2021最新 柳楽優弥 身長

2021最新 柳楽優弥 身長

太平洋戦争末期に実際に海軍からの密命を受け京都帝国大学・物理学研究室が行っていた「F研究」と呼ばれる新型爆弾開発の事実を基に作られたフィクション作品。極秘任務に携わる科学者・修を、今年『ターコイズの空の下で』、『HOKUSAI』と主演作が次々に公開する柳楽優弥、修とその弟がほのかな想いを寄せる幼なじみの世津を、大ヒット公開中の『花束みたいな恋をした』に出演した有村架純、修の弟で戦地で心に傷を負った軍人・裕之を、『天外者』、『ブレイブ -群青戦記-』に出演した三浦春馬が演じる。

どんな役も難なく演じきってしまうような際立つ才能を見せる女優、蒼井優さん。そんな蒼井さんも、20代後半の頃は何となく自身に違和感を持ち…

戦況が激化し、最終局面を迎えた1945年の夏。軍から密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室で研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、「今研究しているものが完成すれば、戦争は終わる。世界を変えられる」と、託された国の未来のために情熱的に原子核爆弾の研究開発を進めていた。

4回目となる今回は、今から15年前の2004年8月に公開された『誰も知らない』。主演の柳楽優弥が史上最年少の14歳でカンヌ国際映画祭主演男優賞に輝いた本作は当時に大きな話題を集めたため、今でも鮮烈な記憶として残っているという方は多いだろう。

パイロット版と言うべきテレビドラマが2020年にNHKで放送され、大きな反響を呼んだ「太陽の子」。ドラマ版とは異なる視点と結末が加わり、本映画でついに物語が完結。時代に翻弄され、それぞれの葛藤や想いを抱え全力で生きた若者たちの、等身大の姿が描かれる。

『誰も知らない』でその名が広く知られるようになり、2018年に『万引き家族』でカンヌ国際映画祭にてパルムドール(最高賞)を受賞した是枝監督は、名実ともに世界的な映画監督となった。その是枝監督最新作『真実』が、2019年10月11日(金)より公開予定となっている。

最初のアルバイト先は車のディーラー。約10カ月間働き、合計3500台もの洗車を経験した。その後は飲食店での接客業も。
「21歳にしては常識がないまま来てしまったことに対して、コンプレックスに近いものを感じていました。でも、アルバイトのお陰で社会の常識や知識を身に着けることができたし、いろんな人と触れ合う中で、人として様々なことを学んだ気がします」
そして、俳優という仕事が心底好きなことにも改めて気づいた。
「洗車しながら『いつか必ずこの経験を俳優業で生かそう』と思ったり、ふとした瞬間に『次はこういう作品に出たい』『この表情を今度芝居で生かしたい』と思ったり。俳優という仕事のことを片時も忘れたことがなかった。もっと大切にしなくちゃと思いました」
そんな柳楽さんにこの度、舞台主演のオファーが舞い込んだ。本業で仕事が入ったことが、これほどうれしかったのは初めてのことだった。

主演・柳楽優弥、有村架純、三浦春馬の豪華共演で、”日本の原爆開発”を背景に、時代に翻弄されながらも全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』が2021年8月6日(金)に全国公開いたします。

この『誰も知らない』では、次男を演じていた子供が「ラジコンで遊んでいいよ」とだけ監督に聞かされ、そこに長男役の柳楽優弥がやってきて急に怒っため、彼は本当に怒られたのだと心配してしまい、その日ずっと柳楽優弥の背中をずっと見ていた(その日の撮影終わりには仲直りしていた)というエピソードもあったそうだ。

14歳の時、カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞。その後、相次いで映画に主演し、順調にキャリアを伸ばしてきた柳楽優弥さん。だがここ数年、メディアへの露出は…

14歳の時、カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞。
その後、相次いで映画に主演し、順調にキャリアを伸ばしてきた柳楽優弥さん。
だがここ数年、メディアへの露出は確実に減っていた。
「それは自業自得。自分の行いが仕事を減らす結果になっただけ」。
若くして栄光と挫折を味わった柳楽さんが胸中を素直に話してくれた。

やぎら・ゆうや 1990年東京都生まれ。映画『誰も知らない』でデビューし、カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞。2012年5月3日(木・祝)から公演予定の、村上春樹原作・蜷川幸雄演出の舞台「海辺のカフカ」に主演する(共演:田中裕子ほか/会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール)。

2020年4月27日、9年近く在籍したアイドルグループ乃木坂46を卒業し、現在は俳優として精力的に芝居に取り組んでいる井上小百合さん。乃木坂46時代…

その生活環境が徐々に破綻を迎えていくことは、画面の端々に写る未払いのガスや水道の請求書、小さくなっていくクレヨン、汚れていく部屋や服の様子などで痛烈に伝わるようになっている。果ては、柳楽優弥が当時に成長期であり撮影の1年間で身長が伸びて声変わりしていることも劇中の時間経過とリンクしているように見えるのだ。

強烈な目力に惹(ひ)き込まれる。だが、以前のそれとは明らかに違う。鋭いだけではなく、芯の強さと優しさが増し、より真っすぐなものを感じさせる。
柳楽優弥さんが、今の事務所に入って最初に受けたオーディションが、デビュー作となった映画『誰も知らない』だった。その演技が評価され、カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞に輝いた。当時14歳。日本人初、しかも史上最年少ということで世界を沸かせた。その後も立て続けに映画に主演。若くして一気に高みに上ってしまったわけだ。
「だからもう、天狗(てんぐ)なんてもんじゃない。わがままで生意気でした。ガキのくせして『やる意味がない』とか言って偉そうに仕事を断ったりして。それによって周りに迷惑をかけていることにも全く気づいていませんでした。10代の僕は、本当にタチが悪かった。今ここにいたら、ぶん殴ってやりたいほどです」
18歳の時に体調を崩し、一時休養したことも影響して、そのツケはしっかりまわってきた。19歳でタレントの豊田エリーさんと結婚し、長女が生まれた頃から、すっかり仕事が減ってしまったのだ。
「自業自得です。世の中そんなに甘くないぞっていうのが分かったのが、つい最近なわけです。もうちょっと早く気づけていたら、また違っていたかもしれないのですが」
とは言え、現実問題として妻と子どもがいる。男として働かずに家にいるのもどうか。そこで2010年10月から、柳楽さんはアルバイトを始めることにした。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*