2021最新 岩崎恭子 フジテレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 岩崎恭子 フジテレビ

そして5日、岩崎さんは自身のブログで不倫報道を認め、離婚を発表した。「2018年11月3日をもって、齊藤祐也さんとの婚姻関係を解消させて頂くことになりました。以前より両者合意の下、別居生活をしておりましたが(中略)お互いの気持ちを確認して出した結論です。メディアを通じて人に伝えるという活動をしている人間として決して許されるべきことではなく、大きな過ちを犯してしまいました。離婚協議中であったとはいえ、一人の見識のある大人として、一児の母として、大変軽率で恥ずべき行動を取ってしまったこと(中略)ひとえに私の弱さと甘さが原因だったと思っています。」(岩崎恭子さんのブログより)こうした中、夫だった齊藤さんは週刊誌の取材に対して、岩崎さんに親しい男性がいることは知らなかったと言いつつ、別居しているため、仕方がないと話したという。一方、不倫を認めた岩崎さんは今後について、自身のブログで「お相手の男性とはお付き合いを解消させて頂きました。私自身、二度とこのような過ちがないよう自らの責任を果たしていく所存です。」とコメントした。

“絶好調節”で巨人ファンだけでなく、幅広い層に愛された元プロ野球選手。駒沢大学卒業後、東京読売巨人軍に入団。快活な性格と人柄の良さで、人気プレーヤーとして活躍。労働組合プロ野球選手会初代委員長を務める。1989年現役選手引退。2012年~15年横浜DeNAベイスターズ監督を務めた。

今後の目標は、3年後にオリンピックで女子がのったことのないワザを決める、7年後にオリンピック優勝、20才になって敵がいないくらいうまくなる、15年後に世界で知らない人がいないぐらい有名になることだという。

岩崎さんの名が世界中に轟いたのは26年前。14歳の時に、バルセロナ五輪の200メートル平泳ぎに出場し、金メダルを獲得。14歳での金メダルは、競泳史上世界最年少の記録だった。その後、20歳で現役を引退した後は、スポーツコメンテーターやタレントとしても活躍した。こうした中で、元ラグビー日本代表・齊藤祐也さんと2009年、岩崎さんが30歳の時に結婚した。当時、雑誌の取材で、夫の齊藤さんの印象を、静かな人で真面目で純粋、いつも真剣で、だからこそ人の痛みが分かる人と話している。記事の中には、ウエディングドレスを試着する様子や見つめあいながらお姫様抱っこをされている写真も収められていた。しかし、結婚から9年後に持ち上がった不倫報道。「FLASH」によると、手を繋いでいた男性は50代の妻子ある既婚者で、有名PR会社で役員を務めているという。また、手を繋いでいた写真と同時期に撮影されたと見られる岩崎さんの写真は、黒髪で髪の長さも肩にかかるほどだが、男性との写真では明るい茶色のロングヘアー。2人は出かけるときは、カツラを着用するほどの警戒ぶりだったという。現在、岩崎さんは日本水泳連盟の競泳委員も務めているほか、オリンピック教室と題して、子ども向けの講演活動も行っている。

週末の深夜にフジテレビ系列で放送されているスポーツニュース番組。メインキャスターはフジテレビアナウンサーの宮司愛海さんと中村光宏さん。日曜日レギュラーコメンテーターとして柔道五輪3連覇の野村忠宏さんが出演しています。土曜日0時35分~1時15分、日曜日は23時15分0時30分に放送中。

2004年 アテネオリンピック女子ハンマー投日本代表に選ばれ、その後も、円盤投、ハンマー投の2種目において様々な国際舞台で活躍。2012年現役を引退。現在は、複数の大学での客員教授や各種講演活動、実践的なスポーツ指導など、多方面で活躍。

亜細亜大学卒業後、JR東日本を経て、阪神タイガース(2001年ドラフト4位)入団。入団以来5年連続盗塁王などタイトルを多数受賞。2009年ケガの影響で引退。現在は野球解説などで活躍。現役時代より取り組んでいる車椅子寄贈の活動を継続。

アーティスティックスイミング選手として、ソウルオリンピックではソロ・デュエットとも銅メダルを獲得。引退後はスポーツの発展に貢献し、2016年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の理事として招致活動を積極的に行った。また、スポーツ解説、自然や動物に関するレポーターなど、幅広く活躍している。

小学3年でサッカーを始め、名古屋のサッカー少年団で活躍。同志社大学を卒業後、Jリーグ名古屋グランパスエイトに所属。J2川崎フロンターレにてキャプテンを務め、2000年にJ1昇格に貢献。現役引退後、スポーツジャーナリストとして、テレビ出演やコラム執筆など多方面で活躍している。

柔道男子60kg級でアトランタ、シドニー、アテネで柔道史上初、また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック3連覇を達成。2013年に弘前大学大学院で医学博士号を取得。2015年に40歳で現役引退後は国内外で柔道の普及活動を行い、スポーツキャスターやコメンテーターとしても活動する。

1992年のバルセロナ五輪で金メダルに輝いた岩崎恭子(40)さんが、5日に自身の不倫を認め、離婚を発表した。6日発売の週刊誌「FLASH」が、7歳になる娘の母でもある岩崎さんの不倫を報じ、そこには、手をつなぎながら公園を歩く1組のカップルの姿が撮られていた。

スケートボード・ストリートは階段や手すりなどが配置された街中のようなコースで技を競う競技。45秒のラン2回と一発技のベストトリック5回で得点を競う。西谷選手はベストトリックの1回目、2回目と連続で転倒し後がない状態だったが、その後は空中で板を横に1回転させたあとレールに乗って滑るビッグスピンボードなどの大技を連発し見事金メダル。バルセロナ五輪平泳ぎの岩崎恭子さんが持つ日本人最年少記録14歳0カ月を塗り替える13歳10カ月での金獲得となった。女子ストリートでは西谷選手のほか、16歳の中山楓奈選手も銅メダルを獲得している。

2012年ロンドンオリンピックでは28年ぶりとなる悲願の銅メダルをもたらした知将。現役時代は、日本を代表するセッターとして長きにわたり活躍した。2016年リオデジャネイロオリンピック後に代表監督を退任し、同年12月、ヴィクトリーナ姫路(株式会社姫路ヴィクトリーナ)のゼネラルマネージャーに就任。

東京五輪の新競技、スケートボード・女子ストリート決勝が26日に行われ、13歳の西矢椛が合計15.26点を獲得して金メダルを獲得。92年バルセロナ大会、競泳女子200メートル平泳ぎの岩崎恭子さん(14歳6日)の記録を塗り替え、日本史上最年少金メダルとなった。競技後、テレビインタビューでは「最新記録だと思う。それが嬉しいです」と笑顔で語った。また16歳の中山楓奈が14.49点で銅メダルを獲得した。
【画像】ネット上でも「楽しそう」「ずっと笑顔で可愛い」と喝采! 13歳西矢が金メダルの演技後に最高の笑顔を輝かせる瞬間
決勝には西村碧莉を含めた3人の日本人選手が登場。西矢は最後の1本を残してトップに立ち、そのまま勝ちきった。中山も2位に入ったブラジルのレアウに続く得点で、表彰台に10代の日本人2人が上がった。
競技後、テレビインタビューに臨んだ西矢は「嬉しいです」と笑顔。「途中まではもう勝てないと思っていたけど、周りの人が励ましてくれた。『行けるよ』と。嬉しかったです」と振り返った。
岩崎さんの記録を塗り替える最年少金メダル。「最新記録だと思う。それが嬉しいです」と語った。競技中は失敗しても終始笑顔。「(周囲の人が)『オオ~』とか言ってくれるから、それが楽しい。やっぱ笑顔で」と語った。2007年8月30日生まれの西矢は中学2年生。19年には世界選手権準決勝進出を果たしている。

日本体育大学在学中、全日本代表選出。卒業後、松下電器産業(株)に入社、パナソニックパンサーズに所属。2004年、日本人バレーボール選手として初プロバレーボール選手に。北京オリンピックではチームを本大会へと導く。現在は。バレーボールの解説や普及活動、メディア出演等で活躍中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*