2021最新 上田綺世 怪我 2021

2021最新 上田綺世 怪我 2021

上田は「順調ですとしか言えない。自分の目標にむけて順調に進めてる。本大会でもっといいパフォーマンスを出せる準備をしてるつもり」と現状を説明。初戦は7日後に迫るが「焦りはない。僕が出たいとかではなく、選んでもらってるし、今この立場で残して別メニューでやらせてもらえて感謝している。1戦目からいいパフォーマンスをできる準備をするのが大事だと思う」と語った。

東京五輪サッカー男子のU―24日本代表FW上田綺世が15日、オンライン取材に応じた。脚のつけ根付近の肉離れで別メニュー調整が続くが、本大会初戦の南アフリカ戦(22日、東京)での復活にむけて意気込みを語った。

こう語気を強めた上田はここから世界へと羽ばたくことを夢見ているはず。かつて「欧州5大リーグで活躍したい」と語ったこともあるだけに、世界のスカウトの度肝を抜くような仕事を見せつけてほしい。

若手の台頭が著しいサッカー界。EURO2020やコパ・アメリカ、そしてゴールドカップなどで…

壱岐市議会議員選挙の速報です。最終開票結果(当開票日:2021年8月1日)と、当…

東京五輪では当初はバックアップメンバーだったが、登録数が拡大されたことで本大会のメンバー入り。上田綺世の怪我もあり、スタメンに抜擢されている。

上田綺世肉離れ??
これ、ビーストがバックアップから参戦??

上田は「呼ばれてる以上はそれぞれに大きな武器がある。僕は大地くんをリスペクトしてるし、あんなに背負うのうまい選手はいない。特長を出す能力は大然くんも大地くんもすごくある。それが刺激になってる。ここに選ばれてる以上は、誰もがそのプレーで見てる人を充実させることができる力があると思う」とライバルFWへの思いを口にした。

WSD責任編集7月15日発売完全保存版
EURO2020
大会総集編
熱狂の全試合を網羅!!

思い起こせば、今から20年前の2001年。鹿島のレジェンド・柳沢敦(現ユース監督)はイタリア相手に強烈な一撃をお見舞いし、セリエA移籍を勝ち取った。果たして上田綺世は偉大な先輩と同じようなキャリアを辿れるのか…。自身の人生を左右する灼熱の夏は間近に迫っている。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*