2021最新 田中圭 頭いい

2021最新 田中圭 頭いい

女優の波瑠さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9時)第1話が6月21日に放送された。同話では、看護師の益田舞子(野呂佳代さん)が、医師の成瀬暁人(田中圭さん)の姿を見て「いい感じの上腕二頭筋」という場面が登場。視聴者は「めっちゃ分かります!」「最高」「完全同意」と盛り上がった。

1990年9月18日生まれ、愛知県出身の俳優・山田裕貴。高校卒業後、俳優を目指してワタナベエンターテインメントのカレッジに入学し、2010年にD-BOYSの兄弟グループであるD2へ加入しました。
俳優デビューは、2011年の『海賊戦隊ゴーカイジャー』でのゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役。ドラマ初主演は『D×TOWN「ボクらが恋愛できない理由」』で、2014年には映画『ライヴ』で初主演を務めました。

1993年5月30日生まれ、東京都出身の俳優・福士蒼汰。デビューのきっかけは渋谷で声をかけられて撮影された写真が雑誌に載ったことで、それを見た研音からスカウトがあり、2010年から研音所属の俳優となりました。
『仮面ライダーフォーゼ』の主役オーディションによって主人公・如月弦太郎に抜擢されてから、2013年放送の朝ドラ『あまちゃん』で、主人公アキの憧れの先輩・種市浩一役で強い印象を残します。同年には映画『図書館戦争』で自身の憧れの俳優と語る岡田准一と共演。
それ以降毎年、『江ノ島プリズム』や『好きっていいなよ。』、『ストロボ・エッジ』など青春映画に続々と出演します。
ドラマでは2015年の『恋仲』にフジテレビ“月9”初主演してから、2016年の『お迎えデス。』や2017年の『愛してたって、秘密はある』と主演作が続きます。
映画でも『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』や『ちょっと今から仕事やめてくる』など、一味違った個性的な作品で主演を務めました。

1964年1月24日生まれ、大阪府出身【主な出演作品】『ロックンロール・ストリップ』(20/木下半太監督)、『事故物件 恐い間取り』(20/中田秀夫監督)、『レディ・トゥ・レディ』(20/藤澤浩和監督)、『無頼』(20/井筒和幸監督)、『大コメ騒動』(21/本木克英監督)、『裸の天使 赤い部屋』(21/窪田将治監督)など。

「今日から俺は!!」シリーズでは、トゲトゲ頭が印象的な伊藤真司役を演じ、賀来賢人と最強のツッパリコンビに扮しました。同作では、役名の姓が本名と同じ“伊藤”であることに運命を感じ、2018年6月末に芸名を「健太郎」から伊藤健太郎に変更しています。
2020年は29年の時を経てリメイクされたドラマ『東京ラブストーリー』にて主人公の永尾完治役に抜擢されました。

ジャニーズ事務所に所属しており人気アイドルグループ・King & Princeのメンバーである平野紫耀。1997年1月29日生まれの愛知県名古屋市出身で、近年はアイドルとしてだけでなく俳優としても大活躍しています。
彼が俳優として有名になったのは、2018年にTBS系列にて放送されたドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』がきっかけ。伝説的人気を誇ったドラマ『花より男子』の続編として制作された本作はティーンから絶大な人気を集め、平野紫耀の注目度も右肩上がりに上昇していったのです。
整った顔立ちに似合わず、超絶天然なキャラクターの平野紫耀。そのほんわかとした雰囲気は非常に可愛らしく、まさに“みんなから愛されるアイドル”なんです。これからも平野紫耀の活躍から目が離せません!

2019年に入るとさらに脱かわいい路線で、ハードな大人の役柄にも挑戦。9月にはNHKのBSプレミアムドラマ『盤上の向日葵』で、奨励会出身ではない異端の棋士・上条桂介役で主演を務めました。また「おっさんずラブ」シリーズの映画に、チームの新たな一員として参加。
2020年はNHKドラマ『いいね!光源氏くん』に光源氏役で主演を務めます。また映画では上白石萌歌主演の『子供はわかってあげない』が6月26日に公開予定です。

子供の頃から映画が好きで、芸能界に興味があったという西島秀俊。19歳の時に先輩からの勧めでオーディションを受け、テレビドラマ『はぐれ刑事純情派5』(1992年)で見事俳優デビューを飾りました。生年月日は1971年3月29日で、東京都八王子市の出身です。
大人の色気と聡明な雰囲気を併せ持つ俳優・西島秀俊は、『きのう何食べた?』(2019年)や『サイレント・トーキョー』(2020年)など様々な話題作に出演。役柄によっては体重を10kg以上増減させるなど、どんな作品にも体当たりで挑んでいます。
2018年に公開された映画『散り椿』では、第42回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。主役の岡田准一演じる天才武士の側近として作品に色を添えました。

2018年は、杉咲花とW主演した人気漫画の実写映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』が公開。2019年には、メインキャストに新人2人が抜擢された映画『町田くんの世界』に、主人公・町田の同級生・氷室雄役で出演しています。
また8月には、俳優・写真家の永瀬正敏が撮り下ろす、30歳を記念した3rd写真集が発売。キャリアを積んだ岩田剛典の魅力がたっぷり詰まった記念すべき作品となりました。
2020年1月には『AI崩壊』に出演。本作で重要な役どころとなる天才理事官・桜庭役を演じます。2021年には主演映画『名も無き世界のエンドロール』が公開します。

そんな田中圭さんを見かねた母親が、俳優オーディションに応募したきっかけにより、事務所に所属し、本格的に芸能活動に力を注いでいかれました。

大石静脚本で、主人公が恋するヒロインと見知らぬおじさんの中身が入れ替わる前代未聞のラブコメディー。壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地(松坂桃李)は、好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会い、いい感じになり始めた矢先、彼女が事故で亡くなる。涙にくれる桃地の前におじさん・田中マサオ(井浦新)が現れる。

2008年のNHK大河ドラマ『篤姫』で14代将軍の徳川家茂を演じ、全国的な知名度を上げます。2009年にドラマ『名探偵の掟』で主演を務めてからは次々と主演ドラマ・映画が続き、2018年にはNHK大河ドラマ『西郷どん』で最後の将軍・徳川慶喜を演じました。
2019年1月スタートのドラマ『家売るオンナの逆襲』では、フリーの不動産屋・留守堂謙治役で北川景子と共演。7月には窪田正孝主演の映画『東京喰種トーキョーグール【S】』に“美食家”と呼ばれる月山習役で出演し、かなりの怪演を見せてくれました。
2020年には映画『一度死んでみた』や『望み』に出演しています。

この事から田中圭さんは『神童』と呼ばれるほどの賢さだったようです。

1947年1月9日生まれ、京都府出身【主な出演作品】『死の棘』(90/小栗康平監督)、『必死剣鳥刺し』(10/平山秀幸監督)、『舞妓はレディ』(14/周防正行監督)、『FOUJITA』(15/小栗康平監督)、『TAP -THE LAST SHOW-』(17/水谷豊監督)、『一度も撃ってません』(20/阪本順治監督)など。

美女2人をはべらかせて気持ち良く酔いつぶれた田中は、「チューしよう」と西崎に迫り、“マジ口説き”をしていたという。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*