2021年令和3年 川口春奈ドラマ

2021年令和3年 川口春奈ドラマ

川口春奈、バレンタインデーにチョコ作りを計画! 本命チョコは「ないですかね」

MBS/TBSドラマイズム枠にて「都立水商!」(室積光著、小学館)を実写ドラマ化することが決定!
原作は、2001年に小学館で刊行された小説。猪熊しのぶ作画で漫画化もされ、250万部を超えるベストセラーとなった。舞台は、東京・新宿歌舞伎町にたたずむ、都立高校。その名も「東京都立水商業高等学校」略して「都立水商」。水商売を目指す生徒達のために、水商売のイロハを教える都立高校があったら…。という架空の設定で描かれた本作は、その斬新な設定と、知られざる水商売の裏側を通じた濃厚な人間ドラマから、連載当時から大きな人気を博している。
そしてこの度、竜星涼主演で実写ドラマ化!元号発表を経てドラマ版タイトルを「都立水商!~令和~」とし、現代の世相と水商売のシステムを反映させた完全オリジナルストーリー&オリジナルキャラクターで、新感覚・本格学園ドラマとして描いていく。
「獣電戦隊キョウリュウジャー」での主演以来俳優として大きな飛躍を続け、最近では「アンナチュラル」(TBS)「昭和元禄落語心中」(NHK)「メゾンドポリス」(TBS)など幅広い役柄で話題を呼びカメレオン俳優との呼び声が高い、俳優・竜星涼。竜星がこの度演じるのは、都立水商に社会科教師として着任し、生徒が抱える様々なトラブルに巻き込まれていく主人公・石綿直樹(いしわたなおき)。就活に焦っていた直樹は、彼女のため、「先生」の肩書欲しさにとりあえずネットで見つけた高校に応募。そして就職後初めて、「水商」が水商売の高校だと知る。
社会人一年目、水商売はおろか教師の右も左もわからない彼が、生徒達とどう向き合い、成長を遂げていくのか。甘くはない「夜の世界」に、様々なバックグラウンドを持って飛び込んでいく生徒達と、彼らに寄り添う新米教師・直樹が織りなす熱く濃い人間ドラマが大きな見ものとなっている。
また、この度メガホンをとるのは現在高橋一生×川口春奈W主演『九月の恋と出会うまで』が公開中の山本透監督。
教師や生徒一人ひとりのバックグラウンドに寄り添い、オリジナルキャラクターをキャストと丁寧に作り上げた。彼らが展開する「激アツの人間ドラマ」に乞うご期待!

川口は投稿した写真と共に「密かに撮影してました 教場IIもよろしくお願いします。私も楽しみ」とコメント。前作『教場』に引き続き、来年1月3、4日に放送される『教場II』(フジテレビ系)への出演を告知した。同ドラマには川口のほかにも工藤阿須加、葵わかな、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平の“198期生”たちが前作に引き続いて登場することも発表されている。前作ではショートカット姿が話題となった川口。今回も同じ髪型で出演することになり、コメント欄は《かわいい!》《楽しみ!》といった女性フォロワーの声も続出している。

川口春奈“ソバージュ川口”に反響 女優の川口春奈(23歳)が8月30日、自身のInstagramで、“ソバージュ川口”になった姿を披露している。川口はこの日、「今日からソバージュ川口よろしくお願いします。」とのコメントと写真を投稿。こ…

川口春奈が、4月スタートの火曜ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)で主演を務めることがわかった。相手役は、横浜流星が務めるという。「『着飾る恋~』は、キレイに着飾ることで自分の居場所を得てい…

2021年1月31日(日)に放送された大河ドラマ『麒麟がくる』第43話。帰蝶(川口春奈)が明智光秀(長谷川博己)にとんでもない助言を与え、視聴者から「さすが斎…

横浜流星&川口春奈の火10新ドラ『着飾る恋』発表も…“斜め上悪評”爆弾!

女優の川口春奈(21歳)が、“10thアニバーサリーイヤー”企画として、第1弾「川口春奈CALENDAR2017(仮)」(2月10日発売/2,500円)、第2弾「川口春奈写真集『restart』」(3…

着飾ることで居場所を得ていた真柴くるみ(川口春奈)が、自分らしく生きる姿を描くラブストーリー。インテリアメーカーの広報として働くくるみは、契約更新を忘れて部屋を追い出される。友達の計らいでくるみが行き着いたのは、ミニマリスト・藤野駿(横浜流星)ら、既成概念を覆す人々とのルームシェアだった。

女優の川口春奈が11月26日、インスタグラムを更新。ショートカットの警官制服姿を披露した。

川口春奈、警察官の制服姿で自撮り公開!「教場Ⅱ」出演も決定!!

本年度「アクターズセミナー2020」は、残念ながらコロナ禍により開催を中止させていただきました。近年「ndjc若手監督作家育成プロジェクト」とのコラボにより多くの応募があり、リモートでの開催も検討しましたが、プロデューサー協会開催ならではのワークショップでの指導や現役プロデューサーとの直接対話が出来ないのであれば本年度は中止したほうがよいと判断させて頂きました。来年は、是非とも開催したいと考えていますので、協会員皆様の温かいご支援ご協力をお願い申し上げます。

2021年令和3年 川口春奈横浜流星

2021年令和3年 川口春奈横浜流星

休日の過ごし方について川口から「何やってるの普段?」と尋ねられると、横浜は「次の作品の台本を読んだり、ドラマ、映画を観たり。あとは壁を見てたりとか」と答えた。

川口が「壁を見てるっていうのはどういうこと?」と疑問を投げかけると、横浜は「変だなと思われるけどやってみてほしい。色々と考えすぎるとそれを無にしたくなる時ありません? 精神統一、瞑想みたいな感じで壁を見て」と説明。

川口さんはインテリアメーカーの広報として活躍する“着飾る女”真柴くるみ、横浜さんは真柴とひょんなことから一つ屋根の下で暮らすことになるシンプルを追求する“ミニマリスト男”藤野駿を演じる。

「【川口春奈×横浜流星】緊急生配信!」と題して生配信を行った川口と横浜。2人は、4月期のTBS系火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(毎週火曜22:00~22:57)で共演する。

そして、「ほんとに冗談抜きで朝から夜まで見てる日があった。その時はさすがに時間無駄にしたなっていうのがあったけど(笑)」と横浜が明かすと、川口は「マジで!?」と目を丸くし、「ねぇ、心配よ。何かあったら言ってね…」と気づかっていた。

川口さん、横浜さんらのコメントは以下の通り。

女優の川口春奈、俳優の横浜流星が、4月スタートのTBS系新ドラマ『着飾る恋には理由があって』(毎週火曜 後10:00)に出演することが2月28日、発表された。川口は、同枠ドラマに初出演・初主演を飾り、横浜は、『初めて恋をした日に読む話』以来、2年ぶりの“凱旋”となる。

川口さんは「出演が決まった時は純粋にうれしくて、みんなで一緒にルームシェアするシーンを想像して、撮影が楽しみだなと思いました。横浜さんとは3年ぶりぐらいにお会いするのですが、その時とは違ってお互い年も重ねて、ちょっと大人な感じのラブストーリーをやれることが感慨深いです」とコメント。

女優の川口春奈さんが、4月からTBSの火曜ドラマ枠(火曜午後10時)で放送される連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」で主演を務めることが2月28日、明らかになった。また、俳優の横浜流星さんの出演も発表された。本作は2月16日にドラマ情報が解禁されたが出演者は明かされておらず、28日にドラマ公式SNSで生配信されていた番組内で発表された。

川口春奈が4月スタートのTBS火曜ドラマ「着飾る恋には理由があって」に主演。横浜流星が「初めて恋をした日に読む話」以来2年ぶりに同枠に出演することが発表された。

女優の川口春奈が2月28日、公式YouTubeチャンネル「川口春奈オフィシャル はーちゃんねる」で生配信を実施。ゲストとして登場した横浜流星の行動に驚いた。

2021年令和3年 川口春奈 インスタ

2021年令和3年 川口春奈 インスタ

女優の川口春奈が11月26日、インスタグラムを更新。ショートカットの警官制服姿を披露した。

川口春奈、警察官の制服姿で自撮り公開!「教場Ⅱ」出演も決定!!

山下智久さんが、昨日2/28(日)オフィシャルファンクラブ「Club9」を開設。
また開設を記念してインスタライブを行った。
退所後初のインスタライブで、肉声を心待ちにしていた多くのファン。
「こんばんは。ごぶさたしております。山下智久です。みなさんお元気でしょうか?」
とはじまり、ファンクラブを開設した理由。
・・・とその前に”ほんとにほんとにありがとう”と感謝の言葉のあと「僕自身、孤独を感じたり…そんな中、応援してくださっているみなさんとつながれるような場所を作りたい」
そう思った。
ここからたくさんアップデートしていきたい。
又、今後の活動についても、演技、そして、コンサート。
また、”近々にファンクラブイベントを”という言葉も飛び出した。
さらに海外のファンに向けても英語でコメント。
海外用のFCも用意しているという。
時折、口にした飲み物にすかさず”何飲んでるの?”のコメント。
時差はありつつも、”コーヒー飲んでます”とかえした。
最後は”見てくれてありがとう、またね”
と手を振って幕を閉じた。
インスタライブ生配信は、約12万人が視聴、インスタストーリーの再生回数は6万を突破。
そして、動画配信を終えてまもなく、ストーリーに”Thank you for the love
いつもありがとう。
see you soon.”
と更新した。
今後の活躍が楽しみですね。

川口は投稿した写真と共に「密かに撮影してました 教場IIもよろしくお願いします。私も楽しみ」とコメント。前作『教場』に引き続き、来年1月3、4日に放送される『教場II』(フジテレビ系)への出演を告知した。同ドラマには川口のほかにも工藤阿須加、葵わかな、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平の“198期生”たちが前作に引き続いて登場することも発表されている。前作ではショートカット姿が話題となった川口。今回も同じ髪型で出演することになり、コメント欄は《かわいい!》《楽しみ!》といった女性フォロワーの声も続出している。

2021年令和3年 赤い公園津野死因

2021年令和3年 赤い公園津野死因

ドラムの歌川菜穂は「2010年に結成して11年、沢山の出会いと別れがあり、その度に全力で向き合い、何度も何度も変化しながら、『バンド最高!』その気持ちだけを持って突っ走ってきました。しかし、米咲が遠くに行ってしまって、私たちが次に進もうとした時、それは「赤い公園」という形じゃないのではないか?と感じました。そしてやっぱり、みんなにとっての赤い公園は、そこに米咲がいる赤い公園であって欲しい。赤い公園は「赤い公園」を大切にするために、解散の決断をしました」と解散の理由をつづった。

その上で「出入り自由な赤い公園なので、みんながこれからも思い思いに過ごしてくれたらいいな。みんなでワイワイ遊んでもいいし、コーヒー持って一息ついてもいい。失恋したら1人で泣きに来ればいいし、子供が生まれたら家族でも来て欲しい。そんな、みんなの公園になるといいな、と思ってます。11年間、本当にありがとうございました。5月28日の中野サンプラザ公演まで爆走して参りますので、どうぞよろしくお願い致します」(コメントは原文のまま)とファンに思いをつづった。

解散の理由として「津野米咲がいない“赤い公園”は、もはや違うものになってしまうのではないか」と、20年10月にリーダー津野米咲(つの・まいさ)さん(享年29)が亡くなったことを挙げた。

女性ロックバンド「赤い公園」が1日、公式サイトで、5月28日に東京・中野サンプラザで開催するワンマンライブをもって解散すると発表した。
【写真】津野米咲さん、SMAPに楽曲提供時「幸せだった」
解散の理由として、20年10月にメンバー津野米咲(つの・まいさ)さん(享年29)が亡くなったことを挙げた。
「昨年10月末より、今後の赤い公園について、メンバー・スタッフ間で話し合いを重ねて参りました。3人での活動、サポートメンバーを入れての活動など、今後の赤い公園にむけて様々な考えを巡らせてきましたが、『津野米咲がいない“赤い公園”は、もはや違うものになってしまうのではないか』という想いが大きくなり、その結果、メンバー3人が赤い公園での経験を糧に、それぞれの新たな道へ進んでいくこととなりました」(コメントは原文のまま)
ボーカルの石野理子は「このようなお知らせとなってしまい、胸が痛みます。私が赤い公園にいた期間は長くはありませんが、それぞれが自身と、そして赤い公園と向き合い、話し合った結果、この活動に終止符を打つという決断に至りました」とコメント。「まいささんと一緒に作り上げてきた大切な音楽が、赤い公園というバンド名の通り、沢山の人が触れることのできる場所に残っていくことを願っていますので、これからも聴いて下さると嬉しいです」と続けた。その上で「最後に、メンバーは別々の道へ進むことになりますが、赤い公園として、最後の最後まで真剣に楽しく音楽と向き合う、その姿を見守って頂ければと思います」とつづった。
津野さんは20年10月18日午前9時ごろ、東京・杉並区の住宅でぐったりしているのを関係者が見つけ、119番通報したが、搬送先の病院で死亡が確認されたという。

その上で「ですが、面白いメンバーと活動してきたからか、真っ暗な深海にワクワクするような人間になってしまいました。宝物と思える日々を共に過ごしてこれたから、きっとこの先も大丈夫な気がしています。どんな時もただそこにあり続け、どんな人でも受け入れてくれる公園みたいな存在に、私達の音楽もなれていたら嬉しいです。赤い公園にいつでも遊びに来てね。今まで本当にありがとうございました。中野サンプラザでのライブ、最後の一音までしっかりお届け致します。お楽しみに!」と呼び掛けた。

バンドはボーカル&キーボードの佐藤千明(現チアキ)が17年8月に脱退し、ボーカル石野理子が18年5月に加入とメンバーの入れ替えがあった。歌川は「ちーちゃんとの4人、ひかり米咲私の3人、理子が入ってまた4人、どれも赤い公園で、どれも大切な時間。変わることは怖いことじゃないと思うんです。何かが終われば、また新しい何かが始まるということ。私たちはそれぞれの道で、また新たな人生を始めてみます」とつづった。

2021年令和3年 赤い公園立川

2021年令和3年 赤い公園立川

赤い公園メンバーは「赤い公園が生まれた地で大事なシングルの発売イベントライブをさせていただくのは、どこでやるよりも気が引き締まる思い。お父さん、お母さん、一緒に切磋琢磨(せっさたくま)した盟友たち、赤い公園の勝負の門出を見にきてください。娘たちは旅立ちます。本気(マジ)で立川!」と地元に向けメッセージを寄せる。

今回のライブは、今年1月からフジテレビ系列で放映中のドラマ「ロストデイズ」の主題歌「絶対的な関係」を収録するシングル「絶対的な関係/きっかけ/遠く遠く」が3月12日に発売されたことを記念して企画された。立川でのライブ開催の理由について赤い公園メンバーは「久々に立川に帰りたいと思った。初心に戻り、赤い公園を育ててくれた地元立川でライブをしたかった」と語る。

2021年令和3年 赤い公園津野

2021年令和3年 赤い公園津野

その上で「ですが、面白いメンバーと活動してきたからか、真っ暗な深海にワクワクするような人間になってしまいました。宝物と思える日々を共に過ごしてこれたから、きっとこの先も大丈夫な気がしています。どんな時もただそこにあり続け、どんな人でも受け入れてくれる公園みたいな存在に、私達の音楽もなれていたら嬉しいです。赤い公園にいつでも遊びに来てね。今まで本当にありがとうございました。中野サンプラザでのライブ、最後の一音までしっかりお届け致します。お楽しみに!」と呼び掛けた。

その上で「出入り自由な赤い公園なので、みんながこれからも思い思いに過ごしてくれたらいいな。みんなでワイワイ遊んでもいいし、コーヒー持って一息ついてもいい。失恋したら1人で泣きに来ればいいし、子供が生まれたら家族でも来て欲しい。そんな、みんなの公園になるといいな、と思ってます。11年間、本当にありがとうございました。5月28日の中野サンプラザ公演まで爆走して参りますので、どうぞよろしくお願い致します」(コメントは原文のまま)とファンに思いをつづった。

解散の理由として「津野米咲がいない“赤い公園”は、もはや違うものになってしまうのではないか」と、20年10月にリーダー津野米咲(つの・まいさ)さん(享年29)が亡くなったことを挙げた。

ドラムの歌川菜穂は「2010年に結成して11年、沢山の出会いと別れがあり、その度に全力で向き合い、何度も何度も変化しながら、『バンド最高!』その気持ちだけを持って突っ走ってきました。しかし、米咲が遠くに行ってしまって、私たちが次に進もうとした時、それは「赤い公園」という形じゃないのではないか?と感じました。そしてやっぱり、みんなにとっての赤い公園は、そこに米咲がいる赤い公園であって欲しい。赤い公園は「赤い公園」を大切にするために、解散の決断をしました」と解散の理由をつづった。

バンドはボーカル&キーボードの佐藤千明(現チアキ)が17年8月に脱退し、ボーカル石野理子が18年5月に加入とメンバーの入れ替えがあった。歌川は「ちーちゃんとの4人、ひかり米咲私の3人、理子が入ってまた4人、どれも赤い公園で、どれも大切な時間。変わることは怖いことじゃないと思うんです。何かが終われば、また新しい何かが始まるということ。私たちはそれぞれの道で、また新たな人生を始めてみます」とつづった。

赤い公園、5・28ライブをもって解散「津野米咲がいない『赤い公園』は、違うものになってしまう」

2021年令和3年 赤い公園高校

2021年令和3年 赤い公園高校

女性ロックバンド・赤い公園が、5月28日の東京・中野サンプラザでのワンマンライブをもって解散することを1日、公式サイトで発表した。■赤い公園の主な記事&作品一覧
昨年10月より、今後の活動について「メンバー・スタッフ間で話し合いを重ねて参りました。3人での活動、サポートメンバーを入れての活動など、今後の赤い公園にむけて様々な考えを巡らせてきましたが、『津野米咲がいない“赤い公園”は、もはや違うものになってしまうのではないか』という想いが大きくなり、その結果、メンバー3人が赤い公園での経験を糧に、それぞれの新たな道へ進んでいくこととなりました」と解散理由を説明した。
3人のメンバーもコメントを発表。ボーカルの石野理子は「メンバーは別々の道へ進むことになりますが、赤い公園として、最後の最後まで真剣に楽しく音楽と向き合う、その姿を見守って頂ければと思います」と呼びかけた。
ベースの藤本ひかりは「米咲のいない3人の船を漕いでみたい気持ちもありながら、不安の海に飲み込まれてしまったのが正直なところです。ですが、面白いメンバーと活動してきたからか、真っ暗な深海にワクワクするような人間になってしまいました。宝物と思える日々を共に過ごしてこれたから、きっとこの先も大丈夫な気がしています」と今後を見据える。
ドラムの歌川菜穂も「米咲が遠くに行ってしまって、私たちが次に進もうとした時、それは『赤い公園』という形じゃないのではないか?と感じました。そしてやっぱり、みんなにとっての赤い公園は、そこに米咲がいる赤い公園であって欲しい。赤い公園は『赤い公園』を大切にするために、解散の決断をしました」と心境を伝えた。
赤い公園は2010年1月結成、2012年2月にメジャーデビュー。ギターで楽曲の作詞・作曲を担当していた津野米咲さんが、昨年10月に亡くなった。その後、石野、藤本、歌川の3人は、津野さんと親交の深かったBase Ball Bearの小出祐介をサポートメンバーに迎え、昨年末に開催予定だったロックフェス『COUNTDOWN JAPAN 20/21』に出演することを発表していた(新型コロナウイルスの感染拡大防止の為イベントは中止に)。

2021年令和3年 赤い公園メンバー

2021年令和3年 赤い公園メンバー

女性ロックバンド・赤い公園が、5月28日の東京・中野サンプラザでのワンマンライブをもって解散することを1日、公式サイトで発表した。■赤い公園の主な記事&作品一覧
昨年10月より、今後の活動について「メンバー・スタッフ間で話し合いを重ねて参りました。3人での活動、サポートメンバーを入れての活動など、今後の赤い公園にむけて様々な考えを巡らせてきましたが、『津野米咲がいない“赤い公園”は、もはや違うものになってしまうのではないか』という想いが大きくなり、その結果、メンバー3人が赤い公園での経験を糧に、それぞれの新たな道へ進んでいくこととなりました」と解散理由を説明した。
3人のメンバーもコメントを発表。ボーカルの石野理子は「メンバーは別々の道へ進むことになりますが、赤い公園として、最後の最後まで真剣に楽しく音楽と向き合う、その姿を見守って頂ければと思います」と呼びかけた。
ベースの藤本ひかりは「米咲のいない3人の船を漕いでみたい気持ちもありながら、不安の海に飲み込まれてしまったのが正直なところです。ですが、面白いメンバーと活動してきたからか、真っ暗な深海にワクワクするような人間になってしまいました。宝物と思える日々を共に過ごしてこれたから、きっとこの先も大丈夫な気がしています」と今後を見据える。
ドラムの歌川菜穂も「米咲が遠くに行ってしまって、私たちが次に進もうとした時、それは『赤い公園』という形じゃないのではないか?と感じました。そしてやっぱり、みんなにとっての赤い公園は、そこに米咲がいる赤い公園であって欲しい。赤い公園は『赤い公園』を大切にするために、解散の決断をしました」と心境を伝えた。
赤い公園は2010年1月結成、2012年2月にメジャーデビュー。ギターで楽曲の作詞・作曲を担当していた津野米咲さんが、昨年10月に亡くなった。その後、石野、藤本、歌川の3人は、津野さんと親交の深かったBase Ball Bearの小出祐介をサポートメンバーに迎え、昨年末に開催予定だったロックフェス『COUNTDOWN JAPAN 20/21』に出演することを発表していた(新型コロナウイルスの感染拡大防止の為イベントは中止に)。

現地では大町区、緑町区、新七区の被災3区の子どもらで構成する「駅北火の用心夜回り隊」が、赤い法被を身にまとい、拍子木を打ち鳴らしながら町内を練り歩いて“火の用心”を呼びかけました。駅北大火の翌年から毎年実施しています。午後5時30分に緑町会館をスタートした一行は駅北地区の雁木通りや路地などを巡回。各所で立ち止まり「火の用心 出かける前に 火の確認」などと大声を発し、火災予防を呼びかけました。

女性ロックバンド「赤い公園」が1日、公式サイトを更新し、5月28日に東京・中野サンプラザで行われるワンマンライブで解散することを発表した。
【写真】2014年当時の「赤い公園」
「関係者の皆さまへ 大切なお知らせ」として「いつも赤い公園を応援していただき、誠にありがとうございます。突然のお知らせとなってしまい申し訳ございません。この度、赤い公園は、2021年5月28日(金)中野サンプラザで開催いたしますワンマンライブをもって解散することとなりました。昨年10月末より、今後の赤い公園について、メンバー・スタッフ間で話し合いを重ねて参りました。3人での活動、サポートメンバーを入れての活動など、今後の赤い公園にむけて様々な考えを巡らせてきましたが、『津野米咲がいない“赤い公園”は、もはや違うものになってしまうのではないか』という想いが大きくなり、その結果、メンバー3人が赤い公園での経験を糧に、それぞれの新たな道へ進んでいくこととなりました」発表したもの。
昨年10月18日にメンバーの津野米咲(つの・まいさ)さんが急死。津野さんはバンドでリーダーを務め、ギターのほか、全曲の作詞、作曲、プロデュースを担当し、中心メンバーとして活躍。バンドの活動以外にも、SMAP「JOY」など他アーティストへの楽曲提供も多く行っていた。
メンバーのコメント
▼石野理子 この度、2021年5月28日(金)中野サンプラザにて行われるライブをもって、赤い公園は解散します。このようなお知らせとなってしまい、胸が痛みます。私が赤い公園にいた期間は長くはありませんが、それぞれが自身と、そして赤い公園と向き合い、話し合った結果、この活動に終止符を打つという決断に至りました。まいささんと一緒に作り上げてきた大切な音楽が、赤い公園というバンド名の通り、沢山の人が触れることのできる場所に残っていくことを願っていますので、これからも聴いて下さると嬉しいです。最後に、メンバーは別々の道へ進むことになりますが、赤い公園として、最後の最後まで真剣に楽しく音楽と向き合う、その姿を見守って頂ければと思います。▼藤本ひかり 5月の中野サンプラザでのライブをもって、赤い公園は解散致します。東京の端っこにある高校の視聴覚室で始まった、普通の高校生のバンドが11年間、音を鳴らせたこと、聴いてもらえたこと、本当に幸せなことだと感じています。米咲のいない3人の船を漕いでみたい気持ちもありながら、不安の海に飲み込まれてしまったのが正直なところです。ですが、面白いメンバーと活動してきたからか、真っ暗な深海にワクワクするような人間になってしまいました。宝物と思える日々を共に過ごしてこれたから、きっとこの先も大丈夫な気がしています。どんな時もただそこにあり続け、どんな人でも受け入れてくれる公園みたいな存在に、私達の音楽もなれていたら嬉しいです。赤い公園にいつでも遊びに来てね。今まで本当にありがとうございました。中野サンプラザでのライブ、最後の一音までしっかりお届け致します。お楽しみに!▼歌川菜穂 2021年5月28日のライブをもって、赤い公園は解散します。2010年に結成して11年、沢山の出会いと別れがあり、その度に全力で向き合い、何度も何度も変化しながら、「バンド最高!」その気持ちだけを持って突っ走ってきました。しかし、米咲が遠くに行ってしまって、私たちが次に進もうとした時、それは「赤い公園」という形じゃないのではないか?と感じました。そしてやっぱり、みんなにとっての赤い公園は、そこに米咲がいる赤い公園であって欲しい。赤い公園は「赤い公園」を大切にするために、解散の決断をしました。ちーちゃんとの4人、ひかり米咲私の3人、理子が入ってまた4人、どれも赤い公園で、どれも大切な時間。変わることは怖いことじゃないと思うんです。何かが終われば、また新しい何かが始まるということ。私たちはそれぞれの道で、また新たな人生を始めてみます。出入り自由な赤い公園なので、みんながこれからも思い思いに過ごしてくれたらいいな。みんなでワイワイ遊んでもいいし、コーヒー持って一息ついてもいい。失恋したら1人で泣きに来ればいいし、子供が生まれたら家族でも来て欲しい。そんな、みんなの公園になるといいな、と思ってます。11年間、本当にありがとうございました。5月28日の中野サンプラザ公演まで爆走して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

2021年令和3年 赤い公園ボーカル

2021年令和3年 赤い公園ボーカル

谷口鮪(KANA-BOON)と津野米咲(赤い公園)がユニット”wasabi(谷口鮪×津野米咲)”を結成。リモートで制作された楽曲「sweet seep sleep」が、5/26(火)放送のJ-WAVE「SONAR MUSIC」で初オンエア!

とにもかくにも、今の我々に出来ることは、これから先の赤い公園の行く末を見守ることと、津野米咲という天才が居たという事実をこれからも忘れずにいることくらいだ。

女性ロックバンド・赤い公園が、5月28日の東京・中野サンプラザでのワンマンライブをもって解散することを1日、公式サイトで発表した。■赤い公園の主な記事&作品一覧
昨年10月より、今後の活動について「メンバー・スタッフ間で話し合いを重ねて参りました。3人での活動、サポートメンバーを入れての活動など、今後の赤い公園にむけて様々な考えを巡らせてきましたが、『津野米咲がいない“赤い公園”は、もはや違うものになってしまうのではないか』という想いが大きくなり、その結果、メンバー3人が赤い公園での経験を糧に、それぞれの新たな道へ進んでいくこととなりました」と解散理由を説明した。
3人のメンバーもコメントを発表。ボーカルの石野理子は「メンバーは別々の道へ進むことになりますが、赤い公園として、最後の最後まで真剣に楽しく音楽と向き合う、その姿を見守って頂ければと思います」と呼びかけた。
ベースの藤本ひかりは「米咲のいない3人の船を漕いでみたい気持ちもありながら、不安の海に飲み込まれてしまったのが正直なところです。ですが、面白いメンバーと活動してきたからか、真っ暗な深海にワクワクするような人間になってしまいました。宝物と思える日々を共に過ごしてこれたから、きっとこの先も大丈夫な気がしています」と今後を見据える。
ドラムの歌川菜穂も「米咲が遠くに行ってしまって、私たちが次に進もうとした時、それは『赤い公園』という形じゃないのではないか?と感じました。そしてやっぱり、みんなにとっての赤い公園は、そこに米咲がいる赤い公園であって欲しい。赤い公園は『赤い公園』を大切にするために、解散の決断をしました」と心境を伝えた。
赤い公園は2010年1月結成、2012年2月にメジャーデビュー。ギターで楽曲の作詞・作曲を担当していた津野米咲さんが、昨年10月に亡くなった。その後、石野、藤本、歌川の3人は、津野さんと親交の深かったBase Ball Bearの小出祐介をサポートメンバーに迎え、昨年末に開催予定だったロックフェス『COUNTDOWN JAPAN 20/21』に出演することを発表していた(新型コロナウイルスの感染拡大防止の為イベントは中止に)。

赤い公園、新メンバーに元アイドルネッサンス 石野理子が加入!

赤い公園、もとい津野米咲の音楽人生は波乱に満ちていたように思う。

そして、ラスト3曲『曙』『KILT OF MANTRA』『yumeutsutsu』は、リセットした不安の中でも仲間を信じた上で、一気にハジけるという今の4人の決意表明のようで清々しい。最近、アップテンポな女性ボーカル曲が注目されているが、楽曲の構築力において赤い公園も忘れてはならないだろう。

2021年令和3年 森七菜本名

2021年令和3年 森七菜本名

森七菜さん演じる、堀部瑠奈の画像解析が犯人の解明に大いに役立っていたんですよね!

2020年にはTBSの火曜ドラマ「この恋あたためますか(恋あた)」でヒロイン役主演をつとめて大ヒットとなった森七菜さん。

ただ前日の14日には前事務所のプロフィールや、自身の公式インスタグラムが発表もなく突然削除となったことで、一時は「引退か?」「事務所とトラブルになった??」と騒動となるなどネット上では混乱を極めましたが、それだけ森七菜さんの人気が不動のものとなっているということなのでしょう。

森七菜さん、素朴でどこにでも良そうな感じでありながらも、演じている時はハッとするような透明感のある女優さんですね。

今後の森七菜さんの活躍に注目していきたいと思います!