのもので、彼女を支える夫・日和は何があっても妻を信じ、陰ながら守り抜く。本作は政界を舞台にした、信じ合い支え合う夫婦愛の物語である。日和役の田中圭さんはお茶目でまっすぐな役柄にぴったり。凛子役の中谷美紀さんは書きながらイメージしていたのでとても嬉しい。このカップルが日本を変える、封切りの日が待ち遠しい。

1947年1月9日生まれ、京都府出身【主な出演作品】『死の棘』(90/小栗康平監督)、『必死剣鳥刺し』(10/平山秀幸監督)、『舞妓はレディ』(14/周防正行監督)、『FOUJITA』(15/小栗康平監督)、『TAP -THE LAST SHOW-』(17/水谷豊監督)、『一度も撃ってません』(20/阪本順治監督)など。

主な作品:「ママゴト」(16/NHK BSプレミアム)、『ニセコイ』(18/河合勇人監督)、『貞子』(19/中田秀夫監督)、『青くて痛くて脆い』(20/狩山俊輔監督)、『ヒノマルソウル ~舞台裏の英雄たち~』(21年5月7日公開予定/飯塚健監督)など。

主な作品:三島有紀子監督作品の『繕い裁つ人』(15)、『ビブリア古書堂の事件手帖』(18)、『Red』(20)や『ホテルローヤル』(20/武正晴監督)、『サイレント・トーキョー』(20/波多野貴文監督)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*