2021最新 岩崎恭子中学

2021最新 岩崎恭子中学

日本人最年少金メダリストは、92年バルセロナ五輪の競泳で優勝した岩崎恭子です。大会直前に14歳になった中学2年生の快挙に日本は興奮。レース後の「今まで生きてきた中で、一番幸せです」は、この年の流行語にもなりました。

東京オリンピックの新競技、スケートボードの女子ストリートで13歳の西矢椛選手が金メダルを獲得しました。
13歳10か月での金メダル獲得で、1992年のバルセロナ大会で金メダルを獲得した競泳の岩崎恭子さんの14歳0か月を抜いて、日本選手で史上最年少のメダル獲得となりました。
また、16歳の中山楓奈選手が銅メダルを獲得しました。
スケートボードは、東京・江東区の有明アーバンスポーツパークで女子ストリートが行われ、予選の上位8人で争う決勝には、▼世界ランキング11位で16歳の中山楓奈選手が予選トップで、▼世界5位で13歳の西矢椛選手が予選2位、▼世界3位で19歳の西村碧莉選手が予選5位で日本の10代の3選手全員が決勝に進みました。
ストリートは、街なかのようなコースで行われ、▼45秒の間に何回も技を繰り出す「ラン」を2回、▼一発の大技で勝負する「ベストトリック」を5回行い、得点の高い4回の合計点で競います。
西矢選手は決勝で、2回の「ラン」を終えた時点で3位でしたが、「ベストトリック」の3回目で4.15、4回目は4.66と連続で高得点をマークして得点を伸ばし、15.26で金メダルを獲得しました。
13歳10か月での金メダル獲得で、1992年のバルセロナ大会で金メダルを獲得した競泳の岩崎恭子さんの14歳0か月を抜いて、日本選手で史上最年少のメダル獲得となりました。
また、中山選手も「ベストトリック」の2回目で5.00の高得点をあげるなど14.49をマークし、銅メダルを獲得しました。
西村選手は8位でした。
スケートボードは25日の男子ストリートの堀米雄斗選手の金メダルに続いて男女で金メダル獲得となりました。
【西矢選手“周りの励ましうれしい”】。
スケートボードの女子ストリートで、金メダルを獲得した西矢椛選手は競技が終わった直後のインタビューで「途中までは勝てないと思っていたけど、周りが励ましてくれてうれしかった。最初はそんなだったけど途中からできたと思います」と振り返りました。
また、日本選手で史上最年少となる13歳10か月での金メダル獲得となったことについて、「記録だと思うのでうれしいです」と満面の笑みを浮かべながらこたえていました。
【表彰式後“世界で有名に”】。
西矢椛選手は表彰式後のインタビューで「うれしいです。メダルはやっぱり重たいです。『ラン』でミスして焦ったけど、周りが励ましてくれて頑張れました」と振り返りました。
また、日本選手で史上最年少となる13歳10か月での金メダル獲得となったことについて、「実感がわかないですけど、うれしいです」と笑顔で話していました。
そして、今後の目標について「世界で知らない人がいないくらい有名になりたいです」と話していました。
【友達に“頑張って金メダルとったよ”】。
スケートボードの女子ストリートで金メダルを獲得した13歳の西矢椛選手は記者会見し、はじめに「うれしいです」とひと言、はにかみながら答えていました。
中学2年生の西矢選手は、学校の友達から『頑張って』、『応援してるよ』というメッセージを受け取っていたことを明かし、友達に向けて「頑張って金メダルとったよ」とメッセージを送っていました。
西矢選手は、日本選手で史上最年少のメダリストになったことの感想を尋ねられると、「年齢は関係ないと思う」と淡々と答えました。
最後に、メダルを置く場所については「自宅のリビングに飾りたい」と話し家族と過ごす場所に飾る予定だとうれしそうに話していました。
【西矢選手 松原出身の中学2年生】。
スケートボード女子ストリートで金メダルを獲得した西矢椛選手は大阪・松原市出身の中学2年生です。
13歳10か月でのオリンピックのメダル獲得は日本選手では、バルセロナ大会の競泳で金メダルを獲得した岩崎恭子さんを抜いて史上最年少です。
西矢選手は、安定した滑りと技の成功率の高さが持ち味で、おととし、小学6年生のときに出場した世界最高峰の大会「Xゲーム」のアメリカ大会でいきなり準優勝し、注目を集めました。
そして、ことし6月の世界選手権では後ろ向きのまま板の部分で滑り降りる「バックサイドリップスライド」などを決めて準優勝を果たし、東京オリンピックへの出場を確実にしました。
日本代表の西川隆監督は、西矢選手について、「シャイだけど、意外と、ものおじしないし、負けず嫌い」と評価していて、この気持ちの強さも夢の舞台という東京オリンピックで力を発揮した大きな要因となりました。
【練習拠点で喜びの声】。
東京オリンピックの新競技、スケートボードの女子ストリートで大阪・松原市出身で13歳の西矢椛選手が金メダルを獲得し、地元で練習拠点としている運動施設では喜ぶ声が聞かれました。
大阪・松原市出身の西矢椛選手は小学生のころから父親や母親に連れられて市内の運動施設、「スポーツパークまつばら」のスケートボード場で、練習をしてきたということです。
26日は施設のスタッフが事務所で中継を見守っていたということで、施設の支配人の太健二さんは、西矢選手の金メダルについて、「驚きや喜びを超えて信じられず、ことばが出なかった」と振り返っていました。
施設ではオリンピックが近づいても西矢選手に過度なプレッシャーをかけないように、「ふだんどおりに振る舞おう」とスタッフで声を掛け合っていたということで、今月(7月)中旬、西矢選手がオリンピック前に最後に練習で訪れた際も、「行ってらっしゃい」と送り出したということです。
太支配人は、「まずはおめでとうとお疲れさまという気持ちが一番ですが、こんなに身近にいる存在が東京オリンピックで金メダルを取ったということで、そこに関われたという感謝の気持ちもいっぱいです。帰ってきたら、盛大にお祝いをしてあげたいです」と話していました。
また、同じ施設でスケードボードを練習している15歳の男子高校生は「家でソファーに座って見ていたが気づいたら立ち上がり、テレビに向かって叫んでいました。序盤で失敗はしていたものの、失敗を生かして大きな成功につなげると信じていました。今度、このスケートボード場で会ったときは、『おめでとう』と声をかけたいです」と話していました。
【地元大阪では号外】。
スケートボードの女子ストリートで、大阪・松原市出身の13歳の西矢椛選手が金メダルを獲得したことを受け、大阪・阿倍野区にある近鉄の大阪阿部野橋駅で「西矢 金」と大きく書かれた新聞の号外が配られました。
号外を受け取った人たちからは喜びや驚きの声が聞かれました。
このうち、堺市の50代の会社員の男性は、「日本で史上最年少の13歳で金メダルを獲得して驚きました。きのうも、男子で金メダルを取っているのですごいことだと思います。オリンピックは中止すべきという声もありましたが、開幕したらテレビで見てしまいますし、明るいニュースばかりでうれしいです」と話していました。
中学生の孫を持つ奈良県の70代の女性は、「朝からテレビで見ていました。細い手すりを滑ったりしてすごいなと思いましたし、初めてのオリンピック出場で金メダルを獲得してすごいとしか言いようがありません」と話していました。
大阪・羽曳野市の中学1年生の女の子は、「年齢も、自分とそんなに変わらないのに金メダルを取ってすごいと思います」と話し、50代の母親は、「近くの街から金メダリストが誕生してとてもうれしいです」と話していました。
【大阪知事“すばらしい快挙”】。
スケートボードの女子ストリートで、大阪・松原市出身の13歳の西矢椛選手が金メダルを獲得したことについて大阪府の吉村知事は記者団に対し、「日本で史上最年少の金メダル獲得というすばらしい快挙を成し遂げた。元気を与えてくれてありがたいし、スケートボードの発展や西矢選手のますますの活躍を期待している」と述べました。
【松原市長“誇らしい”】。
東京オリンピックの新競技、スケートボードで13歳の西矢椛選手が金メダルを獲得したことについて西矢選手の地元、大阪・松原市の澤井市長は、「松原市初となる快挙の金メダルで誇らしく、うれしいです。お祝いの言葉を申し上げたい」と述べました。
また、国内で最年少の金メダリストになったことについて、「いろんな注目があると思うが、肩ひじ張らずにこれまでと変わらず、スケートボードを好きでいてほしい」と述べました。
【スケートボード ストリート】。
スケートボードは、オリンピックの新競技で、西矢椛選手が出場した「ストリート」という種目は、手すりや階段など街なかのようなコースで技を競います。
▼45秒間滑って複数の技を繰り出す「ラン」を2回、▼次に、ひとつの技で勝負する「ベストトリック」を5回行い、この7回の中で得点の高い4回の合計点で競います。
高さのある手すりなどをどのようなボードさばきで滑っていくかが注目のポイントです。
日本からは、金メダルを獲得した西矢選手に加え、銅メダルを獲得した中山楓奈選手、それに第一人者で、世界3位の西村碧莉選手が出場しました。

岩崎氏の友人に、オリンピックを見てアナウンサーになりたい、という夢を持ち、それを叶えた人もいるという。視野を広げてみると、オリンピックというものは、新たな経験や目標が見つかる可能性を秘めている。アスリートだけではなく、見る人の世界も広げてくれるもの。それがオリンピックなのだ。

中学2年生で金メダルを獲得し、一気に世間の注目を集めた岩崎氏。良いこともあったが、辛い思いも、イヤな思いもたくさん経験した。自分の気持ちを整理する方法が見つけられずイライラすることもあった。そんな経験が岩崎氏を文理学部心理学科に向かわせた。心理学を学ぶことで自分の心と向き合い、考えを整えることができた。

第7位 東海大学(20名) リオ五輪で金メダルの柔道のベイカー茉秋選手、平昌五輪で銅のカーリングの吉田夕梨花選手に加え、多彩な種目での受賞者がいます。

高野山といえば真言宗総本山金剛峯寺なのですが、そのお寺が明治19年(1886年)に設立した学校をルーツに持つ、共学の仏教系の学校です。生徒数118名(2020年度)と小規模な学校ですが、教員は40名と手厚く、生徒の多くが男女別の寄宿舎で生活しながら学んでいます。「特別進学」「自己探求」「スポーツ」「吹奏楽」の4つのコースに分かれた普通科と日本唯一の宗教科が設置されています。

TOKYO2020コラボ企画(勝手にこんなこと書いたらJOCが怒鳴り込んで来るのかな?先に謝っておこう。すみません。)今回は過去にメダルを獲得したオリンピック選手の大学ランキングを作ってみました。

そして、選手たちにも岩崎氏からアドバイス。

1978年7月21日生まれ。静岡県沼津市出身。2001年文理学部心理学科卒。
中学2年生でバルセロナオリンピックに出場し、女子200m平泳ぎで当時のオリンピック記録を塗り替えるタイムで、競泳史上最年少で金メダルに輝いた。過剰な注目にも苦悩しつつ自分と向き合い、その後アトランタオリンピックにも出場を果たす。
引退後は水泳レッスンや、本学で学んだ心理学を生かし、自分と同じ悩みを持つ選手や、スポーツ選手を子どもに持つ親への教育、アドバイスなどを行っている。

いよいよ、7月23日に東京オリンピックが開会式を迎える。本学水泳部学生からは6人、卒業生からは2人の選手が夢の舞台に立つこととなった。開会にあたり、本学卒業生であるオリンピックメダリストから自身の経験を通して学んだこと、そして東京オリンピックで注目したい点などを教えてもらった。
今回は、バルセロナオリンピックの女子200m平泳ぎで金メダルを獲得した岩崎恭子氏だ。

岩崎恭子氏は、14歳で出場した1992年のバルセロナオリンピック女子200m平泳ぎで金メダリストに輝いた。1996年のアトランタオリンピックにも出場し、その後引退。本学文理学部では、以前から学びたかった心理学を専攻し、卒業後はスポーツキャスターなど多方面で活躍している。

昨年9月にサンパウロで行われた世界選手権では、2人の11歳が表彰台に立ちました。ストリートのライサ・レアル(ブラジル)が銀メダル、パークのスカイ・ブラウン(英国)が銅メダル。東京大会は1年延期されましたが、それでもレアルが13歳204日、ブラウンが13歳24日で更新する可能性があります。

パワーに劣る日本人選手が平泳ぎで好結果を残しているのは、パワー不足をテクニックで補っているからだという。また当時のレース映像を見るとよく分かるが、岩崎さんは追い込み型。後半に強いイメージがあるのだが、それはどのような理由からなのか。

13歳10か月でのメダル獲得は14歳の岩崎恭子を抜いて日本最年少記録。西矢は「最新記録だと思うんですよ。それがうれしいです」と素直に喜んだ。

大阪府高槻市の高槻中学校・高等学校はついに事務棟も完成して、国道170号線に面した新しい建物がまぶしいです。2017年度から始まった男女共学もいよいよ来年度で完成年度を迎えます。さて、ここで、今までの男女比を2:1とする募集の割合を変更するという発表がなされました。合計人数の270名募集は変わりませんが、男子を20名少なくし、その分で女子の募集枠を20名増加させます。特にA日程では昨年120名募集だった男子が100名に圧縮されます(B日程は男子60名、女子30名と変更なし)ので、A日程男子は16.7%減少と影響が大きくなっています。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*