2021最新 岩崎恭子夫

2021最新 岩崎恭子夫

しかしそんな嬉しさも、数日後には岩崎恭子さんにとって重圧に変化することになったのです。

姉の敬子さんが同じ平泳ぎにおいて、ジュニアオリンピックで優勝している姿を目の当たりにしてきた岩崎恭子さん。長い間、「お姉ちゃんはすごい」という尊敬の念を持ち続けました。

しかし岩崎恭子さんも負けてはおらず、小学校6年生の時に出場した大会で日本記録を更新。早くも才能を開花させていました。

岩崎恭子さんの不倫を報道した「FLASH」によると、不倫相手の男性A氏は50代で、名の通ったPR会社の役員を務めていること、奥さんと2人の子供がいるらしいと記述されています。

しかし、一躍有名になったことで、家族にも影響が及び、苦しんだことも明かしています。そして、20歳で引退後は、指導者として活動しています。

こうして、家族の幸せを壊したという思いに駆られた岩崎恭子さんは、周囲に対して心を閉ざしてしまいました。

岩崎さんは92年バルセロナ大会、96年アトランタ大会と2度の五輪に出場して現役を引退。09年に斎藤さんと結婚していた。

後年、岩崎恭子さんは当時を振り返り「状況がよく分かっていなかったので」と、水泳を楽しむことだけを考えていたと明かしています。

その当時200mは2分31秒08という新記録を残されています。

若いエースの台頭に地元は湧いたものの、岩崎恭子さんの家族は複雑な思いだったようです。

さらに、決勝にコマを進めた岩崎恭子さんは、試合直前にお腹が空いたのでおにぎりを5つも平らげています。きっと、他の選手よりもリラックスしていたのでしょう。

1991年の中学1年の時、全国中学校水泳競技大会女子100mと200mで、2冠を達成されています。

代表選手から落ちてしまったことで、岩崎恭子さんはジュニア世代が集まる合宿に参加しました。遠征先は、奇しくも初めての海外遠征先であるサンタクララという場所でした。

そして5日、岩崎さんは自身のブログで不倫報道を認め、離婚を発表した。「2018年11月3日をもって、齊藤祐也さんとの婚姻関係を解消させて頂くことになりました。以前より両者合意の下、別居生活をしておりましたが(中略)お互いの気持ちを確認して出した結論です。メディアを通じて人に伝えるという活動をしている人間として決して許されるべきことではなく、大きな過ちを犯してしまいました。離婚協議中であったとはいえ、一人の見識のある大人として、一児の母として、大変軽率で恥ずべき行動を取ってしまったこと(中略)ひとえに私の弱さと甘さが原因だったと思っています。」(岩崎恭子さんのブログより)こうした中、夫だった齊藤さんは週刊誌の取材に対して、岩崎さんに親しい男性がいることは知らなかったと言いつつ、別居しているため、仕方がないと話したという。一方、不倫を認めた岩崎さんは今後について、自身のブログで「お相手の男性とはお付き合いを解消させて頂きました。私自身、二度とこのような過ちがないよう自らの責任を果たしていく所存です。」とコメントした。

2009年に結婚した2人の間には、2011年3月28日に1人娘が誕生しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*