2021最新 岩崎恭子 学習院

2021最新 岩崎恭子 学習院

1992年バルセロナ五輪200メートル平泳ぎ、競泳史上最年少14歳で金メダル獲得。名言として残るインタビューも相まって、一躍、時の人となった。引退後は児童の指導法を学ぶために米国へ留学し、水泳・着衣泳のレッスンやイベント出演を通して水泳の楽しさを伝える活動をしている。

今回は元ラグビー選手と結婚し、娘さんと幸せに暮らしていた岩崎恭子さんについてお伝えします。

岩崎は公園で、A氏と手をつなぎ散歩デートを楽しんでいた。ともに紺のキャップとジーンズで揃え、岩崎は金髪のカツラとサングラスで変装していたそうです。

スケートボードは東京五輪で初めて採用された新競技。西矢の13歳10カ月26日でのメダル獲得は日本代表史上最年少。これまでの記録は1992年バルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した岩崎恭子の14歳6日だった。

しかし2018年11月4日、『SmartFLASH』で伝えられた岩崎恭子さんの不倫報道を受けて、本人がブログで不倫報道を大筋認め、2018年11月3日、元旦那さんである斉藤祐也さんと離婚したことを発表しました。

岩崎恭子さんに何が起こったのでしょうか?

2001年にはサントリー単独チームで強豪ウェールズ代表を破る金星を挙げています。
2002年には、フランス1部リーグ・USコロミエに移籍。フォワードとして日本人初のプロ契約選手となりました。

2011-2012シーズン限りで現役を引退しました。

日本代表では2001年の台湾戦で初キャップを獲得し、これまでにキャップ14を獲得。

西矢は大阪府出身。兄の影響で5歳でスケートボードを始めた。2019年に世界最高峰のXゲームで準優勝。今年6月の世界選手権で2位に入り、逆転で五輪切符をつかんだ。世界ランキング5位。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*