2021最新 上田綺世 移籍

2021最新 上田綺世 移籍

こうした陣容の中、やはり注目されるのはFW争い。2019年コパアメリカ(ブラジル)とEAFF E-1選手権(釜山)にA代表として参戦し、今季J1でも2ケタゴールを達成した上田を筆頭に、1年間のポルトガル挑戦を経て今夏に横浜F・マリノスへ赴いた快足FW前田大然、ジャガー・浅野拓磨(パルチザン)の実弟・雄也(広島)、そして追加招集ながらJ1で31試合出場4ゴールというまずまずの結果を残した一美和成(横浜FC)の4人がしのぎを削っている。

ナイキの「ティエンポ」とミズノの「モレリア2」はともに、カンガルーレザー(天然皮革)のアッパーを採用している。カンガルーレザーはフィット性に優れたスパイクで、上田にとってはスパイクを選ぶ条件になっていると言えそうだ。また、上田はノーマルタンではなく、ショートタンを好んでいる。「タン」とは、足の甲部分から足首にかけてついている皮のこと。ショートタンはこの皮が短く、足首の可動がスムーズになる。上田のスパイクはこのショートタンの特注仕様となっている。

山形市9人【高校生男性1人、10代男性2人、10代女性1人、20代男性1人、20…

新シーズンに向けたメンバーに目を向けると、中堅クラスの市場価格はほとんど落ちた一方で、昨年比で約2倍の1億160万円(昨年6000万円)まで上げたエース候補のFW上田綺世を筆頭に、若手は価値を高めている選手が多い。

その上田と1年目からリーグ2位となる18ゴールを決めたFWエヴェラウド(1億9050万円)の「1億超え2トップ」が、今季もFWの軸となる。一方で、市場価格7620万円のFW伊藤翔を横浜FCへ完全移籍させたことで選手層には不安が残る。

上田綺世選手(鹿島アントラーズ)の試合が見たい方は、ダゾーン公式で見れます。気になるかたは公式ページでチェックしてみてね。

なお、長谷川は現役引退後に指導者の道へ進み、鹿島の下部組織のコーチに就任した。その時に、鹿島の下部組織に所属していた上田と関わりがある。上田は長谷川のチャントを受け継いだことについて、「指導者としてお世話になった長谷川さんのチャントを重ねてもらえてうれしい」と話している。

クラブでも日本代表でも活躍を見せる上田綺世(うえだあやせ)選手!今後の活躍がますます楽しみですね!

2021シーズンのJ1リーグがいよいよ26日に開幕する。今オフの移籍市場では各クラブが多くの選手を入れ替えたが、結果としてどのくらいの戦力を有しているのか。その一つの目安となるのが、市場価格の合計額だ。

壱岐市議会議員選挙の速報です。最終開票結果(当開票日:2021年8月1日)と、当…

上田は高校時代から長らくミズノのスパイク「モレリア2」を愛用していた。大学時代やプロ入り後も「モレリア2」を使用していたが、2019年9月頃からナイキのスパイクを着用している。9月28日のJ1第27節、コンサドーレ札幌戦でナイキの「ティエンポレジェンド7」を履いて出場。10月6日のJ1第28節、セレッソ大阪戦からは最新モデル「ティエンポレジェンド8」を着用した。

それでも今季J1で2ケタゴールをマークした上田綺世(鹿島)や今夏に1年間プレーしたポルトガルから復帰した前田大然(横浜)ら実績ある面々が顔を揃えた。

上田はヘディングと動き出しに特徴のある万能型。鹿島のザーゴ監督も「彼の得点感覚は前々から評価している」と太鼓判を押している。2019年時点では「大迫勇也(ブレーメン)の後継者候補一番手」とも評されたが、コパやE-1で決めるべきチャンスを逃し続け、世界の厳しさに直面。法政大学3年の途中でプロ入りした鹿島アントラーズでもケガや決定力不足に苦しんだ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*