2021最新 岩崎恭子 金

2021最新 岩崎恭子 金

岩崎さんは「10代の若い選手たちが世界でどんどん活躍していく姿には感銘を受けてます。日本のスポーツ界にとっても競技力が上がっていく原動力になると思います。元アスリートとして嬉しい限りです」とつづった。

東京五輪のスケートボード・ストリート女子決勝が26日に行われ、日本の13歳・西矢椛(もみじ、ムラサキスポーツ)が15・26点で金メダル。西矢は1992年バルセロナ五輪・競泳女子200メートル平泳ぎ金の岩崎恭子(14歳6日)を超える日本勢の史上最年少メダル獲得となった。

東京五輪の聖火リレーは24日午後も静岡県で続き、1992年バルセロナ五輪競泳の金メダリスト岩崎恭子さん(42)が、故郷の沼津市を走った。
岩崎さんは走行後のイベントで「29年前は金メダル獲得後に市内をパレードした」と思い出を披露。聖火ランナーとして凱旋できたことを「大変うれしく思う」とし、「7月23日に国立競技場で聖火が無事ともることを願っています」と締めくくった。
5人制サッカー(視覚障害)でパラリンピック出場が見込まれる田中章仁さん(43)は「こんな競技があるということを多くの人に知ってもらいたくて」リレーに参加。笑顔で焼津市を走った。

これに対し、ファンらからは「岩崎さんの記録は未来
永劫(えいごう)
更新されることはないと思っていました」「最年少金メダリスト更新。感無量でしょう」などのコメントが寄せられた。

2021最新 岩崎恭子 金メダル

2021最新 岩崎恭子 金メダル

◆岩崎恭子(いわさき・きょうこ)1978年7月21日、静岡県沼津市出身。1992年の日本選手権で2位となり、同年のバルセロナ五輪200メートル平泳ぎで日本競泳史上最年少となる14歳で金メダルを獲得した。96年アトランタ五輪は200メートルで10位。日大に進学し、98年に現役を引退した。1992年度ホワイトベア・スポーツ賞受賞。現在はレッスンやイベントなどを通じて水泳の普及活動を行っている。

萩野選手は決勝の舞台に戻ってきただけですごいと思っています。私は2回目の五輪で決勝に残れませんでした。金メダリストとしてのプレッシャーは、私とは全然違うものがあります。今回は自国開催ですから。

© 2008-2021 PRESIDENT Inc. すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。

岩崎さんは、1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎを14歳で制した。直後に「今まで生きてきた中で一番幸せ」と語ったことも話題になった。

岩崎恭子さん 4位の瀬戸大也、6位の萩野公介に「これだけワクワクさせてくれる選手はなかなかいない」

岩崎氏は「泳ぎを見て、やはり準決勝が終わった後の涙を見ていると、すごく自分で苦しんだんだろうなと感じた。それこそメダリストとしてのどうあるべきかと言うこととかも考えていたでしょうし、弱さを見せてはいけないんじゃないかみたいなことを思っていたのでは」と指摘した上で「今までは淡々としたインタビューとかが多かったと思うが、やっぱり人間らしさ、萩野公介らしさっていうのが出たんじゃないかな」と目を細めた。

7月23日に開幕した東京オリンピックは連日、日本勢が金メダルを獲得している。

相応のプレッシャーを感じていた中での五輪でしたから、とても苦しかったことでしょう。競技をする上では順位だけではない何かも必要なのだと思いましたし、一方で順位ももちろん必要ということを感じさせてくれたのが大橋選手の金メダルだったと思います。

【競泳】萩野公介 東京五輪はメダルなしも…こみ上げた涙「金メダルよりも大切なものをみんなからもらっていた」

今後について萩野は「未来の気持ちはまだ誰にも分からない」と語るにとどめたが、新たな歴史をつくってきた。岩崎氏は「やはり金メダルを持っていますし、そこは色あせないと思うので、もちろん胸を張ってほしい」と称賛した。

2021最新 岩崎恭子 人生

2021最新 岩崎恭子 人生

若くして金メダルを獲ってしまったがために、ほかの誰にも経験することのできない苦悩や挫折も味わってきた岩崎さん。そのなかで彼女自身、どんなことを感じてきたのだろう。

「指導するときは何より私が笑顔でいること、水泳を楽しむことを心がけています。そのうえで、自分自身が一生懸命に取り組んでいる姿を見せること。プールだと知らぬ間にスイッチが入って、『プールのなかだとかなりハキハキ喋るんですね』と言われます(笑)。そうやって自分が生き生きとしていれば、きっと水泳は楽しいものだと思ってもらえるだろうし、なにか感じてもらえることもあるはずだと信じています。 テクニカルなことを言えば、水泳界でもどんどん新しい技術が生まれ、進化し、それに伴い練習方法も昔と大きく変わってきています。事実、私がメダルを獲得したときのタイムは2分26秒でしたが、現在の日本記録は2分20秒台、世界記録は2分19秒台とかなり縮まっているんですね。だから私も現役のトップ選手がどういう練習法を取り入れているのか、コーチはどんな指導法をしているのかを間近で見、肌で感じながら、そのなかで得たものを多くの人たちにフィードバックしていきたいという気持ちはありますね」

岩崎恭子は、シフォン素材の花柄のワンピースに身を包み、明るい表情で取材現場に現れた。

13歳10か月でのメダル獲得は14歳の岩崎恭子を抜いて日本最年少記録。西矢は「最新記録だと思うんですよ。それがうれしいです」と素直に喜んだ。

これに対し、ファンらからは「岩崎さんの記録は未来
永劫(えいごう)
更新されることはないと思っていました」「最年少金メダリスト更新。感無量でしょう」などのコメントが寄せられた。

だが、彼女にはどこか薄幸の印象がつきまとう。バルセロナで出した自己記録を破れず低迷する成績、アトランタ五輪での敗北、20歳での早すぎる引退、結婚と離婚などプライベートを巡る報道――。

あれから27年。岩崎恭子は彼女の人生を一変させた予想外の金メダルとどう付き合い、どんな人生を送ってきたのだろうか。「今までで一番の幸せ」はやはりあの瞬間なのだろうか――。

岩崎さんは「10代の若い選手たちが世界でどんどん活躍していく姿には感銘を受けてます。日本のスポーツ界にとっても競技力が上がっていく原動力になると思います。元アスリートとして嬉しい限りです」とつづった。

五輪にまつわる問題が多数登場する中、最終難問として出題されたのは、岩崎がバルセロナ五輪の200m平泳ぎで、金メダルを獲得したレース直後のセリフだった。競泳の松田は「今まで生きてきた中で一番幸せです」と解答し、見事正解。しかし、実際にセリフを発した岩崎自身がまさかの「違うの!」と否定。スタジオも一瞬、困惑する事態になった。

水泳に支えられてきたからこそ、水泳界への恩返しがしたい─。日々その思いで活動を続けている岩崎さんは水泳の魅力を次のように語る。

選手としてのメンタリティを学ぶために大学では心理学を専攻し、卒業後はアメリカ留学も経験。誰も自分のことを知らないという環境で心の余裕を取り戻した岩崎さんは帰国後、水泳指導者の道へ進んだ。日本水泳連盟競泳委員・水泳インストラクターなども務めている現在、どのような思いで指導にあたっているのだろうか。

決勝には20人の予選を勝ち抜いた8人が進出。日本勢は出場3人全員が残った。

© 2008-2021 PRESIDENT Inc. すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。

2021最新 岩崎恭子 事務所

2021最新 岩崎恭子 事務所

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』「SLあの花10周年Anniversary号」特別ヘッドマーク(C)APアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の放送10周年を記念し、作品舞台である埼玉県秩父市にて、2021年8月1日に「SLあの花10周年Anniversary号」が運行する。【フォトギャラリー】「SLあの花10周年Anniversary号」「超平和バスターズトレイン」写..

俳優の高杉真宙が所属事務所を退所 契約満了 “裸一貫”の思いを受け止め「今後も夢の実現に向けて応援」

岩崎恭子さん 池江璃花子の4冠に「想像以上のことをしてくれるのが池江璃花子」

堀家一希映画「東京リベンジャーズ」(2021年7月9日(金)全国公開)で、公開前から「原作を完全再現」と話題のパーちんこと林田春樹を演じる堀家一希さん。食事は1日4、5回、プロテインを飲みながら筋トレに励み、役作りのため15キロ増量したという。そんな堀家さんに、ヤンキー映画ならではの撮影の苦労や、堀家さんご自身のキャラクターについて伺いました。【撮り下ろし写真】笑顔がはじける堀家一希◆実際にお..

「山形国際ドキュメンタリー映画祭2021」ビジュアル山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)2021の記者会見が本日8月2日に山形・KUGURUで開催。オンラインでの実施とコンペティション部門のラインナップが発表された。【画像】「CityHall(原題)」(他15件)1989年から隔年で行われ、今年で17回目の開催を迎える同映画祭。現在の全国的な新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、..

岩崎氏は「彼はリオが終わってから金メダリストのプレッシャーですとか、ひじのケガ、手術があって、今回200メートルに絞った」とし、「400メートルはリオで金メダルとっている種目ではあったんですが、ずっと不調が続いていたんですよね。不調が続いたまま、この選考会を迎えていたんで、200メートルに絞って自信を持って臨めたっていうところが代表権を勝ち取ることができたのでは。メダリストというところではなくて今の自分をしっかり理解した上で泳げたってところが代表権獲得につながったと思います」と解説。
そして「実力があるからこそ、私もそうだったんですけど金メダル獲った後って世界記録を出さなきゃいけないとか勝手な周りのプレッシャーに耐えられなかったと思うんですよね。それを今の自分をちゃんと理解するっていうところから始められたというのが良かったのではと感じています」と話した。

92年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダリストで、スポーツコメンテーターの岩崎恭子さん(42)が11日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。16年リオデジャネイロ五輪で男子200メートル個人メドレー銀メダルの萩野公介(26=ブリヂストン)が男子200メートル個人メドレーで1分57秒43で2位に入り、五輪派遣記録(1分57秒98)を突破して東京五輪代表に内定したことについてコメントした。

BLACKPINKのリサ、ソロ・デビューを前にスタジオの写真をシェア 今夏ソロ・デビューすることが発表されているBLACKPINKのリサが、2021年7月25日にスタジオで撮影されたとみられる2枚のモノクロ写真を自身のインスタグラム・ストーリーズに投稿した。 1枚目には、スクリーンの前で身を寄せ合っている二人の人物の背中が写っており、2枚目には、サウンドウェーブの一部が表示された画面のアップが..

2021最新 岩崎恭子 引退

2021最新 岩崎恭子 引退

東京オリンピックでは池江璃花子選手(スポーツ科学部3年)の泳ぎもそうだが、本学水泳部女子キャプテンを務める長谷川涼香選手(同4年)に注目する。中学生のときから長谷川選手を見てきたという岩崎氏は、「メダルを狙える実力を持っている選手。ぜひ自己ベストを更新して、世界だけじゃなく、日本もあっと驚かせてほしい」と期待を寄せる。

強烈なアピールだった。2020年東京五輪で金メダルを狙う野球日本代表の4番候補にオリックス・バファローズの吉田正尚(まさたか)選手(外野手)が名…

2020年東京五輪を心待ちにしているアスリートは数多くいるが、その中でもこの人ほど熱い思いで、その時を待っている選手はいないだろう。ソフトボ…

だが、2000年のシドニーオリンピックで四つのメダルを獲得したことで日本も大きく前進。一気に世界との差を詰めていき、今では日本人選手同士で世界一を争うまでになった。

岩崎恭子氏は、14歳で出場した1992年のバルセロナオリンピック女子200m平泳ぎで金メダリストに輝いた。1996年のアトランタオリンピックにも出場し、その後引退。本学文理学部では、以前から学びたかった心理学を専攻し、卒業後はスポーツキャスターなど多方面で活躍している。

選手として、また取材する側としてもオリンピックに関わった岩崎氏は、東京オリンピックの競泳に注目していると話す。
「昔と違って、金メダルを狙える選手たちがたくさんいる、というのはとてもうれしいですよね。ほかの選手たちも、世界一を狙えるチームにいる、という誇りを持って臨んでもらいたいな、と思っています」

岩崎氏の友人に、オリンピックを見てアナウンサーになりたい、という夢を持ち、それを叶えた人もいるという。視野を広げてみると、オリンピックというものは、新たな経験や目標が見つかる可能性を秘めている。アスリートだけではなく、見る人の世界も広げてくれるもの。それがオリンピックなのだ。

今シーズン限りでの引退を表明した北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀選手に若手のホープ中島卓也選手とクリーンアップを打つ陽岱鋼選手が、試…

岩崎氏は「地元で聖火をつなげたいという気持ちがあったので、とてもうれしかった」と6月24日に地元の静岡県沼津市で聖火ランナーを務めた。

自身の経験を多くの人に伝え、同じように、悩んでいる人たちの助けになりたい。それも岩崎氏がこれから取り組んでいきたいことの一つだ。

98年に引退。現在は一児の母になっている岩崎さん。金メダルの光と影を懐かしそうに語った。

7月23日に開会式を終え、本格的に競技がスタートした東京五輪。24日には競泳が初日を迎え、各種目に多くの日本人選手が登場した。女子400メートルリレー予選では、白血病を克服して五輪の舞台に立った池江璃花子(ルネサンス)が第2泳者として出場。しかし、惜しくも全体の9位となり決勝進出を逃した。
大橋悠依(イトマン東進)が女子400メートル個人メドレー決勝に、武良竜也(ミキハウス)が男子100メートル平泳ぎ準決勝に進出を果たすなか、メダル獲得を期待されていた瀬戸大也(TEAMDAIYA)は得意の男子400メートル個人メドレーでまさかの予選敗退。幕開けから大波乱が起こった。
そんな初日を、1992年バルセロナ五輪の金メダリストで、現在は競泳の指導者・解説者として活動する岩崎恭子さんに振り返ってもらった。

1992年バルセロナ五輪200メートル平泳ぎ、競泳史上最年少14歳で金メダル獲得。名言として残るインタビューも相まって、一躍、時の人となった。引退後は児童の指導法を学ぶために米国へ留学し、水泳・着衣泳のレッスンやイベント出演を通して水泳の楽しさを伝える活動をしている。

そして、選手たちにも岩崎氏からアドバイス。

「東京開催が決まった2013年から、多くの方々がオリンピックに接することがあったと思います。なかには今まで取り上げられなかった問題も、地元開催のオリンピックだからこそ、スポーツで起こっていることを自分事として捉え、考えるきっかけになったんじゃないかと思っています。

2021最新 岩崎恭子 インスタ

2021最新 岩崎恭子 インスタ

この投稿には1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダルの岩崎恭子さんが「いいね!」を押すなど、投稿から3時間で約5万の「いいね!」が殺到。ネット上でも「脚長すぎ」「股下どないなっとんねん」「美しすぎる」「なんちゅう体」など、抜群のスタイルに驚きの声が上がっている。

モデルでタレントの森星(ひかり)が29日、自身のインスタグラムを更新し、最新ショットを公開した。

2度のコロナ感染乗り越え金メダル 一時は運動もできず…男子200m自のディーン「夢が実現した」

1992年バルセロナ五輪・競泳女子200メートル平泳ぎで金の岩崎恭子さんが26日、自身のインスタグラムを更新。同日、東京五輪のスケートボード・ストリート女子で、日本の13歳・西矢椛(もみじ、ムラサキスポーツ)が15・26点で金メダルを獲得し、自身の14歳6日の最年少記録を更新したことに祝福のメッセージをつづった。

2021最新 岩崎恭子 平泳ぎ

2021最新 岩崎恭子 平泳ぎ

表彰台に上がった3人の平均年齢は14歳191日で、五輪史上最年少となった。最も若い金メダリストは、1936年ベルリン大会の飛板飛込のマージョリー・ゲストリング(13歳267日)で、西矢より63日先んじている。レアウが優勝していれば、13歳203日で最年少記録の更新だった。

◆岩崎恭子(いわさき・きょうこ)1978年7月21日、静岡県沼津市出身。1992年の日本選手権で2位となり、同年のバルセロナ五輪200メートル平泳ぎで日本競泳史上最年少となる14歳で金メダルを獲得した。96年アトランタ五輪は200メートルで10位。日大に進学し、98年に現役を引退した。1992年度ホワイトベア・スポーツ賞受賞。現在はレッスンやイベントなどを通じて水泳の普及活動を行っている。

正解VTRが流れたが、テロップにも松田氏の回答通りに表示されており、同局の杉山真也アナウンサー(37)は「岩崎さん違いましたか?」と恐る恐る確認。岩崎氏が「『今まで生きてた中で』って言った。『生きてきた中で』って言ってない。みんな間違える」と訂正すると、スタジオは「すごい瞬間に立ち会いましたね」「歴史的」と驚愕した。

本人からの指摘を受け、杉山アナは「番組側で調べた資料では全て『生きてきた』となってましたが、ご本人から指摘があったので訂正させていただきます」とその場で問題を訂正。問題自体が誤っていたため、MCを務めるお笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(44)から「岩崎さん、そのアスリート精神ほんと素晴らしい。今の問題なかったことになります」と告げられると、岩崎氏は「それずるくないですか?」と大笑いしていた。

1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダルの岩崎恭子氏(43)が、競泳女子の大橋悠依(25=イトマン東進)にさらなる期待を寄せた。
大橋は25日の400メートル個人メドレーで金メダルを獲得すると、28日の200メートル個人メドレーでも接戦を制した。夏季五輪の日本女子選手として初めて2冠を達成し「競泳は個人で何種目も出られる競技なので、チャンスがあるのはありがたいなと思います。ただ、史上初という実感がないのでビックリしています」と神妙に語っていた。
歴史に名を刻んだ大橋の泳ぎについて、岩崎氏は「本人も話していましたが、400(メートル個人メドレー)で勝ったことですごく余裕があったと思う。あとは作戦を立てる上で、非常に平井(伯昌)先生もしっかりとアドバイスしたと思うし、作戦はすごく当たっていた」と振り返った。
競泳女子界の歴史に新たなページを刻んだ大橋。来年5月には世界選手権(福岡)を控えていることから「追いかけられる立場になったと思うが、そこでもう一度2冠を達成してもらうと、またさらに強さを見せられるんじゃないかな」とエールを送った。

西矢の13歳でのメダル獲得は、日本の最年少記録。これまでは、1992年バルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを取った、岩崎恭子の14歳が最年少だった。

2021最新 岩崎恭子 学歴

2021最新 岩崎恭子 学歴

著名人は、初日の23日にアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さん(26)が袋井市を、24日は岩崎さんが沼津市を、俳優の別所哲也さん(55)が牧之原市を走る。25日は東京パラリンピックで陸上に出場する山本篤選手(39)が最終地点となる富士宮市を担当する。

岩崎氏が出場した1992年のバルセロナオリンピック、1996年のアトランタオリンピックが開催された時代は、日本はまだまだ世界から水を開けられてしまっていた。選手たちの主な目標は『決勝進出』。世界と肩を並べ、メダル争いをするという気持ちを持つには、その差が大きすぎた。

岩崎氏の友人に、オリンピックを見てアナウンサーになりたい、という夢を持ち、それを叶えた人もいるという。視野を広げてみると、オリンピックというものは、新たな経験や目標が見つかる可能性を秘めている。アスリートだけではなく、見る人の世界も広げてくれるもの。それがオリンピックなのだ。

このほか、スポンサー枠などの207人を合わせた計282人が22市町の26区間を走る。著名人は新型コロナウイルスの感染対策で公道以外の場所を走る。今後、事前予約制などで観客を受け入れるか検討する。

第2位 日本大学(59名)平昌五輪でも活躍したスノーボードの平野歩夢選手、モーグルの原大智選手や陸上のケンブリッジ飛鳥選手など、多くのメダリストを輩出しています。懐かしいところでは水泳の岩崎恭子選手も日大出身ですが、メダルを獲得したのは日大に入る4年前となります。

選手として、また取材する側としてもオリンピックに関わった岩崎氏は、東京オリンピックの競泳に注目していると話す。
「昔と違って、金メダルを狙える選手たちがたくさんいる、というのはとてもうれしいですよね。ほかの選手たちも、世界一を狙えるチームにいる、という誇りを持って臨んでもらいたいな、と思っています」

だが、2000年のシドニーオリンピックで四つのメダルを獲得したことで日本も大きく前進。一気に世界との差を詰めていき、今では日本人選手同士で世界一を争うまでになった。

東京オリンピックでは池江璃花子選手(スポーツ科学部3年)の泳ぎもそうだが、本学水泳部女子キャプテンを務める長谷川涼香選手(同4年)に注目する。中学生のときから長谷川選手を見てきたという岩崎氏は、「メダルを狙える実力を持っている選手。ぜひ自己ベストを更新して、世界だけじゃなく、日本もあっと驚かせてほしい」と期待を寄せる。

第7位 東海大学(20名) リオ五輪で金メダルの柔道のベイカー茉秋選手、平昌五輪で銅のカーリングの吉田夕梨花選手に加え、多彩な種目での受賞者がいます。

自身の経験を多くの人に伝え、同じように、悩んでいる人たちの助けになりたい。それも岩崎氏がこれから取り組んでいきたいことの一つだ。

バルセロナ五輪競泳女子金メダリストの岩崎恭子さん(42)は「コロナが収まっていない中、複雑な思いはあります。同時に元選手としてオリンピック、スポーツのすばらしさも分かっているので、何とか聖火をつなげたい」と話す。

2度のコロナ感染乗り越え金メダル 一時は運動もできず…男子200m自のディーン「夢が実現した」

中学2年生で金メダルを獲得し、一気に世間の注目を集めた岩崎氏。良いこともあったが、辛い思いも、イヤな思いもたくさん経験した。自分の気持ちを整理する方法が見つけられずイライラすることもあった。そんな経験が岩崎氏を文理学部心理学科に向かわせた。心理学を学ぶことで自分の心と向き合い、考えを整えることができた。

ご覧のように、受験人口の減少に合わせて定員は減っていますが、全体的に志願者も減っています。2018年度から2019年度には踊り場がありますが、センター試験最終年度の2020年度入試、コロナ禍の影響を受けた2021年度入試では急角度で国立志願者が減ったことがわかります。

「東京開催が決まった2013年から、多くの方々がオリンピックに接することがあったと思います。なかには今まで取り上げられなかった問題も、地元開催のオリンピックだからこそ、スポーツで起こっていることを自分事として捉え、考えるきっかけになったんじゃないかと思っています。

2021最新 岩崎恭子 ゴーグル

2021最新 岩崎恭子 ゴーグル

西矢の13歳でのメダル獲得は、日本の最年少記録。これまでは、1992年バルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを取った、岩崎恭子の14歳が最年少だった。

ラスカルって SMITH RASCAL っていうゴーグル説。でもスノボ用みたいではある。

表彰台に上がった3人の平均年齢は14歳191日で、五輪史上最年少となった。最も若い金メダリストは、1936年ベルリン大会の飛板飛込のマージョリー・ゲストリング(13歳267日)で、西矢より63日先んじている。レアウが優勝していれば、13歳203日で最年少記録の更新だった。

スケボー金・西矢の強心臓ぶり 競技中「ラスカルの話してました」にネット「かわいい」「あらいぐま?」スケートボード女子ストリートの西矢椛(13=ムラサキスポーツ)が金メダルを獲得した。
決勝では、各45秒間を2回滑る「ラン」では、3・02点、2・91点だったが、1カ所を選び大技を繰り出す「ベストトリック」で、3回目に4・15点、4回目に4・66点を出し逆転。5回目も3・43点を出し、合計15・26点だった。
目を赤くしてインタビューに応じた西矢は「うれしいです」とかわいらしい声で喜びをかみしめた。「途中までは勝てないと思ってたけど、周りの人が励ましていけるよって言ってくれて、乗れてうれしかったです」と話した。
銅メダルを獲得した中山楓奈とは競技中、会話を交わすシーンが見られたが「ラスカルの話をしてました。スケートボードとは)全然関係ないです」と照れ笑い。他の国際大会と五輪の緊張感は「そんなに変わらなかった。いつも通り?最初はそうでもなかったけど、後半はしっかりできたと思います」と強心臓ぶりものぞかせた。
後半持ちこたえられた理由として「他の人も応援してくれてるから最後まであきらめずにやろうと(気持ちが)変わってきた」と周囲にも感謝。終始、楽しそうに乗る姿を見せ「みんながおおーって言ってくれてそれが楽しいから、笑顔でやっていた」と振り返った。日本人史上最年少、13歳の金メダリストとなり「最新記録だと思うんですよ、金メダル。だからそれがうれしい」と喜んだ。
ネット上では「ラスカルの話してたの可愛い」「めちゃくちゃかっこいいし銅メダルの子とラスカルの話してたの世界で1番可愛い」といった声のほか、「アライグマのラスカルですか?大人は知らない別のラスカルが存在するのではと気になって仕方ない…」「あらいぐまラスカルではないよな、たぶん技の話やんな…」などと世代のギャップに戸惑う声も挙がり、「ラスカル」のキーワードがトレンド入りするほど話題になった。
◇西矢 椛(にしや・もみじ)2007年(平19)8月30日生まれ、大阪府松原市出身の13歳。松原西小―松原中在学中。父と兄の影響で7歳から本格的にスケートボードを始める。19年に世界トッププロが集まるXゲーム米国大会で銀メダル獲得。21年世界選手権は2位。ムラサキスポーツ所属。1メートル55、40キロ。
スケートボードの持ち時間は45秒。選手は1人ずつ滑って得点を競う。五輪で行われる種目は、街なかにある坂や手すりに似せた障害物を設置したコースで競う「ストリート」と、複雑な窪地状のコースで競う「パーク」の2つ。ジャンプや回転などの技(トリック)に挑み、トリックの難易度や成功率、スピードの他に、全体の流れやオリジナリティーなども考慮して審査員が得点を付ける採点競技。技の順番は自由で、途中で転倒しても時間内であればそのまま競技は続けられる。

2021最新 岩崎恭子 フジテレビ

2021最新 岩崎恭子 フジテレビ

そして5日、岩崎さんは自身のブログで不倫報道を認め、離婚を発表した。「2018年11月3日をもって、齊藤祐也さんとの婚姻関係を解消させて頂くことになりました。以前より両者合意の下、別居生活をしておりましたが(中略)お互いの気持ちを確認して出した結論です。メディアを通じて人に伝えるという活動をしている人間として決して許されるべきことではなく、大きな過ちを犯してしまいました。離婚協議中であったとはいえ、一人の見識のある大人として、一児の母として、大変軽率で恥ずべき行動を取ってしまったこと(中略)ひとえに私の弱さと甘さが原因だったと思っています。」(岩崎恭子さんのブログより)こうした中、夫だった齊藤さんは週刊誌の取材に対して、岩崎さんに親しい男性がいることは知らなかったと言いつつ、別居しているため、仕方がないと話したという。一方、不倫を認めた岩崎さんは今後について、自身のブログで「お相手の男性とはお付き合いを解消させて頂きました。私自身、二度とこのような過ちがないよう自らの責任を果たしていく所存です。」とコメントした。

“絶好調節”で巨人ファンだけでなく、幅広い層に愛された元プロ野球選手。駒沢大学卒業後、東京読売巨人軍に入団。快活な性格と人柄の良さで、人気プレーヤーとして活躍。労働組合プロ野球選手会初代委員長を務める。1989年現役選手引退。2012年~15年横浜DeNAベイスターズ監督を務めた。

今後の目標は、3年後にオリンピックで女子がのったことのないワザを決める、7年後にオリンピック優勝、20才になって敵がいないくらいうまくなる、15年後に世界で知らない人がいないぐらい有名になることだという。

岩崎さんの名が世界中に轟いたのは26年前。14歳の時に、バルセロナ五輪の200メートル平泳ぎに出場し、金メダルを獲得。14歳での金メダルは、競泳史上世界最年少の記録だった。その後、20歳で現役を引退した後は、スポーツコメンテーターやタレントとしても活躍した。こうした中で、元ラグビー日本代表・齊藤祐也さんと2009年、岩崎さんが30歳の時に結婚した。当時、雑誌の取材で、夫の齊藤さんの印象を、静かな人で真面目で純粋、いつも真剣で、だからこそ人の痛みが分かる人と話している。記事の中には、ウエディングドレスを試着する様子や見つめあいながらお姫様抱っこをされている写真も収められていた。しかし、結婚から9年後に持ち上がった不倫報道。「FLASH」によると、手を繋いでいた男性は50代の妻子ある既婚者で、有名PR会社で役員を務めているという。また、手を繋いでいた写真と同時期に撮影されたと見られる岩崎さんの写真は、黒髪で髪の長さも肩にかかるほどだが、男性との写真では明るい茶色のロングヘアー。2人は出かけるときは、カツラを着用するほどの警戒ぶりだったという。現在、岩崎さんは日本水泳連盟の競泳委員も務めているほか、オリンピック教室と題して、子ども向けの講演活動も行っている。

週末の深夜にフジテレビ系列で放送されているスポーツニュース番組。メインキャスターはフジテレビアナウンサーの宮司愛海さんと中村光宏さん。日曜日レギュラーコメンテーターとして柔道五輪3連覇の野村忠宏さんが出演しています。土曜日0時35分~1時15分、日曜日は23時15分0時30分に放送中。

2004年 アテネオリンピック女子ハンマー投日本代表に選ばれ、その後も、円盤投、ハンマー投の2種目において様々な国際舞台で活躍。2012年現役を引退。現在は、複数の大学での客員教授や各種講演活動、実践的なスポーツ指導など、多方面で活躍。

亜細亜大学卒業後、JR東日本を経て、阪神タイガース(2001年ドラフト4位)入団。入団以来5年連続盗塁王などタイトルを多数受賞。2009年ケガの影響で引退。現在は野球解説などで活躍。現役時代より取り組んでいる車椅子寄贈の活動を継続。

アーティスティックスイミング選手として、ソウルオリンピックではソロ・デュエットとも銅メダルを獲得。引退後はスポーツの発展に貢献し、2016年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の理事として招致活動を積極的に行った。また、スポーツ解説、自然や動物に関するレポーターなど、幅広く活躍している。

小学3年でサッカーを始め、名古屋のサッカー少年団で活躍。同志社大学を卒業後、Jリーグ名古屋グランパスエイトに所属。J2川崎フロンターレにてキャプテンを務め、2000年にJ1昇格に貢献。現役引退後、スポーツジャーナリストとして、テレビ出演やコラム執筆など多方面で活躍している。

柔道男子60kg級でアトランタ、シドニー、アテネで柔道史上初、また全競技を通じてアジア人初となるオリンピック3連覇を達成。2013年に弘前大学大学院で医学博士号を取得。2015年に40歳で現役引退後は国内外で柔道の普及活動を行い、スポーツキャスターやコメンテーターとしても活動する。

1992年のバルセロナ五輪で金メダルに輝いた岩崎恭子(40)さんが、5日に自身の不倫を認め、離婚を発表した。6日発売の週刊誌「FLASH」が、7歳になる娘の母でもある岩崎さんの不倫を報じ、そこには、手をつなぎながら公園を歩く1組のカップルの姿が撮られていた。

スケートボード・ストリートは階段や手すりなどが配置された街中のようなコースで技を競う競技。45秒のラン2回と一発技のベストトリック5回で得点を競う。西谷選手はベストトリックの1回目、2回目と連続で転倒し後がない状態だったが、その後は空中で板を横に1回転させたあとレールに乗って滑るビッグスピンボードなどの大技を連発し見事金メダル。バルセロナ五輪平泳ぎの岩崎恭子さんが持つ日本人最年少記録14歳0カ月を塗り替える13歳10カ月での金獲得となった。女子ストリートでは西谷選手のほか、16歳の中山楓奈選手も銅メダルを獲得している。

2012年ロンドンオリンピックでは28年ぶりとなる悲願の銅メダルをもたらした知将。現役時代は、日本を代表するセッターとして長きにわたり活躍した。2016年リオデジャネイロオリンピック後に代表監督を退任し、同年12月、ヴィクトリーナ姫路(株式会社姫路ヴィクトリーナ)のゼネラルマネージャーに就任。

東京五輪の新競技、スケートボード・女子ストリート決勝が26日に行われ、13歳の西矢椛が合計15.26点を獲得して金メダルを獲得。92年バルセロナ大会、競泳女子200メートル平泳ぎの岩崎恭子さん(14歳6日)の記録を塗り替え、日本史上最年少金メダルとなった。競技後、テレビインタビューでは「最新記録だと思う。それが嬉しいです」と笑顔で語った。また16歳の中山楓奈が14.49点で銅メダルを獲得した。
【画像】ネット上でも「楽しそう」「ずっと笑顔で可愛い」と喝采! 13歳西矢が金メダルの演技後に最高の笑顔を輝かせる瞬間
決勝には西村碧莉を含めた3人の日本人選手が登場。西矢は最後の1本を残してトップに立ち、そのまま勝ちきった。中山も2位に入ったブラジルのレアウに続く得点で、表彰台に10代の日本人2人が上がった。
競技後、テレビインタビューに臨んだ西矢は「嬉しいです」と笑顔。「途中まではもう勝てないと思っていたけど、周りの人が励ましてくれた。『行けるよ』と。嬉しかったです」と振り返った。
岩崎さんの記録を塗り替える最年少金メダル。「最新記録だと思う。それが嬉しいです」と語った。競技中は失敗しても終始笑顔。「(周囲の人が)『オオ~』とか言ってくれるから、それが楽しい。やっぱ笑顔で」と語った。2007年8月30日生まれの西矢は中学2年生。19年には世界選手権準決勝進出を果たしている。

日本体育大学在学中、全日本代表選出。卒業後、松下電器産業(株)に入社、パナソニックパンサーズに所属。2004年、日本人バレーボール選手として初プロバレーボール選手に。北京オリンピックではチームを本大会へと導く。現在は。バレーボールの解説や普及活動、メディア出演等で活躍中。