2021最新 田中圭 4月ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 田中圭 4月ドラマ

編集部員の“2021年のNo.1映画(暫定)” 尋常でない興奮がくる映画体験をレビュー!

主演の田中さんは、「去年撮影途中で延期と聞き、中止じゃないだけ幸せかもと思っていました! ついに撮影再開できる!と分かりうれしかったです」と喜びを語り、「1年以上昔のことなので、つながりだったりは諦めようと、潔く、撮影に挑んでおります!」と告白する。

安田さんは「放送が決まり、安堵(あんど)しました。撮影半ばでの中断という、やりきれないモヤモヤを晴らしてくださり、心より感謝申し上げます」とコメント。「1年ぶりの撮影再開。田中圭さんはじめ、キャスト、監督、スタッフさんたちとの再会。やはりうれしく、何だかドラマのパート2が始まったような感覚」だといい、「このドラマに携わる全員の熱意により、視聴者の皆様にお届けすることができそうです。ぜひ、ご覧ください」とメッセージを送った。

“誰もが働きたくない夜間の救急に集まった5人の医師たち。なぜ彼らはここで働くことを選んだのか”。2024年に医師の働き方改革が施行される中、救急医の人手不足を解消する革新的な対策がないことを知り、今回の「ナイト・ドクター」を企画しました。実際の病院では、当直は新米の医師に押し付けられる場合が多く、腕のある一流の医師ほど、夜中にわざわざ働きたがらないのが現状です。ただ、患者は昼も夜も問わず運ばれてきます。夜間専門の医師がいれば、昼夜を交代制にし、労働時間と夜の病院を守ることができます。夜の病院で戦う彼らを通して、夜間救急の過酷さも少しでも伝えられたらと思っています。そして医師としての側面だけではなく、1人の人間として、病院以外の物語も紡いでいきます。夜の病院で出会った彼らの、友達でも家族でもなく、ただの同僚とも少し違う、5人の青春群像劇にもご注目下さい!

大石静脚本で、主人公が恋するヒロインと見知らぬおじさんの中身が入れ替わる前代未聞のラブコメディー。壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地(松坂桃李)は、好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会い、いい感じになり始めた矢先、彼女が事故で亡くなる。涙にくれる桃地の前におじさん・田中マサオ(井浦新)が現れる。

岡田准一、同日公開ライバルの田中圭に塩送る「昔バディを組んでいて」

田中圭主演「ヒノマルソウル」の挿入歌にMAN WITH A MISSION!「皆様ノ心ヘト届キマス様ニ」

主演の菅田将暉を筆頭に人気も実力もある若手俳優たちがメインで紡ぐ、コントをモチーフにした物語。毎回ドラマの冒頭で高岩春斗(菅田将暉)、美濃輪潤平(仲野太賀)、朝吹瞬太(神木隆之介)からなるトリオ「マクベス」が1本のショートコントを披露し、その内容が本編の物語につながる構成となる。伏線を張りながら20代後半の若者を描く青春群像劇。

2019年9月に放送されたドラマ「REAL⇔FAKE」の続編。事務所の社長・澤木田(大高洋夫)への復讐(ふくしゅう)劇から数カ月後の物語を描く。クイーンレコード所属のユニット・Stellar CROWNSは、メンバーの海外留学に合わせて活動を休止していたが、朱音(蒼井翔太)がクイーンレコードの新社長に就任し、新体制の下で活動を再開する。

波瑠が主演を務め、夜間救急専門の医師たちが奮闘する姿を描く医療ドラマ。崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、柏桜会あさひ海浜病院では夜間勤務専門の救急医チーム「ナイト・ドクター」が新設される。そこに、救急医の美月(波瑠)、成瀬(田中圭)、新(岸優太)、瞬(北村匠海)、幸保(岡崎紗絵)が集められる。

玉木宏が主演を務め、ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(2019年、日本テレビ系)を手掛けた武藤将吾が脚本を担当するオリジナルストーリー。警視庁を舞台に、警視総監というたった一つのポストを巡る壮絶な権力争い、組織内部の思惑に満ちた人間ドラマを描く警察エンタテインメントドラマ。

「このマンガがすごい!2017 オンナ編」で第2位にランクインした小西明日翔の同名漫画を高橋ひかる主演で実写化。最愛の妹・春を亡くした夏美(高橋)は、妹の婚約者・冬吾に頼み、春とのデート現場を巡る。行動を共にするにつれ、夏美は自分でも抑えきれない感情が沸き上がり、冬吾に引かれていく自分に罪悪感を覚える。

このドラマを盛り上げるべく、今をときめく素敵な5人に集まっていただきました! 波瑠さんは美月のような内に秘めた芯の強さと優しさを感じ、努力しても叶わない現実があっても、それを跳ね返し、貫き通す信念を表現していただけると思いました。田中圭さんは「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」に引き続き、ご一緒できて本当にうれしいです。成瀬という口が悪く、技術にしか興味がなく一筋縄ではいかない人物をどう表現していただけるか楽しみです。岸優太さんは深澤と似たような天然さやピュアさを合わせ持っていると思い、歳の離れている妹の優しい兄の一面と、医師としての未熟さを等身大で演じていただけると思いました。北村匠海さん演じる桜庭は、人懐っこい性格でムードメーカー的存在だが、心に“ある陰”を抱えています。明るさの中に、人には見せない諦めにも似た感情を抱える桜庭を、北村さんなら演じ分けていただけると思いました。岡崎紗絵さんは、幸保のような可愛らしさとクールさを合わせ持ち、仕事も私生活も一流でいたい勝ち気な女性を表現していただけると思いました。それぞれ個性豊かなキャラクターを、この5人ならば体現していただけると感じお願いをしました。医師として、1人の人間として、どう成長していくのか。夜の病院で戦う5人の青春群像劇、是非ご期待下さい!!

皆さん、お待たせしました!皆さんのお陰で1年2カ月ぶりに撮影を再開することができました。主演の田中圭さんをはじめ、安田顕さん、倉科カナさん、中田圭祐さん、渡辺いっけいさん、松坂慶子さんも元気に撮影に臨んでいます。皆さん1年のブランクを感じさせず、さらにパワーアップした感じがします。

原作は、2018年から連載中の三田紀房の同名漫画。阿部寛主演で2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」の続編。前作から15年後の龍山高校を舞台に、弁護士・桜木建二(阿部)が去った後、下降の一途をたどっていた同校の窮地を、再び桜木が救う姿を描く。同作は、受験制度改革に合わせて続編制作が決定したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*