2021最新 岩崎恭子プロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 岩崎恭子プロフィール

古代から近代までのさまざまな「史書」の舞台を訪ね、歴史を掘り下げます。2020年は、完成1300年を迎えた「日本書紀」ゆかりの地を重点的に取り上げます。

◇岩崎 恭子(いわさき・きょうこ)1978年(昭53)7月21日生まれ、静岡県沼津市出身の43歳。日大三島—日大。92年バルセロナ五輪で200メートル平泳ぎに出場し、競泳史上最年少金メダリストに。96年アトランタ五輪にも出場し、98年に現役引退。02年にはJOC海外指導者研修で留学を経験。JOCでは事業広報専門委員などを歴任した。現在は日本水泳連盟で競泳委員を務めている。

岩崎さんが金メダルを獲得したのは「200m平泳ぎ」。平泳ぎの種目のなかでは最長のカテゴリだ。この泳法、距離に辿り着く過程というのは、意外なまでにシンプルなものだった。

パワーに劣る日本人選手が平泳ぎで好結果を残しているのは、パワー不足をテクニックで補っているからだという。また当時のレース映像を見るとよく分かるが、岩崎さんは追い込み型。後半に強いイメージがあるのだが、それはどのような理由からなのか。

東京五輪第4日・スケートボード(26日、有明アーバンスポーツパーク)日本最年少金メダリストが誕生!! 女子ストリートで西矢椛(もみじ、ムラサキスポーツ)が15・26点で頂点に立った。13歳10カ月での優勝は、1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎを14歳で制した岩崎恭子の日本選手最年少メダル記録を更新。25日に男子ストリートで初代王者となった堀米雄斗(22)=XFLAG=に続き、ニューヒロインが誕生した。

「国際水泳連盟が定める『女子平泳ぎ』には50m・100 m・200 mの3つがあり、私のなかで50mと100 mは短距離というイメージ。私はスピードよりも持久力に強みを持っていて、長い距離のほうがタイムのレベルが高かったので、おのずと200mの選手として選ばれるようになりました。 そもそも平泳ぎの選手になったのも、たまたまタイムが良かったからという単純な理由です。小さいころは記録会で全種目の泳法のタイムを計るのですが、どういうわけか平泳ぎだけいい記録が出たんですよね。楽に泳げるという意味ではクロールが一番好きですが(笑)。 ちなみに平泳ぎだけ『引いて・伸びて』という特殊な動きも求められるため、4泳法のなかで最も技術が必要と言われています。自由形(クロール)・背泳ぎ・バタフライは水を『掻いて』進むという部分で共通しているので、オリンピックのレベルでも自由形と背泳ぎ、自由型とバタフライといった2種目をこなす選手はいるのですが、平泳ぎの選手にはほとんどそれがありません。この事実だけを見ても、平泳ぎの特殊性が分かると思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*