2021最新 岩崎恭子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 岩崎恭子

すると岩崎は、「『今まで生きてた中で』って言った。『生きてきた中で』って言ってないの」と説明。「き」が入ってなかったという岩崎の主張にスタジオは騒然とした空気に包まれてしまった。

「この問題が違うの?」と改めて尋ねた司会の山里亮太に、岩崎は「そうなの、みんな間違えるんです」と苦笑。驚きの事実誤認に山里が「凄い瞬間に立ち会いましたね」と驚くと、同じく司会のヒロミも「今までいろんなところで間違えてるよね」と指摘した。

◆岩崎恭子(いわさき・きょうこ)1978年7月21日、静岡県沼津市出身。1992年の日本選手権で2位となり、同年のバルセロナ五輪200メートル平泳ぎで日本競泳史上最年少となる14歳で金メダルを獲得した。96年アトランタ五輪は200メートルで10位。日大に進学し、98年に現役を引退した。1992年度ホワイトベア・スポーツ賞受賞。現在はレッスンやイベントなどを通じて水泳の普及活動を行っている。

岩崎さんはこの日、自身のインスタグラムで「西矢椛選手! 金メダル獲得おめでとうございます。13歳での獲得! 本当にすごい! 巻き返し! そして堂々たる姿! とてもカッコよかったです!」と絶賛。「10代の若い選手たちが世界でどんどん活躍していく姿には感銘を受けてます。日本のスポーツ界にとっても競技力が上がっていく原動力になると思います。元アスリートとして嬉しい限りです。日本選手団のこれからの活躍も楽しみにしています!」と喜んでいた。

そんな中、アクシデントは番組終盤に起きた。当時14歳だった岩崎がバルセロナ五輪で金メダルを獲得した直後のインタビューで発した名言は何だったかを答えるクイズで、アスリートチームの解答者で、4大会連続で五輪出場した競泳の松田丈志は「今まで生きてきた中で、一番幸せです」と解答。岩崎本人は「違うの!」と不正解だとアピールしたが、スタジオには正解のチャイムが鳴り響いた。

【岩崎恭子が新規事業開始】RASCAL’sとスポーツビズがアスリート支援協同プロジェクト始動!!

7月7日に放送された「東大王 五輪直前SP」(TBS系)に、92年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダリストの岩崎恭子が出演。金メダル決定直後のインタビューでの自身の名言を訂正するというハプニングが起きた。

松田は「本人が違うって…」と戸惑いを見せ、VTRを再現したところ、「今まで生きてきた中で、一番幸せです」とテロップが流れ、実況の杉山真也アナも「岩崎さん違いましたか?」といぶかしげな面持ち。

岩崎恭子さん 瀬戸大也まさかの予選落ちに「動揺した」 ネットの厳しい声「本人も分かってたと思う」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*