2021最新 柳楽優弥両親

2021最新 柳楽優弥両親

1975年生まれ、和歌山県出身。96年にお笑い芸人としてデビュー。『岸和田少年愚連隊』(96)、『青い春』(01)に出演。『きょうのできごと a day on the planet』(03)への出演を機に俳優に転向。以降、『海炭市叙景』、『アウトレイジ』、『冷たい熱帯魚』(10)、『まほろ駅前番外地』、『さよなら渓谷』(13)、『私の男』(14)、『64-ロクヨン-前編/後編』(14、16)、『木屋町DARUMA』(15)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16)、『昼顔』、『関ケ原』、『火花』(17)、『アウトサイダー』(18)、『Fukushima50』、『劇場』、『朝が来る』(20)などに出演。待機作に、『護られなかった者たちへ』、『燃えよ剣』(21)などがある。

W主演である中島裕翔と菅田将暉が出ずっぱり。感情移入しやすい普通の青春ドラマだと思いきや、途中から急に巧みな仕掛けが……予定調和が崩れてドキドキしてくる。柳楽優弥はこの物語の要ともいえる役どころで、ここぞという時に登場するので、これまたドキドキ。フラットで静かなオーラにぐぐっと引き込まれる。

江戸から明治という大きな過渡期ゆえの物語。彼と一緒に賞金稼ぎの旅に出るアイヌ出身の若者。それが柳楽優弥。彼の陽気でバカっぽくて危うい雰囲気を持つコミカルな存在が、一種の救いであり、映像に動きを与えている。それまでの柳楽優弥とは違う魅力を発見。國村隼と佐藤浩市が対峙するシーンがみどころだ。

さらに永尾アナが“あの時に戻りたい”と思う青春の思い出について尋ねると、柳楽は、高校時代はバス通学だったそうで「もう一回バスに乗りたい」と言う。その理由について「バスに乗って、窓側の席で本を読むのに結構ハマっちゃって」と微笑んだ。

1955年生まれ、大阪府出身。1981年に井筒和幸監督作『ガキ帝国』で映画デビュー。『キル・ビルvol.1』(03)、『ミッドウェイ』(20)など海外作品でも活躍。Netflix全世界配信ドラマ『全裸監督シーズン2』(21.6/24)にも出演。近年の映画出演作は『かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発』(18)、『泣き虫しょったんの奇跡』(18)、『アルキメデスの大戦』(19)、『ステップ』(20)、『樹海村』、『騙し絵の牙』(21)など。今後は、『MINAMATA(原題)』(21年9月)、Netflix『KATE(原題)』(21)などが公開予定。韓国映画「哭声/コクソン」(17)では韓国・第37回青龍映画賞の男優助演賞と人気スタ-賞、「2016 APAN STAR AWARDS」特別俳優賞を受賞している。

柳楽さんが演じる“最強・最悪のスーパー塾講師”・黒木蔵人(くろうど)は、業界最大手の名門中学受験塾から、業績不振の中堅塾「桜花ゼミナール」に校長として迎えられたスーパー塾講師。着任早々、新小学6年生に「全員を第一志望に合格させる」と宣言。黒木は、鋭い洞察力と行動力で個々の生徒の本質を見抜き、親の不安を解決に導いていく。

井上さんは「今、このドラマを通してどのようなメッセージをお届けできるのか、教育という大きなテーマに改めて向き合い、挑んでいくことにかすかな緊張も感じております。受験生やそのご家族は、本当に大変な時期での挑戦が続くかと思いますが、この作品を通して、エールを届けられたらうれしいです。柳楽さん、加藤さんと共にいろいろな世代の方にも楽しんでいただけるドラマにしていけたらと思います」とアピールした。

それまでのイメージをガラリと変え、このショッキングな主人公を演じて絶賛された柳楽優弥。徹底した役作りで俳優としての底力を知らしめた記念すべき作品である。彼は一体どこまで行くのか、どこに行こうとしているのかが全くわからない恐ろしさと、彼に巻き込まれていくことで浮き彫りになる人間たちの醜い姿が、心につき刺さる。

柳楽優弥さんはテレビドラマ、映画に数多く出演している俳優です。

柳楽さんは「とてもドキドキしています。『二月の勝者』という作品に主演として取り組めることが、とにかく幸せです。井上さん、加藤さん、共演者の皆さんと良いチームワークを築き、素晴らしい作品をお届けしたい一心です」とコメント。「正直まだ手探りな部分がありますが、これから放送に向けて“黒木蔵人”を自分なりに完成させていきたいと思います!」と意気込みを明かした。

柳楽優弥は、蛭子能収が所属していた組長の娘の婚約者。スーツ姿にメガネというスマートな男性で、登場人物の中で唯一物腰が柔らかく、彼女に対して愛情深いように見えるが、どす黒い秘密を隠し持っているのも一目瞭然というわかりやすいキャラである。彼が取り出したスマホケースのファンシーさは、笑うところ。

なんとこのチーム、撮影中1度も相手が「柳楽優弥」だと気づかなかったらしい。

鈴木奈穂子キャスター「野望がギラギラなんですね」
8月に公開予定の日米合作映画『太陽の子』(黒崎博監督)で若き科学者を演じる柳楽さんは、弟役を演じた三浦春馬さん(故人、享年30)、幼なじみ役有村架純さん(28)の存在についてこう語る。

精神状態が不安定な母親。父の暴力。妹の不登校。そんな荒んだ家庭で暮らす高校生を演じた柳楽優弥は、伏目がちな暗い瞳が魅力的。とにかく今を何とかやり過ごすのに精一杯な彼を取り巻く人間関係が丁寧に描かれているが、どんよりした海を漂っているような気分にも。安藤サクラの活きのよさが、さりげなく救いかも。

物腰がクールなので何を考えているのかわかりにくいが、婚約を破談にしてまで彰義隊へ入隊した熱い忠誠心の持ち主を演じた柳楽優弥。彰義隊の存在理由が消滅してもなお突き進もうとする彼は、決して悲劇のヒーローではなく、信念を手放さなかった1人の若者だ。重いテーマに始終せず、淡い三角関係も盛り込まれている青春映画。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*