2021最新 岩崎恭子ツイッター

2021最新 岩崎恭子ツイッター

◆岩崎恭子(いわさき・きょうこ)1978年7月21日、静岡県沼津市出身。1992年の日本選手権で2位となり、同年のバルセロナ五輪200メートル平泳ぎで日本競泳史上最年少となる14歳で金メダルを獲得した。96年アトランタ五輪は200メートルで10位。日大に進学し、98年に現役を引退した。1992年度ホワイトベア・スポーツ賞受賞。現在はレッスンやイベントなどを通じて水泳の普及活動を行っている。

SNS上では「誹謗中傷はよくないけど、旦那さんの場合は自業自得だと思う」「最近、出来る妻感出し過ぎ」など、矛先は妻にも向かってしまった。もちろん「ネットで散々叩かれてるけど負けてしまった原因とプライベートは別でしょ?」などの擁護の声もあるが、「結果が出なければ、そういうような状況になることは本人もわかっていたと思いますし、終わってしまったことは仕方がない」と、テレビでコメントした、バルセロナ五輪女子200メートル平泳ぎ金メダルの岩崎恭子までもが流れ弾を喰らう事態に。

瀬戸は200メートルバタフライ準決勝でも敗れ、茫然自失。インタビューでは「ちょっと、うまく泳げなかった。それでも結果を出していきたかったが、めちゃくちゃ流れが悪い」とコメントしたが、こちらも炎上している。

東京五輪期間中、デイリースポーツでは特別コラム「祭典記」を掲載する。五輪への熱い思いを寄せる6人が日替わりで登場。10回目はバルセロナ五輪女子200メートル平泳ぎ金メダリストの岩崎恭子さん(43)が、東京大会への期待や思いなどをつづった。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*