2021最新 岩崎恭子 メダル

2021最新 岩崎恭子 メダル

苦しみの中でもがき続けた岩崎さんは、それでも諦めずに4年後のアトランタ五輪に出場する。しかし、表彰台に上ることはできなかった。

2015年、フィギュアスケートソチ五輪金メダリスト羽生結弦選手は、さらに大きくなって世界中のファンを魅了することになるだろう。
アクシデント…

大会4日目の7月26日(月)、日本は連日のメダルラッシュとなった。

本人はサラッと登場したが「ノコノコと出てこられる愛ちゃんの神経にもびっくりだな」「金メダル獲得で喜び爆発しましたが、彼女の登場で一気に冷めました」など、さんざんなコメントが並ぶ。愛ちゃんの前途は多難であるーー。

柔道では、男子73kg級の大野将平がリオデジャネイロ2016大会に続く連覇を果たした。大野は初戦となった2回戦から準々決勝まで一本勝ちを収めると、準決勝と決勝は延長戦で共に技ありを奪い、優勢勝ちで2大会連続頂点に立った。また女子57kg級の芳田司は3位決定戦を制し、銅メダルを獲得している。

何が違ったのか? 岩崎さんは、金メダル後の泳ぎを振り返って、こんなふうに分析する。

98年に引退。現在は一児の母になっている岩崎さん。金メダルの光と影を懐かしそうに語った。

不倫といえば……で話が繋がるのもおかしな話だが、7月8日に台湾の卓球選手・江宏傑との離婚を発表した、卓球の元五輪メダリストの福原愛が7月26日、フジテレビの卓球中継に登場。即座に炎上した。

それは金メダルの残像か? はたまた興奮の後遺症か? 14歳の少女は、世界一という偉業に振り回される。それでも岩崎さんは言った。

「とにかく優勝したレースは気持ち良かったんです。でも、思い出す気持ち良さには、金メダルを取った喜びが後から加わっていたような気がする。増幅されたイメージを追いかけてしまった。それはもう体験することのできない快感だったはず。それを取り戻そうとしたことで、自分らしく自然に泳ぐことができなくなっていたと思うんです」

7月23日に開幕した東京オリンピックは連日、日本勢が金メダルを獲得している。

東京2020オリンピックから新競技となったスケートボートでは、前日の男子(堀米雄斗)に続き、女子ストリートでも日本勢が初代女王に輝いた。戴冠を果たしたのは13歳の西矢椛。2位で予選を突破した西矢は、決勝のトリックの3、4本目で高得点を上げ、合計15.26点をマークした。13歳330日での金メダル獲得は、バルセロナ1992大会の競泳女子200m平泳ぎで優勝した岩崎恭子さんの14歳6日を更新する、日本人史上最年少記録となった。また同種目では、16歳の中山楓奈も銅メダルを獲得した。

連覇を狙った体操男子団体は、第5種目終了時点で3位だったが、最後の鉄棒で中国を逆転。6種目合計で262.397点をマークしたものの、ROC(ロシア・オリンピック委員会)に0.103点及ばず、全4選手が初出場と若い日本は銀メダルとなった。

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボ…

「金メダリストというプレッシャーに負けないで、アトランタ五輪に出場できたことが私の誇りです。そしていろいろ悩んだことが、今の私の財産になっています」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*