2021最新 柳楽優弥 父親

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 柳楽優弥 父親

2020年、7月11日にBS8Kでダイジェスト版の80分のドラマ「太陽の子 GIFT OF FIRE」が先行放送、8月15日にNHKで放送された。映画の尺は111分で、とりわけ主人公・修がある大きな決断を下すクライマックスはドラマでは描かれていない。

1945年の夏。軍の密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室の若き科学者・修(柳楽優弥)と研究員たちは原子核爆弾の研究開発を進めていた。そんな折、建物疎開で家を失った幼なじみの世津(有村架純)が修の家に居候することに。時を同じくして、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰郷し、3人は久々の再会を喜ぶ。研究に没頭するうちに、その裏側にある恐ろしい真実に葛藤する修。戦地で追った深い心の傷を垣間見せる裕之。戦後の未来を見据える世津。やがて、日本の歴史を大きく変える8月6日が訪れる。

理学部の教授で日本の原子物理学の第一人者。日本の敗色が濃くなる中、海軍の依頼で新型爆弾の開発を引き受ける。研究のかたわら学生たちの道を示す、父親のような存在でもある。アインシュタインとも交流を持ち、原子核エネルギーの秘密に迫ろうとする。

柳楽優弥さんはテレビドラマ、映画に数多く出演している俳優です。

有村架純&柳楽優弥、三浦春馬さんとの共演シーン回顧「手を握らせてもらった」

「20世紀最大の科学者」とも称される理論物理学者。相対性理論の発見で知られ、1921年ノーベル物理学賞を受賞。劇中では、物理学を志しながら自問自答を繰り返す修の心の中で対話をする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*