2021最新 松山英樹 飛距離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021最新 松山英樹 飛距離

しかし、翌年にはきれいなマッスルバックのZフォージドアイアンが発売され、松山英樹はZ965から乗り換えています。

今回のスリクソンの新作、ZXシリーズでは、やはり「9」のマッスルバックはリリースされていませんので、恐らく、2021年にZフォージドアイアンの後継モデルがリリースされ、松山英樹も移行するのではないかと思います。

5月20日からはメジャー第四戦「全米プロゴルフ選手権」が開催されます。

海外男子メジャー「マスターズ」(2021年4月8日~11日、オーガスタ・ナショナルGC、賞金総額1150万ドル=約12億6100万円)で、松山英樹選手(29歳)が2位に1打差で逃げ切り、アジア人初のマスターズ制覇を成し遂げました。優勝賞金の207万ドル(約2億2700万円)を獲得し、賞金ランキングは大会前の37位から4位にランクプアップしています。

初出場した2011年の「マスターズ」から今大会でちょうど10回目の挑戦で、アジア人史上初となるマスターズを制しました。

以前からマッスルバックを使っていて、2018年にリリースのZ85シリーズでは「9」のモデル、つまりマッスルバックが発売されませんでした。

ユーティリティは、フェアウェイウッドと同じくテーラーメイドのものを使っています。以前は、恐らくテーラーメイドとしては予想外にマキロイらが使い始めたSIM MAXレスキューを松山英樹も使っていました。

【次ページ】 今年こそ「強い松山」が戻ってくる?

セッティング面では、アイアンでPWを入れていますが、52、56、60°の3本のウェッジを入れているところが、松山英樹プロの特徴的なところです。

松山選手は4月13日に帰国し、2週間の自主隔離期間を含めてオフに入り、PGAツアー参戦は、5月6日開幕の「ウェルズ・ファーゴ選手権」、13日開幕の「AT&Tバイロン・ネルソン」辺りを予定しているようです。

その後は、SIM2レスキューを使っているという情報がありましたが、マスターズで採用したのは、SIM UDIです。中空のアイアン型ユーティリティで、番手はロフト角20°の3番です。

松山選手の「マスターズ」初出場は東日本大震災の年「マスターズ2011」。当時大学2年でアジア人史上初となるローアマチュアを獲得。その後、2014年に米国に拠点を移し、PGAツアー初勝利は22歳。日本人では最年少の勝利を飾っています。

2020年10月発売。 剛性の高いエリアと低いエリアを交互に配置した4層構造「REBOUND FRAME」により、大きなたわみを生み出し反発性能が大幅に向上。前モデル「Z585」ドライバーに比べ高反発エリアが111%広がり、驚異の飛びとやさしさを実現。 まっすぐ引きやすい、ややとがった後方の形状と目標方向に合わせやすいフェースライン、ボールが上がりやすいシャローバック形状で、しっかりボールがつかまり高弾道と直線的なイメージで、やさしさと飛距離を両立させたドライバーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*