2021最新 古川高晴アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 古川高晴アニメ

練習は毎日朝9時から夕方6時くらいまで。1日で400~450本の矢を射ちます。「シューティングラインを超えたときは集中していますが、それ以外ではリラックスしている」と言いますが、弓本体の重さは約2キロで、弦の張力は20キロほど。その負担が両腕にはかかっています。それが400本繰り返されることを考えれば、どれだけ集中力と体力が必要とされるかは容易に想像がつくでしょう。さらに付け加えると、ある程度の本数を射ったら、的から矢を引き抜くために、その場所まで歩きます。1日何度も往復するため、疲労も蓄積されていくはずです。それでも理想のフォームを手に入れるために、古川選手は自らと戦い続けています。

アーチェリー男子団体で武藤弘樹(24=トヨタ自動車)、古川高晴(36=近大職)、河田悠希(24=エディオン)の日本が3位決定戦でオランダをシュートオフの末、5―4で下し、銅メダルを獲得した。男子団体では五輪で初めてのメダル獲得となった。

7月12日(金)から開催されていた東京2020オリンピックに向けたテストイベント「READY STEADY TOKYO-アーチェリー」に出場した古川選手は、1年後の本番会場で大会へのイメージを膨らませていました。

アーチェリー銅メダルの古川選手の記者会見さすが。「僕を使ってどんどん面白い企画をしてください。マグロ巻きを射抜いたり、…いろいろできます。」

今年8月で35歳になる古川選手は、4大会連続オリンピック出場、銀メダリストという実績が示すとおり、日本アーチェリー界の第一人者です。長年の競技経験で培った安定したフォームが強みで、今も自らが「日本で一番練習している」と力を込めます。古川選手が目指しているのは再現性の高いフォーム。

昨日嬉しかったこと☆ありすちゃん誕生日TL!アミメンリピート放送面白かった!美月ちゃんとのミーグリ楽しかった!侍ジャパン勝利!古川アーチェリー銅メダル!柔道毎日メダル見れた!サッカーベスト4!十夢ちゃんSHOWROOM配信!亜美菜さん久々のインスタライブ!

東京オリンピック、アーチェリーの男子個人で、今大会男子団体に続いてふたつめの銅メダルを獲得した古川高晴選手。勝因にはどん底からの「修正力」がありました。

メダル獲得後、古川のメダルは「重いが、心はぴょんぴょん跳ねている感じ。ここ東京で、こんな状況の中で開催された五輪で、男子団体で初めてのメダルをこの3人で取れたのは本当にうれしいの一言」のコメントにネット上では大きな反応。
14年のアニメ「ご注文はうさぎですか?」のオープニング「Daydream cafe」の歌詞に「こころぴょんぴょん」というフレーズがあり、「心がぴょんぴょんするが東京五輪で出てきたとは驚きでしかない」「心がぴょんぴょんしているって表現可愛すぎか?」「心がぴょんぴょんで反応してしまったじゃん 仲間じゃん」「心がぴょんぴょんしてるらしい おんなじ空気感じる」「開会式でゲーム音楽とか、コメントで心がぴょんぴょんとか、さすが自国開催の東京オリンピックだ」などの声が多く寄せられていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*