2021最新 岩崎恭子名言

2021最新 岩崎恭子名言

岩崎の指摘により、この問題はノーカウントという扱いに。日本が世界に誇る金メダリストの名言の真実が、29年ぶりに訂正された貴重な夜となった。

しかし実際は「き」が入っていなかったということで、岩崎恭子さんが収録中に訂正するというまさに歴史的瞬間があったのでした。

14歳で金メダル、本当にすごい偉業を成し遂げた岩崎恭子さんですが、その後はとても大変な日々だったと思います。
2年間の記憶がなく、「金メダルを取るんじゃなかった」と思うこともあったそう。

辛い日々を乗り越えて、岩崎恭子さんの今があるのではないでしょうか。

果たして東京2020大会では、人々の記憶に残る名言が生まれるのか。熱戦とともにアスリートら言葉も楽しみだ。

今回東京オリンピックが近づいていますが、地元の沼津市で聖火ランナーを務めるなどやはり岩崎恭子さんはオリンピックに欠かせない人になっています。

東京オリンピックでも、岩崎恭子さんは活躍されるかもしれませんね。

バルセロナ1992大会から5大会連続出場を果たした柔道女子48kg級の谷亮子さん。出場したすべての大会でメダル獲得という輝かしい実績を持つ。そんな谷さんの有名な言葉が、シドニー2000大会を前に語った目標「最高でも金、最低でも金」だ。

過去2大会はいずれも銀メダルに終わっただけに、「なんとしても金」という思いを持ちシドニーへと向かった。決勝ではわずか36秒で一本勝ちと、これまでの悔しさを晴らす圧勝に「夢のようです」と笑顔を見せた。2003年に結婚して田村から谷へと苗字が変わったことから、「田村でも金、谷でも金」を公言し、アテネ2004大会で2大会連続の金メダル獲得している。

問題自体が間違っていたので、MCの山里亮太さんも「岩崎さん、そのアスリート精神ほんと素晴らしい。今の問題なかったことになります」とおっしゃるほど。

岩崎恭子さんは中学2年生という若さで世界一となり、オリンピック金メダリストとなりました。

ですがそれでも今なお名言は語り継がれていますし、オリンピックの時期になると必ずと言っていいほど岩崎恭子さんが取り上げられますよね。

こう見ると岩崎恭子さんはとても波乱万丈の人生を送っていると想像できます。
ですが今は仕事に集中し、娘さんの成長を一番楽しみにされていることでしょう。

その後も水泳の指導者、結婚と離婚に出産と育児と、岩崎恭子さんはとてもいろんなことを経験されています。

ですがお姉さんは「恭子のせいじゃないよ」と庇っていたといい、家族にとって岩崎恭子さんの金メダル獲得はとても大きな出来事になったのだと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*