2020年令和2年 お金

地道にお金を増やしていきたい人向け。仕事でコツコツ財を築きたい人をサポートしてくれます。色自体に大きな金運を呼び込む力はありませんが、着実に全ての運が伸びていく色と言われています。また自分自身が頑張れば頑張るほど、それに見合ったものがやってくる財布の色と言われています。

ピンクは幸せをもたらす、玉の輿に向いている色とも言われています。金運だけでなく、恋愛運や結婚運、仕事運などが総合的にアップする色で、プレゼントをもらうなど他者から運気を上げてもらいやすくなるカラーです。さらにピンクとゴールドの組み合わせはより運気をあげるといわれており、金具やロゴがゴールドだと、効果が倍増するのでおすすめです。ビビットなピンクは楽しく使えるお金が増えていき、淡いピンクは思いがけない贈り物や幸運なことが増えていくといわれています。また恋愛や出会いを通じて金運が高まるとされている色です。

「虎は千里往って千里還る」という諺があるように、虎は一日で千里もの道を往復できるということから、出て行ったものがすぐに戻ってくるという意味があります。そのため、この日は旅立ちに良いとされ、「お金を使っても戻ってきてくれる」ともされているのです。また、財布を新しくすると出て行ったお金が戻ってくる、などとも言われています。「寅の日」はお金を呼び寄せ、さらに使ったお金を呼び戻すお金持ちには欠かせない日と言えるでしょう。

大切なお金のことですから、主な変更点を知り、受けられる控除はしっかり受けるようにしましょう。今回は2020年(令和2年)分の年末調整の変更点を中心にお伝えします。

保険を中心に、家計、社会保障、税金、貯蓄・資産運用等、「くらしにかかわるお金」の情報をわかりやすくお届けします。

巳(み)とは、蛇のこと。日本では弁財天の使い、または弁財天の化身だとする信仰が生まれ、金運に結びつく生き物だと言われており、蛇の夢をみると縁起が良いと言われるほどです。この巳の日に、お金にまつわるお願いをすれば、蛇が使いとなって弁財天に届けてくれるそうで、金運・財運アップの日とされています。この「弁財天」という神様、正式名称は「弁才天」です。「才」は才能を意味するもので、芸術の神様として信仰する人もいます。
ちなみにこの日とよく似た日があり、それが「己巳(つちのとみ)の日」です。巳の日は12日周期で訪れるのに対し、「己巳の日」は60日に一回訪れる貴重な日。「己巳の日」は弁財天様の縁日であり、金運的には巳の日以上に吉日とされている日だそうです。お財布を変えるにはもってこいの日ですね。

春に財布を購入することは昔から縁起が良いとも言われています。春だと張るという意味合いでお金もザクザク稼げるとも言われていました。春は立春の2月4日~3月4日までの期間となります。

一粒万倍日は読んで字のごとく一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味です。そのため何事を始めるにも良い日で、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされています。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされるので注意してくださいね!

お金を出さないといけない時に渋っているとお金の流れを悪くしてしまいます。

中国風水では、お金の出入りが非常に激しい色とされています。日本では赤字になる色と言われ、NGな色としてよく知られています。ただし赤い花は仕事での人間関係が良くなるとされることから、赤い花柄財布は仕事運アップにつながると言われています。

財布の向きを揃えるのは常識ですが、これを頭から財布に入れましょう。こうすることで財布からお金が出にくい状態を作ると言われています。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第四次発行分)の引換えがスタートする。対象となるのは、新型コロナウイルス感染症対策等の状況を踏まえ、引換えを延期していた2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第四次発行分)に係る五百円バイカラー・クラッド貨幣(2種類)及び百円クラッド貨幣(7種類)。令和2年11月4日(水)に銀行などの引換取扱機関にて引換えを開始する。 引換取扱機関は、銀行(信託銀行、ゆうちょ銀行及び外国銀行在日支店を含む)、信用金庫、信用組合、労働金庫、農林中央金庫、農業協同組合、信用農業協同組合連合会、漁業協同組合、信用漁業協同組合連合会など。各引換取扱機関の引換保有枚数及び引換開始時刻については、各店舗の店頭に10月27日(火)から掲示する予定だという。ただし引換取扱機関であっても取扱いのない店舗もあるため事前の確認が必要だ。 なお、引換開始日は1人につき各種類2枚限り、計18枚以内。引換開始日及びその後の状況により更に制限される場合がある。今回引換えを行う9種の貨幣が組み込まれている「全37種類特別記念貨幣セット」の申込受付期間等の詳細については、今後、独立行政法人造幣局より10月下旬頃に公表予定だという。 財務省では、引換えの際、引換取扱機関における混雑予想日(毎月5日、10日、15日、20日、25日、月初、月末日など)を避け、混雑の少ない午前中に引き換えるよう呼びかけている。

青色は水を表していて、お金を流す色と言われています。そのため、日本風水ではこちらもNGな色と言われています。

ゴールドやシルバーといったメタリックカラーのお財布もお金を増やす効果があります。ゴールドは財を築くとともにお金の循環をよくしてくれる働きがあるので、「パーッと派手にお金を使う」タイプの人に向いています。シルバーはひっそりと知らないうちに少しずつお金が増えていく効果があるので、「使う」より「増やす」ことを重視したい人におすすめ。

黒は今の運気や財を「守る」という力が強い色。なのでお金をふやすというより、すでに一定の財力を手に入れた人が使うとお金の支出を抑える効果があると言われています。