2021最新 岩崎恭子 金

2021最新 岩崎恭子 金

岩崎さんは「10代の若い選手たちが世界でどんどん活躍していく姿には感銘を受けてます。日本のスポーツ界にとっても競技力が上がっていく原動力になると思います。元アスリートとして嬉しい限りです」とつづった。

東京五輪のスケートボード・ストリート女子決勝が26日に行われ、日本の13歳・西矢椛(もみじ、ムラサキスポーツ)が15・26点で金メダル。西矢は1992年バルセロナ五輪・競泳女子200メートル平泳ぎ金の岩崎恭子(14歳6日)を超える日本勢の史上最年少メダル獲得となった。

東京五輪の聖火リレーは24日午後も静岡県で続き、1992年バルセロナ五輪競泳の金メダリスト岩崎恭子さん(42)が、故郷の沼津市を走った。
岩崎さんは走行後のイベントで「29年前は金メダル獲得後に市内をパレードした」と思い出を披露。聖火ランナーとして凱旋できたことを「大変うれしく思う」とし、「7月23日に国立競技場で聖火が無事ともることを願っています」と締めくくった。
5人制サッカー(視覚障害)でパラリンピック出場が見込まれる田中章仁さん(43)は「こんな競技があるということを多くの人に知ってもらいたくて」リレーに参加。笑顔で焼津市を走った。

これに対し、ファンらからは「岩崎さんの記録は未来
永劫(えいごう)
更新されることはないと思っていました」「最年少金メダリスト更新。感無量でしょう」などのコメントが寄せられた。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*