2021最新 田中圭 line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 田中圭 line

同名コミックを、2019年に上野樹里主演でドラマ化した続編。法医学者の万木朝顔(上野)と、父で刑事の万木平(時任三郎)が遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出した“生きた証”が生きている人の心も救うヒューマンドラマ。また、朝顔が夫・桑原真也(風間俊介)と娘のつぐみ(加藤柚凪)と共に、母を亡くした悲しみを乗り越えていく姿を描く。

2020年に放送された「FAKE MOTION-卓球の王将-」のシーズン2で、前作から半年後が舞台。都立八王子南工業高校の土方歳鬼(板垣瑞生)を中心に、天下布武学園・織田佐之助(荒牧慶彦)らとの戦いを描く。東京vs大阪という卓球での天下分け目の決戦はもちろん、卓球を通して夢や仲間との絆を見つけ、それぞれが強くなっていく。

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』(2009年)や「絆のペダル」(2019年)など、これまでにも実話をもとにした作品に多数出演経験がある田中。今回は、日本中が見届けた金メダル獲得までの秘話とあって、130mの場所にあるスタート地点で命綱を付けた撮影やスキー練習に励むなど、事実と近づけるために気を遣ったようだ。

宮藤官九郎が脚本を手掛けるオリジナルホームドラマ。かつて人気プロレスラーだった“ブリザード寿”こと観山寿一(長瀬智也)は、けがや年齢もあり今は小規模なプロレス団体で細々と試合に出ている。ある日、寿一の元に父親・観山寿三郎が危篤との連絡が入り、寿一は20年以上ぶりに家族と再会する。

7月20日に新型コロナウイルス感染を発表した俳優・田中圭(37)。7月18日に発熱したが、7月10日夜に、20人超が参加する田中の誕生日会が開かれていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

舞台挨拶で田中は「台本を最初に読んだ時、西方さんの気持ちがどこまで正確に書かれているのかというのが一番気になったんです」と語り、西方の内面とのリンクにも気を配る。映画の冒頭、ジャンプする原田に対して、”落ちろ”と思ってしまった西方の心情といった人間くさい部分を、実際に本人に話を聞いて演じたそうだ。本作では過去に田中がさまざまなインタビューなどで語ってきた「役を演じるのではなく、役を生きる」ということが、体現されているのではと期待される。

2016年には全国ホール&アリーナツアー「ソナポケイズム JAPAN TOUR ~7th Anniversary Special~」を開催し、初のさいたまスーパーアリーナ公演2DAYSにてツアーファイナルを飾る。

主婦・こだまによる私小説を原作に、交際から約20年間、夫の性器が「入らない」ことから性行為ができない女性の半生を描く。後の夫との交際開始から結婚、そして擦れ違いをへて自分たちだけの夫婦の形を見つけ出すまでを描く。主人公・久美子役はオーディションで選出された石橋菜津美、夫・研一役は中村蒼。

香取慎吾が主演を務め、ドラマ「バイプレーヤーズ」(2017年、テレビ東京系)などを手掛けた濱谷晃一が企画したオリジナル作品。SNSの誹謗中傷問題に対応するため警視庁に新設された“指殺人対策室”を舞台に、顔の見えない犯罪者=アノニマスを捜し出すクライムサスペンス。ミステリーを通して日本の社会問題も描く。香取は捜査官の万丞渉を演じる。

水谷豊演じる風変わりな刑事・杉下右京が、相棒と共に事件を解決に導く刑事ドラマ第19弾。「土曜ワイド劇場」で“プレシーズン”作品として誕生してから20周年を迎え、今作でも右京の相棒を務めるのは反町隆史演じる冠城亘。また、おなじみのレギュラー陣に加え、森口瑤子演じる小出茉梨が小料理店のおかみとして参加。

2016年12月「ソナポケイズム THE FINAL ~7th Anniversary~」のリリース以降、2017年よりSonar Pocket第二章を掲げ、全国ツアー「Sonar Pocket JAPAN TOUR 2017 ~Reload~」を開催。メジャーデビュー10周年イヤーの2018年には、約2年半ぶりとなるオリジナルアルバム「flower」を発表。本作を引っさげ全国ツアー「Sonar Pocket 10th Anniversary Tour flower」を開催。

2018年に韓国で放送された同名ドラマが原作。理想とかけ離れた結婚生活を嘆く恐妻家の主人公が、過去にタイムスリップし、妻を入れ替えてしまうファンタジーラブストーリー。2児の父親でもある悩める夫・剣崎元春を大倉忠義、妻・澪を広瀬アリスが演じる。脚本は「救命病棟24時」シリーズ(フジテレビ系)などの橋部敦子が担当。

田中圭がスーパー司法書士という裏の顔を持つシングルファーザーを熱演。

2月に公開された『哀愁しんでれら』をはじめ、『総理の夫』や『そして、バトンは渡された』など今年も多くの出演映画が公開される田中圭。5月7日(金)には、コロナ禍のため延期となっていた主演映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』がついに封切られることになり注目を集めている。

映画の劇場公開に先駆けて、5月2日(日)にTBSチャンネル1では映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」スペシャルが放送される。田中をはじめとした出演者自身の言葉で見どころや撮影秘話も語られるので、ぜひ劇場へ足を運ぶ前にチェックしておきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*