2021最新 田中圭 さくら

さくら便りを更新しました。弁護士伊庭裕太のコラム『ダンスに思いを馳せた夜』を掲載しました。

さくら便りを更新しました。今月は弁護士渡辺和也が担当し、法定相続情報証明制度についてです。

田中圭さんはプライベートでは、友人や家族にポンコツと呼ばれているそうで、動画内では、娘から「ポンコツ」呼ばわりされているエピソードや、娘とケンカすしたエピソードなど、娘さんととても仲が良い様子がうかがえました。

さくら便りを更新しました。弁護士小林健太郎のコラム『AI(Artificial Intelligence)』を掲載しました。

さくら便りを更新しました。今月は弁護士金裕介が担当し、国際案件についてです。

さくら便りを更新しました。弁護士佐藤和樹のコラム『民法(債権関係)の改正~その審議について~』を掲載しました。

「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一の活躍を吉沢亮主演でドラマ化。幕末から明治へ、時代の渦に翻弄(ほんろう)され挫折を繰り返しながらも、高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。脚本は連続テレビ小説「あさが来た」(2015年9月〜2016年4月)などを手掛けた大森美香が担当する。

さくらさんは、2010年のドラマ「まっすぐな男」で現在の旦那である田中圭さんと共演を果たしています。

さくら便りを更新しました。今月は弁護士 松村昌人が担当しています。

玉木宏が主演を務め、ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(2019年、日本テレビ系)を手掛けた武藤将吾が脚本を担当するオリジナルストーリー。警視庁を舞台に、警視総監というたった一つのポストを巡る壮絶な権力争い、組織内部の思惑に満ちた人間ドラマを描く警察エンタテインメントドラマ。

大石静脚本で、主人公が恋するヒロインと見知らぬおじさんの中身が入れ替わる前代未聞のラブコメディー。壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地(松坂桃李)は、好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会い、いい感じになり始めた矢先、彼女が事故で亡くなる。涙にくれる桃地の前におじさん・田中マサオ(井浦新)が現れる。

さくら便りを更新しました。今月は髙野裕之弁護士が担当しています。

結婚できない男に出てるさくらって人いま話題の田中圭の嫁よな?

西村國彦弁護士が取材を受けた記事が Attorney’sMAGAZINE 2015.05.01 vol.45 弁護士の肖像に掲載されました。誌面詳細はこちらをご覧下さい。

原作は、2018年から連載中の三田紀房の同名漫画。阿部寛主演で2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」の続編。前作から15年後の龍山高校を舞台に、弁護士・桜木建二(阿部)が去った後、下降の一途をたどっていた同校の窮地を、再び桜木が救う姿を描く。同作は、受験制度改革に合わせて続編制作が決定したという。