2021最新 田中圭

2021最新 田中圭

岡田准一、同日公開ライバルの田中圭に塩送る「昔バディを組んでいて」

一年振りの撮影再開。田中圭さんはじめ、キャスト、監督、スタッフさん達との再会。やはり嬉しく、なんだかドラマのパート2が始まったような感覚です。このドラマに携わる全員の熱意により、視聴者の皆様にお届けすることができそうです。是非、ご覧ください。

広瀬すずと櫻井翔がW主演を務めるオリジナルストーリー。謎多き探偵事務所「ネメシス」で、天才的ひらめきを誇るが無鉄砲なアンナ(広瀬)と、ポンコツだが人望に厚い風真(櫻井)が、互いを助け合いながら難事件に挑む姿を描く。映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」(2017年)の入江悠が総監督を務める。

ちょっと変わり者の天才DNA科学者役の田中圭さんと、涙もろい熱血刑事役の安田顕さんのバディがとても魅力的で、演技派のお二人の芝居合戦は見ていて惹き込まれます!実は田中さんと安田さんは初共演で、この有りそうで無かった新鮮なバディは、役柄同様にまさに運命的なバディで、ドラマの最大の見どころです。

大石静脚本で、主人公が恋するヒロインと見知らぬおじさんの中身が入れ替わる前代未聞のラブコメディー。壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地(松坂桃李)は、好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会い、いい感じになり始めた矢先、彼女が事故で亡くなる。涙にくれる桃地の前におじさん・田中マサオ(井浦新)が現れる。

玉木宏が主演を務め、ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(2019年、日本テレビ系)を手掛けた武藤将吾が脚本を担当するオリジナルストーリー。警視庁を舞台に、警視総監というたった一つのポストを巡る壮絶な権力争い、組織内部の思惑に満ちた人間ドラマを描く警察エンタテインメントドラマ。

被疑者の無罪が確定した冤罪事件の再捜査を専門にする警視庁の警部補・儀藤堅忍(田中圭)。彼の仕事は、逃げた真犯人と事件の真相をあぶり出すと同時に、警察組織の失態も暴き出すことにほかならない。ゆえに、彼の相棒となる者は組織から疎まれ、出世の道も閉ざされる。そんな儀藤に付けられたあだ名は…「死神」!

原作は、2018年から連載中の三田紀房の同名漫画。阿部寛主演で2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」の続編。前作から15年後の龍山高校を舞台に、弁護士・桜木建二(阿部)が去った後、下降の一途をたどっていた同校の窮地を、再び桜木が救う姿を描く。同作は、受験制度改革に合わせて続編制作が決定したという。

皆さん、お待たせしました!皆さんのお陰で1年2カ月ぶりに撮影を再開することができました。主演の田中圭さんをはじめ、安田顕さん、倉科カナさん、中田圭祐さん、渡辺いっけいさん、松坂慶子さんも元気に撮影に臨んでいます。皆さん1年のブランクを感じさせず、さらにパワーアップした感じがします。

「このマンガがすごい!2017 オンナ編」で第2位にランクインした小西明日翔の同名漫画を高橋ひかる主演で実写化。最愛の妹・春を亡くした夏美(高橋)は、妹の婚約者・冬吾に頼み、春とのデート現場を巡る。行動を共にするにつれ、夏美は自分でも抑えきれない感情が沸き上がり、冬吾に引かれていく自分に罪悪感を覚える。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*