2021最新 田中圭2021

2021最新 田中圭2021

1969年愛知県生まれ。日本大学藝術学部を卒業後、相米慎二監督、黒木和雄監督、崔洋一監督、本広克行監督、堤幸彦監督らのもとで助監督として数多くの作品に参加。2008年『花影』で長編映画監督としてデビューする。【主な監督作品】『映画 鈴木先生』(13)、『俺物語!!』(15)、『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17)、『兄に愛されすぎて困ってます』(17)、『ニセコイ』(18)、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(19)、『初恋ロスタイム』(19)、『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』(20)、公開待機作に、『都会のトム&ソーヤ』(21年7月30日公開予定)、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』(21年8月20日公開予定)がある。

主な作品:NHKの連続テレビ小説「マッサン」(14-15)の音楽を担当後、NHK大河ドラマ「西郷どん」(18)を担当。原田眞人監督作品の『わが母の記』(12)、『日本のいちばん長い日』(15)、『関ヶ原』(17)、『検察側の罪人』(18)や『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(18/前田哲監督)、『ホテルローヤル』(20/武正晴監督)など。

神奈川県出身【主な出演作品】『おくりびと』(08/滝田洋二郎監督)、『ディア・ドクター』(09/西川美和監督)、『あなたへ』(12/降旗康男監督)、『ホテルローヤル』(20/武正晴監督)、『痛くない死に方』(21/高橋伴明監督)など。

1962 年東京都生まれ。関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。伊藤忠商事株式会社、森ビル森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年フリーのキュレーター、カルチャーライターとなる。2005年『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し、2006年作家デビュー。2012年『楽園のカンヴァス』で第25回山本周五郎賞を受賞。2017年『リーチ先生』で第36回新田次郎文学賞を受賞。ほかの著作に『本日は、お日柄もよく』『キネマの神様』『たゆたえども沈まず』など多数。また、2019年には世界遺産・清水寺で開催された展覧会「CONTACT」の総合ディレクターを務め、美術館を訪ねる番組「原田マハのCONTACT ART」(WOWOW)にレギュラー出演するなど、日本・世界各地のアートと美術館の支援を続けている。

1996年12月26日生まれ、福島県出身【主な出演作品】『フォルトゥナの瞳』(19/三木孝浩監督)、『癒しのこころみ〜自分を好きになる方法〜』(20/篠原哲雄監督)、『砕け散るところを⾒せてあげる』(21/SABU監督)、「社内マリッジハニー」(20/MBS)、「Re:名も無き世界のエンドロール 〜Half a year later〜」(21/dTV)など。

1972年3月4日生まれ、大阪府出身【主な出演作品】『七つの会議』(19/福澤克雄監督)、『小説の神様 君としか描けない物語』(20/久保茂昭監督)、「半沢直樹」シリーズ(13、20/TBS)、大河ドラマ「真田丸」(16/NHK)、「麒麟がくる」(20-21/NHK)、「レンアイ漫画家」(21/CX)など。

皆さん、お待たせしました!皆さんのお陰で1年2カ月ぶりに撮影を再開することができました。主演の田中圭さんをはじめ、安田顕さん、倉科カナさん、中田圭祐さん、渡辺いっけいさん、松坂慶子さんも元気に撮影に臨んでいます。皆さん1年のブランクを感じさせず、さらにパワーアップした感じがします。

広瀬すずと櫻井翔がW主演を務めるオリジナルストーリー。謎多き探偵事務所「ネメシス」で、天才的ひらめきを誇るが無鉄砲なアンナ(広瀬)と、ポンコツだが人望に厚い風真(櫻井)が、互いを助け合いながら難事件に挑む姿を描く。映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」(2017年)の入江悠が総監督を務める。

主な作品:『冷たい熱帯魚』(11/園子温監督)、『黄金を抱いて翔べ』(12/井筒和幸監督)、『Seventh Code』(14/黒沢清監督)、『OVER DRIVE』(18/羽住英一郎監督)、『ニセコイ』(18/河合勇人監督)、『Red』(20/三島有紀子監督)など。

1964年1月24日生まれ、大阪府出身【主な出演作品】『ロックンロール・ストリップ』(20/木下半太監督)、『事故物件 恐い間取り』(20/中田秀夫監督)、『レディ・トゥ・レディ』(20/藤澤浩和監督)、『無頼』(20/井筒和幸監督)、『大コメ騒動』(21/本木克英監督)、『裸の天使 赤い部屋』(21/窪田将治監督)など。

玉木宏が主演を務め、ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(2019年、日本テレビ系)を手掛けた武藤将吾が脚本を担当するオリジナルストーリー。警視庁を舞台に、警視総監というたった一つのポストを巡る壮絶な権力争い、組織内部の思惑に満ちた人間ドラマを描く警察エンタテインメントドラマ。

なぜ日本の総理は当たり前のように男性なのか?それをフィクションで覆してみたかった。凛子は私の理想そのもので、彼女を支える夫・日和は何があっても妻を信じ、陰ながら守り抜く。本作は政界を舞台にした、信じ合い支え合う夫婦愛の物語である。日和役の田中圭さんはお茶目でまっすぐな役柄にぴったり。凛子役の中谷美紀さんは書きながらイメージしていたのでとても嬉しい。このカップルが日本を変える、封切りの日が待ち遠しい。

ちょっと変わり者の天才DNA科学者役の田中圭さんと、涙もろい熱血刑事役の安田顕さんのバディがとても魅力的で、演技派のお二人の芝居合戦は見ていて惹き込まれます!実は田中さんと安田さんは初共演で、この有りそうで無かった新鮮なバディは、役柄同様にまさに運命的なバディで、ドラマの最大の見どころです。

岡田准一、同日公開ライバルの田中圭に塩送る「昔バディを組んでいて」

1979年3月9日生まれ、宮城県出身【主な出演作品】『47RONIN』(13/カール・リンシュ監督)、『真田十勇士』(16/堤幸彦監督)、『愛なき森で叫べ』(19/園子温監督)、「全裸監督」(19/Netflix)、「愛なき森で叫べ:Deep Cut」(20/Netflix)など。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*